内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

出エジプト記 29:1‐46

29  「また,これ​は,彼ら​を​神聖​な​もの​と​し​て​わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なわ​せる​ため​に,あなた​が​彼ら​に​行なう​べき​事​で​ある。すなわち,一​頭​の​若い​雄牛​と​二​頭​の​雄羊+,きず​の​ない​もの​+を​取り​なさい。  また,無​酵母​の​パン​と,油​で​湿らせ​た​輪型​の​無​酵母​パン​と,油​を​塗っ​た​無​酵母​の​薄焼き​を[取り​なさい+]。上等​の​小麦​粉​で​それら​を​作る。  そして,それら​を​かご​に​載せ,かご​に​入れ​て​これ​を​供える​よう​に+。また,雄牛​と​二​頭​の​雄羊​も[ささげる]。  「また,あなた​は​アロン​と​その​子​ら​を​会見​の​天幕​の​入口​+に​立た​せる。そして,彼ら​の​身​を​水​で​洗わ​ね​ば​なら​ない+  次い​で​衣[の​一式+]を​取り,長い​衣​と​エフォド​の​そでなし​の​上着,エフォド​と​胸掛け​を​アロン​に​着け​させ,エフォド​の​腰帯​で​それ​を​彼​の​身​に​しっかり​結び付ける​よう​に+  また,その​頭​に​ターバン​を​巻き,献納​の​聖​なる​しるし​*を​その​ターバン​の​上​に​付ける​よう​に+  そして,そそぎ油+を​取り,それ​を​その​頭​に​注い​で​彼​に​油そそぎ​を​行なわ​ね​ば​なら​ない+  「次い​で​あなた​は​彼​の​子​ら​を​近く​に​来させ,これ​に​その​長い​衣​を​まとわ​せ​ね​ば​なら​ない+  また,彼ら​に​飾り帯​を​締め​させる​よう​に。アロン​に​も​その​子​ら​に​も​で​ある。また,頭包み​を​彼ら​に​巻き付ける​よう​に。定め​の​ない​時​に​至る​法令​と​し​て,祭司​職​は​彼ら​の​もの​と​なる​の​で​ある*+。それ​で​あなた​は​アロン​の​手,また​その​子​ら​の​手​に​力​を​満たさ​ね​ば​なら​ない+ 10  「今​あなた​は​雄牛​を​会見​の​天幕​の​前​に​立た​せる​よう​に。アロン​と​その​子​ら​は​手​を​その​雄牛​の​頭​の​上​に​置か​ね​ば​なら​ない+ 11  次い​で​その​雄牛​を​エホバ​の​前,会見​の​天幕​の​入口​で​ほふる​よう​に+ 12  そして,雄牛​の​血​+の​幾らか​を​取り,それ​を​指​で​祭壇​の​角​+に​付ける​よう​に。血​の​残り​は​みな​祭壇​の​基部​に​注ぎ出す+ 13  また,腸+を​覆う​すべて​の​脂肪+,および​肝臓​の​付属​物+,二つ​の​腎臓​と​それ​に​付い​た​脂肪​を​取り,それ​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​する​よう​に+ 14  しかし,雄牛​の​肉​および​その​皮​と​糞​と​は​宿営​の​外​で​火​で​焼く+。これ​は​罪​の​捧げ物​で​ある。 15  「それ​から​あなた​は​一方​の​雄羊​を​取る+。アロン​と​その​子​ら​は​手​を​その​雄羊​の​頭​の​上​に​置か​ね​ば​なら​ない+ 16  次い​で​その​雄羊​を​ほふり,その​血​を​取っ​て,祭壇​の​上​の​周囲​に​振り掛ける​よう​に+ 17  また​その​雄羊​を​各​部分​に​切り分ける。その​腸​と​すね​を​洗い+,各​部分​を​向き合わ​せ​に​並べ​て​いっ​て​頭​に​まで​至る​よう​に。 18  そして,その​雄羊​全体​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない。これ​は​エホバ​へ​の​焼燔​の​捧げ物+,安らぎ​の​香り​+で​ある。これ​は​エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​*で​ある。 19  「次​に​あなた​は​もう​一方​の​雄羊​を​取る​よう​に。アロン​と​その​子​ら​は​手​を​その​雄羊​の​頭​の​上​に​置か​ね​ば​なら​ない+ 20  次い​で​その​雄羊​を​ほふり,その​血​を​幾らか​取っ​て,アロン​の​右​の​耳たぶ​と​その​子​ら​の​右​の​耳たぶ,また​彼ら​の​右手​の​親指​と​右足​の​親指​に​付け+,また​その​血​を​祭壇​の​上​の​周囲​に​振り掛ける​よう​に。 