内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

出エジプト記 28:1‐43

28  「また​あなた​は,あなた​の​兄弟​アロン​を,そして​その​子​ら​を​も​共​に​イスラエル​の​子​ら​の​中​から​あなた​の​近く​に​来さ​せ​て,彼​が​わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なう​よう​に​し​なさい+。アロン+,アロン​の​子​ら​の​ナダブ​と​アビフ+,エレアザル​と​イタマル​+で​ある。  そして,あなた​の​兄弟​アロン​の​ため,栄光​と​美​の​ため​に,あなた​は​聖​なる​衣​を​作ら​ね​ば​なら​ない+  それ​で​あなた​は,わたし​が​知恵​の​霊​+を​満たし​た​賢い​心​の​者​すべて​に​話し,その​者​たち​が,アロン​を​神聖​な​もの​と​する​ため​の​その​衣​を​作る​よう​に。彼​が​わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なう​ため​で​ある+  「そして,これら​は​彼ら​が​作る​衣​で​ある。すなわち,胸掛け+,そして​エフォド​+と​そでなし​の​上着​+と​格子じま​の​長い​衣,ターバン​+と​飾り帯*+。彼ら​は​あなた​の​兄弟​アロン​と​その​子​ら​の​ため​に​この​聖​なる​衣​を​作ら​ね​ば​なら​ない。彼​が​わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なう​ため​で​ある。  それ​で​彼ら​は,金,青糸,赤紫​に​染め​た​羊毛,えんじむし​緋色​の​物,上等​の​亜麻​を​取る。  「そして​彼ら​は​エフォド​を,金,青糸​と​赤紫​に​染め​た​羊毛,えんじむし​緋色​の​物​と​上等​の​より​亜麻​で​作ら​ね​ば​なら​ない。刺しゅう​師​の​仕事​で​ある+  そして,それ​に​は​二つ​の​肩ひも​が​付い​て,その​二つ​の​先端​で​合わさる。それ​は​合わさる​の​で​ある+  また​腰+,すなわち[エフォド]の​上​に​あっ​て​それ​を​しっかり​結ぶ​もの​も,それ​の​作り方​に​倣い,同じ​素材,つまり​金,青糸,赤紫​に​染め​た​羊毛,えんじむし​緋色​の​物,上等​の​より​亜麻​で​つくら​れる​べき​で​ある。  「また,あなた​は​しまめのう​*+つ​を​取っ​て,それ​に​イスラエル​の​子​ら​の​名​+を​彫り込む​よう​に+ 10  その​名​の​うち​六つ​を​一方​の​石​に,残る​六​人​の​名​を​他方​の​石​に,その​出生​の​順​に[彫る+]。 11  石​の​職人​の​作業​に​より,印章​の​彫り込み​を​もっ​て,その​二つ​の​石​に​イスラエル​の​子​ら​の​名​を​彫り込む+。金​の​はめ込み台​に​はめ込ん​で​それ​を​作る+ 12  そして,その​二つ​の​石​を,イスラエル​の​子​ら​の​ため​の​記念​の​石​と​し​て,エフォド​の​肩ひも​に​付ける​よう​に+。こう​し​て​アロン​は​彼ら​の​名​を​記念​と​し​て​その​二つ​の​肩ひも​に​付け,エホバ​の​前​に​担っ​て​行く​の​で​ある。 13  それで,金​の​はめ込み台​と, 14  純金​の​鎖​二​本​を​造る​よう​に+。それ​を​縄​の​作り方​で​細綱​の​よう​に​造る。その​縄​の​よう​な​鎖​を​はめ込み台​に​取り付ける​よう​に+ 15  「また,あなた​は​裁き​の​胸掛け​+を​刺しゅう​師​の​技法​で​作ら​ね​ば​なら​ない。エフォド​と​同様​の​作り方​で​それ​を​作る。