内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 3:1‐22

3  さてモーセは,ミディアン祭司あるエテロ+群れ牧者なった。彼その娘婿あっ*+。荒野西側群れ追っいるうち,彼ついに[まことの]+,ホレブ+た。  その時,エホバ*み使いが,いばら茂み中,火うちあっ現われ+。彼いると,そこは,いばら茂み燃えいるに,そのいばら茂み燃え尽きしまわないあった。  そこでモーセ言った,「少し立ち寄って,なぜいばら茂み燃えしまわないか,この大いなる現象調べよう+」。  エホバ*は,彼調べよう立ち寄っご覧なり,すぐそのいばら茂みから呼びかけて,「モーセ,モーセよ」と言わた。それ言った,「はい,私ここおります+」。  すると,こう言わた。「ここ近づいいけない。あなたからサンダル脱ぎなさい。あなた立っいる場所なるからある+」。  そしてさらにこう言わた。「わたしあなた*,アブラハム,イサク,ヤコブある+」。そのモーセ自分覆い隠した。[まことの]*見ること恐れためある。  するとエホバなおもこう言わた。「わたしは,エジプトいるわたし苦悩確かた。彼ら駆り立て働かせるたちゆえその叫び聞いた。わたし彼ら忍ぶ苦痛よく知っいるある+  それわたし下っ行っ彼らエジプトから救い出し+,彼らそのから携え出して,良い広やか地,乳流れる上ろいる+。すなわち,カナン人,ヒッタイト人,アモリ人,ペリジ人,ヒビ人,エブスいる+  そこで今,見よ,イスラエル叫びわたしもと達した。わたしエジプト彼ら圧迫いるその圧迫+ 10  それ今,さあ,わたしあなたファラオもと遣わそう。あなたは,わたしあるイスラエルエジプトから導き出すある+」。 11  しかしモーセは[まことの]言った,「一体この何者いうファラオもと行ったり,イスラエルエジプトから導き出したりすることなるでしょ+」。 12  するとこ言わた。「わたしあなたいるからある+。そして,わたしあなた遣わしいう,あなたためしるしこれある+。すなわち,あなたエジプトから導き出し後,あなた方この+[まことの]仕えるあろ*」。 13  それでもモーセは[まことの]言った,「わたしイスラエルもと行って,『あなた方父祖わたしあなた方もと遣わした』と言うも,『その+いうか』と彼ら言うすれば,わたしこれ言えよいでしょか」。 14  するとモーセ言わた,「わたし自分なるところものなる*+」。そしてさらに言わた,「あなたイスラエルこう言うように。『わたしなるいうわたしあなた方もと遣わさ+』」。 15  そののちもう一度モーセ言わた, 「あなたイスラエルこう言うように。『あなた方父祖,アブラハム+,イサク+,ヤコブ+エホバわたしあなた方もと遣わさた』。これ定めない至るわたし*+,代々わたるわたし記念*+ある。 16  あなた行って,イスラエル年長たち*ぜひ集め,その人々必ずこう言いなさい。『あなた方父祖,アブラハム,イサク,ヤコブエホバわたし現われ+,言わました,「わたしあなた方と,エジプトあなた方なさいる事柄必ず注意向ける+ 17  そしてわたし言う,わたしあなた方エジプトよる苦悩+から携え出して,カナン人,ヒッタイト人,アモリ+,ペリジ人,ヒビ人,エブス+地,乳流れる+上る」』。 18  「そうすれ彼ら必ずあなた聴き従うあろ+。それあなたは,すなわちあなたイスラエル年長たちは,エジプトもと行き,彼必ずこう言わなけれならない。『ヘブライエホバ+わたしたち接触持たまし+。それ今,お願い致します,わたしたち荒野て,わたしたちエホバ犠牲ささげたいです+』。 19  だが,強いもっするなけれエジプトあなた方行く許し与えないことを,わたしよく知っいる+ 20  それわたし自分伸べ+,そのただ中行なうあらゆる不思議もっエジプト打たならない。そのあなた方送り出すあろ+ 21  そしてわたしこのエジプト好意得るようする。あなた方行く時,むなし手出るようことない+ 22  それで,女それぞれ自分隣り人から,また自分外国住んいるから,銀品,金品,またマント求め,あなた方それ自分息子着けさせることなる。あなた方エジプトからはぎ取るある+」。

脚注

または,「祭司ある,自分しゅうとエテロ群れ牧者なった」。
ヘ語,エホーワー。付録1イ参照。
「神」,サマ五; すなわち,エホバ代わっみ使い。2参照。
「父」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; サマ五,「父たち」。
付録1ヘ参照。
「あなた方は……仕える崇拝する)であろう」。ヘ語,タアヴドゥーン; ギ語,ラトレウセテ,「あなた方神聖奉仕行なうあろう」。KB,671ページ参照,そこは「神崇拝する」という挙げられいる。また,マタ 4:10,「ならない」の脚注参照。
「わたし自分なるところものなる」。ヘ語,אֶהְיֶֽה אֲשֶֽׁר אֶהְיֶֽה(エフエ アシェル エフエ),ご自分対するご自身呼称; リーサー訳,「わたし自分なるものなる」; ロザハム訳,「わたしあれ自分望むものなる」。ギ語,エゴー エイミ ホ オーン,「わたし存在ある」,または,「わたし存在いるある」; ラ語,エゴ スム クウィー スム,「わたし自分あるとおりある」。エフエは,「なる; ……であること示す」を意味するヘブライ動詞ハーヤー由来する。ここで,エフエ完了人称単数で,「わたしなる」,または,「わたしは……であること示す」という意味持っいる。これ自存言及いるなく,神他者対しどのようなること意図おられる言及いる。創 2:4,「エホバ」の脚注比較。そこは,類縁ヘブライ動詞ハーワーみ名現われいる。
定めない至るわたし」。ヘ語,シェミー レオーラーム
「わたし記念」。ヘ語,ジクリー; ラ語,メモリアーレ メウム。
または,「長老たち」。