内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 2:1‐25

2  そうころレビある行っレビめとっ+  そしてその妊娠し,男産んだ。そのいかにも麗しいて,彼女太陰月あいだ+これ隠しおい+  もはや隠しきれなくなっ+,彼女そのためパピルスひつ*取り,それ歴青ピッチ塗り+,子供その入れナイル岸辺+置いた。  さらに,そのそのどうなるよう少し離れ置い+  しばらく後,ファラオナイル水浴びするため下りて,その侍女たちナイルほとり歩いた。そして彼女茂みあるそのひつ見つけた。すぐ彼女自分奴隷やっそれ取っ来さ+  それ開け彼女子供あった。しかも,男泣いいるあった。それ彼女は,「これヘブライ子供です」と言いながらも,その対し同情覚え+  その時,そのファラオ言った,「行って,あなたためヘブライから特別乳母呼んましょか。そのあなたためこの子供飲ませるです」。  するとファラオ言った,「行っおいで!」 乙女直ちに行って,その子供母親+呼んた。  するとファラオ彼女言った,「この子供連れ行って,わたしためこれ飲ませください。わたしあなたその報酬取らますから+」。そこでその子供連れ行っ与えた。 10  そして子供成長た。それ彼女そのファラオところ連れ行き,こうその息子なっ+。そののち彼女そのモーセ*呼んで,こう言った。「わたしこのから引き出しからです+」。 11  さて,そのころこと,モーセ次第たくましくなっが,自分兄弟たち負っいる重荷ようそのもと行っ+。そしては,自分兄弟あるヘブライひとりエジプト殴りかかっいる+ 12  それあたり見回し,そこだれないから,そのエジプト打ち倒し,これ隠し+ 13  ところが,彼その翌日行くと,今度ヘブライつかみ合いいるあった。それ間違っいるほうこう言った。「どうしてあなた自分仲間殴ったりする+」。 14  するとその言った,「だれあなた我々また裁き人任命+。あのエジプト*殺しように,わたし殺すつもり*+」。それ聞いモーセ恐れ,「あのきっと知らしまっ違いない」と言っ+ 15  後ファラオそのつい聞き及び,モーセ殺そ図っ+。しかしモーセファラオもとから逃げ行き+,ミディアン+住も*。そしてある井戸そば下ろした。 16  さて,ミディアン祭司+が,彼女たちいつもようやっくみ,溝満たし群れ飲ませるあっ+ 17  するとまた,羊飼いたちいつもようやって,彼女たち追い散らした。これモーセ立ち上がり,女たち助け出し*その群れ飲ませ+ 18  そのため,彼女たち戻っとき,そのレウエル+叫ぶよう言った,「どうして今日こんな早く帰っか」。 19  そこで彼女たち言った,「ひとりエジプト+わたしたち羊飼いたちから救い出しくれです。そのわたしたちためまでくんで,群れ飲ませくれました」。 20  するとたち言った,「だが,そのどこいるか。どうしてその置いか。お呼びて,パン食べいただきなさい+」。 21  そのモーセこのもととどまりたいいう気持ち示し,彼自分チッポラ+モーセ与えた。 22  後彼女産み,彼そのゲルショム*+呼んだ。「わたし異国外人居留なっ+」と言っある。 23  こう多くたつうちエジプトついに死ん+。しかしイスラエルその奴隷状態*ゆえになおも嘆息し,苦情叫び上げ続け+。そして,奴隷状態ゆえに助け求めるその叫び終始[まことの]もと上っ+ 24  やがて彼らうめき+聞き+アブラハム,イサク,ヤコブ対するご自分契約思い起こさ+ 25  そしてイスラエルご覧なり,それ留められ*

脚注

または,「大箱」。ヘ語,テーヴァト。
「引き出さた; 水から救い出さた」の意。ヨセフスの「ユダヤ古代誌」,第2巻,9章,6参照。
七十訳使徒 7:28は「昨日」という付け加えいる。
「わたし殺すつもりか」。字義,「あなたわたし殺そいるか」。ヘ語,ハルホルゲーニー アッター オーメール。
「に住もた」,マソ本; シリ訳,「に向け出発た」。
または,「女たち救っ」。字義,「そして彼女たち救っ」。ヘ語,ワイヨーシアーン; この動詞最初来る箇所。ここモーセ関し用いられいる。
「そこ外人居留者」の意。
または,「その苦役」。
「神は[それに]意留められた」,マソ本; ウル訳,「[神]は彼ら留められた」; 七十訳,「[神]は彼ら知られるようなった」。