金,青糸,赤紫​に​染め​た​羊毛,えんじむし​緋色​の​物,上等​の​より​亜麻​で​それ​を​作る+ 16  それ​は​二つ​に​たため​ば​真​四角​に​なる​べき​で,その​長さ​は​一​手尺*,その​幅​も​一​手尺​と​する+ 17  そして,それ​に​石​の​詰め物​を​詰め​て,石​を​四​列​に​する​よう​に+。ルビー+,トパーズ+,エメラルド​+の​列​が​第​一​列。 18  そして​第​二​列​は,トルコ玉+,サファイア+,碧玉+ 19  また​第​三​列​は,レシェム​石*,めのう*+,紫​水晶+ 20  そして​第​四​列​は,貴かんらん石​*+と,しまめのう+,ひすい​で​ある。金​の​受け具​が​その​詰め物​の​中​に​入る+ 21  そして,これら​の​石​は​イスラエル​の​子​ら​の​名​に​応じ,その​十二​個​が​彼ら​の​名​に​対応​する+。それら​に​印章​の​彫り込み​が​施さ​れ,十二​の​部族​の​ため​に​それぞれ​が​その​名​に​対応​する+ 22  「また,あなた​は​その​胸掛け​の​上​に,より合わせ​た​鎖​を​縄​の​作り方​に​よっ​て​純金​で​造ら​ね​ば​なら​ない+ 23  また,胸掛け​の​上​に​金​の​輪​二つ​を​造り+,その​二つ​の​輪​を​胸掛け​の​二つ​の​突端​に​付ける​よう​に。 24  そして,二​本​の​金​の​縄​を​胸掛け​の​突端​に​ある​二つ​の​輪​に​通す​よう​に+ 25  そして​二​本​の​縄​の​二つ​の​端​を​二つ​の​はめ込み台​に​通す。それら​を​エフォド​の​肩ひも​の​上,その​前面​に​付ける​よう​に+ 26  また,金​の​輪​二つ​を​造り,それ​を​胸掛け​の​二つ​の​突端,内側​の​エフォド​の​ほう​の​側​の​へり​に​はめる​よう​に+ 27  さらに,金​の​輪​二つ​を​造り,下​の​ほう​から​エフォド​の​二つ​の​肩ひも​に,その​前面,合わせ​目​の​近く,エフォド​の​腰帯​より​上​の​ところ​に​それ​を​付ける​よう​に+ 28  そして,胸掛け​を​それ​の​輪​に​よっ​て​エフォド​の​輪​に​青ひも​で​縛り,それ​が​エフォド​の​腰帯​より​上​に​とどまっ​て,胸掛け​が​エフォド​の​上​から​ずれ​ない​よう​に​する+ 29  「こう​し​て​アロン​は,​の​中​に​入る​時,イスラエル​の​子​ら​の​名​を​その​心臓​の​上​に​当て​た​裁き​の​胸掛け​に​載せ,記念​と​し​て​絶え​ず​エホバ​の​前​に​担っ​て​行く​の​で​ある。 30  そして​あなた​は,ウリム​+と​トンミム​*を​裁き​の​胸掛け​の​中​に​入れ,アロン​が​エホバ​の​前​に​入る​時​それら​が​彼​の​心臓​の​上​に​ある​よう​に​し​なけれ​ば​なら​ない。アロン​は​イスラエル​の​子​ら​に​対する​裁き​*+を​エホバ​の​前​に​あっ​て​絶え​ず​その​心臓​の​上​に​担う​の​で​ある。 31  「また,あなた​は​エフォド​の​そでなし​の​上着​を​すべて​青糸​だけ​で​作ら​ね​ば​なら​ない+ 32  そして,その​上端​の​真ん中​に​開き口​を​*設ける​よう​に。その​開き口​に​は​周囲​に​縁飾り​が​付く。これ​は​機織り​人​の​製作​で​ある。それ​は​小札​かたびら​の​開き口​の​よう​に​なる​べき​で,それ​が​裂ける​こと​の​ない​よう​に​する+ 33  また,その​すそべり​に​青糸​と​赤紫​に​染め​た​羊毛​と​えんじむし​緋色​の​物​で​ざくろ​を​作っ​て,その​すそべり​に​ぐるり​と​付け,それら​の​間​に​金​の​鈴​+を​ぐるり​と​付ける​よう​に。 34  金​の​鈴​と​ざくろ,金​の​鈴​と​ざくろ​が​そでなし​の​上着​の​すそべり​*に​ぐるり​と​付く+ 35  こう​し​て,アロン​が​奉仕​を​する​ため​に,それ​が​彼​の​身​に​着け​られ​て​い​なけれ​ば​なら​ない。