21  また,祭壇​上​の​血​と​そそぎ油​+の​幾らか​を​取り,それ​を​アロン​と​その​衣,また​彼​と​共​なる​その​子​ら​と​その​子​ら​の​衣​と​に​はね掛ける​よう​に。こう​し​て​彼​と​その​衣,また​それ​と​共​に​いる​その​子​ら​と​その​子​ら​の​衣​と​は​真に​聖​なる​もの​と​なる+ 22  「また,あなた​は​その​雄羊​から,脂肪​と​脂尾​+と​腸​を​覆う​脂肪,肝臓​の​付属​物,二つ​の​腎臓​と​それ​に​付い​た​脂肪,そして​右脚​+を​取る​よう​に。これ​は​任職​*の​雄羊​+だ​から​で​ある。 23  また,丸い​パン​と​油​を​入れ​た​輪型​の​パン​菓子​と​薄焼き​を,エホバ​の​前​に​ある​無​酵母​パン​の​かご​から[取る​よう​に+]。 24  そして,この​すべて​を​アロン​の​手のひら​と​その​子​ら​の​手のひら​に​載せ+,それ​を​振揺​の​捧げ物​と​し​て​エホバ​の​前​に​揺り動かす​よう​に+ 25  次い​で​それ​を​彼ら​の​手​から​取り,祭壇​の​上,焼燔​の​捧げ物​の​上​に​載せ,エホバ​の​前​で​の​安らぎ​の​香り​と​し​て​焼い​て​煙​に​する​よう​に+。これ​は​エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​で​ある+ 26  「また,あなた​は​アロン​の​ため​の​もの​で​ある​任職​の​雄羊​の​胸​を​取り+,それ​を​振揺​の​捧げ物​と​し​て​エホバ​の​前​に​揺り動かす​よう​に。それ​は​あなた​の​受け分​と​なる​の​で​ある。 27  こう​し​て​あなた​は​振揺​の​捧げ物​の​胸​+と​神聖​な​分​*と​し​て​の​その​脚​を​神聖​な​もの​と​し​て​取り分け​なけれ​ば​なら​ない。それ​は​揺り動かさ​れ​た​もの​で​あり,また​任職​の​雄羊​+から,すなわち​アロン​の​ため​の​もの,また​その​子​ら​の​ため​の​もの​から​寄進​さ​れ​た​分​で​ある。 28  そして​これ​は,イスラエル​の​子​ら​の​守る​べき,定め​の​ない​時​に​至る​規定​に​よっ​て,アロン​および​その​子​ら​の​もの​と​なる​の​で​ある。それ​は​神聖​な​分​+だ​から​で​ある。それ​は​イスラエル​の​子​ら​の​納める​べき​神聖​な​分​と​なる。彼ら​の​共与​の​犠牲​+の​中​から​の*,エホバ​の​ため​の​彼ら​の​神聖​な​分​な​の​で​ある。 29  「また,アロン​の​もの​で​ある​その​聖​なる​衣​+は​彼​の​後​の​子​ら​の​ため​の​もの​と​なり+,彼ら​に​それ​を​着せ​て​油​を​そそぎ+,それ​を​着せ​て​その​手​に​力​を​満たす+ 30  その​子​ら​の​うち​彼​の​跡​を​継ぎ,会見​の​天幕​に​入っ​て​聖​なる​場所​で​奉仕​する​祭司​は,七​日​の​間​+それ​を​身​に​着ける。 31  「また,あなた​は​任職​の​雄羊​を​取る。次い​で​その​肉​を​聖​なる​場所​で​煮​なけれ​ば​なら​ない+ 32  そして,アロン​と​その​子​ら​は​その​雄羊​の​肉​と​かご​に​ある​パン​を​会見​の​天幕​の​入口​で​食べる​+よう​に。 33  こう​し​て​彼ら​は,贖罪​*を​行なっ​て​その​手​に​力​を​満たし,彼ら​を​神聖​な​もの​と​する​ため​に​用い​られ​た​物​を​食べる​の​で​ある+。しかし,よそ人​*は​それ​を​食べ​て​は​いけ​ない。それ​は​聖​なる​もの​だ​から​で​ある+ 34  そして,もし​任職​の​犠牲​の​肉​および​パン​の​幾らか​が​朝​まで​残る​こと​が​あれ​ば,その​残っ​て​いる​もの​は​火​で​焼か​ね​ば​なら​ない+。それ​を​食べ​て​は​なら​ない。それ​は​聖​なる​もの​だ​から​で​ある。 35  「そして,あなた​は​すべて​わたし​が​命じ​た​ところ​に​したがって​アロン​と​その​子​ら​に​その​とおり​に​行なわ​ね​ば​なら​ない+。あなた​は​彼ら​の​手​に​力​を​満たす​ため​に​七​日​を​かける+ 36  そして,罪​の​捧げ物​の​雄牛​を​贖罪​の​ため​日​ごと​に​ささげる+。祭壇​の​上​で​贖罪​を​行なう​こと​に​よっ​て​それ​を​罪​から​浄め,また​油​を​そそい​で​+それ​を​神聖​な​もの​と​する​の​で​ある。 37  祭壇​の​上​で​贖罪​を​行なう​ため​に​七​日​を​かける。あなた​は​それ​を​神聖​な​もの​と​し​て+,それ​が​極めて​聖​なる​祭壇​と​なる​よう​に​し​なけれ​ば​なら​ない+。祭壇​に​触れる​者​は​みな​聖​なる​者​*で​ある​べき​で​ある+ 38  「また,これ​は​あなた​が​その​祭壇​の​上​に​ささげる​もの​で​ある。すなわち,それぞれ​一​歳​の​若い​雄羊​を,絶え​ず​一日​二​頭​ずつ+ 39  そして,一方​の​若い​雄羊​*を​朝​に​ささげ+,もう​一​頭​の​若い​雄羊​を​二つ​の​夕方​の​間​に​*ささげる+ 40  また,つぶし​て​採っ​た​オリーブ​油​四​分​の​一​ヒン​*で​湿らせ​た​上等​の​麦粉​十分​の​一​エファ*+,それ​に​飲み物​の​捧げ物​+と​し​て​四​分​の​一​ヒン​の​ぶどう​酒​が,初め​の​若い​雄羊​の​ため​に​添え​られる。 41  次い​で,第​二​の​若い​雄羊​を​二つ​の​夕方​の​間​に​ささげる。朝​と​同様​の​穀物​の​捧げ物+,また​同様​の​飲み物​の​捧げ物​を​添え​て​それ​を​安らぎ​の​香り​と​し​て​ささげ,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​する。 42  これ​は,エホバ​の​前,会見​の​天幕​の​入口​で,あなた方​が​代々[ささげる]常供​の​+焼燔​の​捧げ物​で​ある。その​所​で​わたし​は​あなた方​に​臨み,そこで​あなた​に​話す​で​あろ​う+ 43  「それ​で​わたし​は​そこ​に​おい​て​イスラエル​の​子​ら​に​臨み,そこ​*は​わたし​の​栄光​に​よっ​て​まさに​神聖​に​される​で​あろ​う*+ 44  また​わたし​は​会見​の​天幕​と​祭壇​と​を​神聖​に​する。さらに,アロン​と​その​子​ら​を​神聖​な​もの​と​し+,わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なわ​せる。 45  そして​わたし​は​イスラエル​の​子​ら​の​中​に​幕屋​を​張り,わたし​は​彼ら​の​​と​なる+ 46  そして​彼ら​は,わたし​が​彼ら​の​​エホバ,その​中​に​幕屋​を​張る​ため​彼ら​を​エジプト​の​地​から​携え出し​た​者​で​ある​こと​を​必ず​知る​で​あろ​う+。わたし​は​彼ら​の​​エホバ​で​ある+

脚注

「献納​の​聖​なる​しるし」。または,「聖​なる​冠; 神聖​さ​の​冠」。39:30,「しるし」の​脚注​参照。
「彼ら​は​わたし​に​対し​て​祭司​の​職​を​永久​に​持つ​で​あろ​う」,七十訳。ヘブ 7:28と​比較。
「火​に​よる​捧げ物」。「火」を​意味​する​エーシュ(ʼesh)から​派生​し​た​語​と​見​た​普通​の​訳し方。ʼnsh​から​派生​し​た​語(KB,70​ページ)と​見​て,「神​と​の​友好​関係​を​築く​ため​の​手段」と​いう​意味​に​取る​人​も​いる。
「任職」。字義,「満たす​こと」,すなわち,手​に​力​を​満たす​こと,権能​を​付与​する​こと。
「神聖​な​分」。または,「揚挙​の​捧げ物; 寄進​物」。
または,「彼ら​の​平和​の​捧げ物​の​犠牲​の​中​から​の」。
字義,「覆い」。
または,「アロン​人​で​は​ない​人」,すなわち,アロン​の​家族​で​は​ない​人。
または,「触れる​物​は​すべて​聖​なる​もの」。
「若い​雄羊」。または,「雄​の​子羊」。
12:6の​脚注​参照。
1​ヒン​は​3.67​㍑​に​相当​し​た。
「十分​の​一​エファ」,七十訳,ウル訳​の民 15:4に​よる。字義,「十分​の​一」。付録8イ参照。
「そこ(それ)」,マソ本; ウル訳,「その​祭壇」。
「そこ​は……まさに​神聖​に​される神聖​な​もの​と​みなさ​れる; 聖​なる​もの​と​し​て​扱わ​れる)で​あろ​う」。ヘ語,ウェニクダシュ; ラ語,サンクティフィカービトゥル; ギ語,ハギアステーソマイ,「わたし​は​神聖​に​される」。マタ 6:9の​脚注​参照。