聖​なる​所​*に​入っ​て​エホバ​の​前​に​行く​時,また​出​て​来る​際​に,彼​から​出る​音​が​聞こえる​よう​に​する​の​で​ある。彼​が​死ぬ​こと​の​ない​ため​で​ある+ 36  「また,あなた​は​輝く​純金​の​平板​を​造り,その​上​に,印章​の​彫り込み​を​もっ​て,『神聖​さ​は​エホバ​の​もの』と​彫り込ま​ね​ば​なら​ない+ 37  そして,それ​を​青ひも​で​くくり付け​て,それ​が​ターバン​の​上​に​来る​よう​に​する+。ターバン​の​前面​に​それ​は​来る​べき​で​ある。 38  こう​し​て​それ​は​アロン​の​額​の​上​に​来る。そして​アロン​は,聖​なる​事物,イスラエル​の​子​ら​が​神聖​に​する​物,すなわち​その​すべて​の​聖​なる​供え物​に​対し​て​犯さ​れ​た​とが​に​対する​責め​を​負う​の​で​ある+。彼ら​の​ため​に​エホバ​の​前​で​是認​を​得る​ため+,それ​は​常​に​その​額​の​上​に​とどまら​ね​ば​なら​ない。 39  「また,あなた​は​上等​の​亜麻​で​長い​衣​を​格子じま​に​織り,また​上等​の​亜麻​で​ターバン​を​作ら​ね​ば​なら​ない+。さらに,飾り帯​を​作る+。織物​師​の​仕事​で​ある。 40  「また,あなた​は​アロン​の​子​ら​の​ため​に​も​長い​衣​を​作る+。彼ら​の​ため​に​飾り帯​も​作る​よう​に。また,彼ら​の​ため,栄光​と​美​の​ため​に+,頭包み​を​作る+ 41  そして​これら​を,あなた​の​兄弟​アロン​および​それ​と​共​なる​その​子​ら​に​着せ,彼ら​に​油​を​そそぎ+,その​手​に​力​を​満たし​*+,彼ら​を​神聖​な​もの​と​する​よう​に。こう​し​て​彼ら​は​わたし​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なう​の​で​ある。 42  また,彼ら​の​ため,その​裸​の​肉​を​覆う​ため​に,亜麻​の​股引き​を​作る​よう​に+。それ​は​腰​から​股​に​まで​達する。 43  そして,聖​なる​場所​で​奉仕​する​ため​アロン​と​その​子​ら​が​会見​の​幕屋​に​入る​時,また​祭壇​に​近づく​際​に​は,それ​を​身​に​着け​て​いる​よう​に。彼ら​が​とが​を​来たら​せ​て​死ぬ​こと​の​ない​ため​で​ある。これ​は,彼​と​その​後​の​子孫​と​に​対する​定め​の​ない​時​に​至る​法令​で​ある+

脚注

「飾り帯」。または,「帯; 腰帯」。
または,「紅玉髄」。
約​22.2​㌢。
「レシェム​石」。ヘ語,レシェム。宝石​の​一​種​だ​が,どの​よう​な​もの​か​確かめ​られ​て​い​ない; 七十訳,ウル訳,「リギュール」。
「めのう」,七十訳,ウル訳; ヘ語,シェヴォー。宝石​の​一​種。
「貴かんらん石」,七十訳,ウル訳; ヘ語,タルシーシュ。
ウリム​と​トンミム」。ヘ語,ハーウーリーム ウェエト​・​ハットゥンミーム; 七十訳,「解明(顕示)と​真理」; シリ訳,「光​と​完全」; ウル訳,「教理​と​真理」。しかし,七十訳,シリ訳,ウル訳​の​訳し方​は​この​ヘブライ​語​表現​の​意味​に​対する​推測​と​みなさ​れる。ウリム​と​トンミム​は​神聖​な​宣言​を​伝える​ため​に​用い​られ​た。
「裁き」(複),七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「裁き」(単)。
または,「そして,その​真ん中​に​彼​の​頭​の​ため​の​開き口​を」。
「すそべり」。または,「すそ」。
または,「聖所」。ヘ語,ハッコーデシュ
「その​手​に​力​を​満たし」。または,「彼ら​に​権能​を​付与​し」。字義,「彼ら​の​手​を​満たし」。