内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 17:1‐16

17  そのイスラエル集会シン荒野出発+,一行ずつ[進ん行った]。それエホバ命令*したがって進んものある+。こう彼らレフィディム宿営することなっ+。ところが,そこ飲むなかった。  それモーセ言い争うようなっ+,「わたしたち与え飲ませほしい」と言った。しかしモーセ彼ら言った,「なぜあなた方わたし言い争うですか。どうしてエホバ試みつづけるです+」。  しかしそこでしきり渇望し,民モーセつぶやいこう言った。「わたしたちエジプトから連れ出して,わたしたち*畜類渇きため死なせるどういうわけ+」。  ついにモーセエホバ叫ん言った,「わたしこのどうすれよいでしょか。もう少しすれば,彼らわたし石打ちすることでしょ+」。  するとエホバモーセこう言わた。「民通っ+イスラエル年長うちから連れ行き,またあなたナイル打っ+を[取り]なさい。それ取っ進ん行くように。  見よ,わたしそこの,ホレブ*あなた立つ。そしてあなたその必ず打つように。するとそこからて,民それ飲むことなる+」。そのモーセイスラエル年長たち見るところそのとおり行なった。  それその場所マッサ*+,またメリバ*+呼んだ。イスラエル言い争っため,また彼らが,「エホバわたしたちおられるおらない+」と言っエホバ試みためある+  そのアマレク*+やって,レフィディムイスラエル戦いしかけ+  そこでモーセヨシュア*+言った,「わたしたちため選び,出行っ+アマレク戦いなさい。明日わたしは[まことの]+立ちます」。 10  それヨシュアは,アマレク戦うために,モーセ言っそのとおり行なっ+。そしてモーセ,アロン,それフル+上った。 11  そして,モーセ掲げるイスラエル優勢なり+,その下ろすアマレク優勢なるあった。 12  モーセ重くなっ時,ふたり取っ置き,彼その座った。アロンフル両手を,一こちら側,他向こう支えた。そのため太陽沈むまでしっかり* 13  こうヨシュアアマレクその制圧+ 14  そのエホバモーセ言わた,「これ記録記し+,またヨシュア説き聞かせよ。『わたしアマレク関する記憶から全くぬぐい去る』と+」。 15  そのモーセ祭壇築き,そのエホバニシ*呼んで, 16  こう言った。「手ヤハ+み座+向けられるゆえに,エホバ代々わたっアマレク戦いされる*+」。

脚注

「命令」。字義,「口」。
「わたしたち……わたしたち」。字義,「わたし……わたし」。「民」を指す。
「ホレブ」。ここは,十おきて与えられなく,シナイ周辺山地ことで,シナイ荒野呼ばいる所。
「試み; 試練」の意。
「言い争い; 抗争; 口論」の意。
または,「アマレク」,集合意味で。
字義,「エホシュア」。「エホバ救い」という意味; ギ語,Ἰησοῦ(イエースー,「イエス」)。
字義,「手は……しっかりあった」。
「エホバニシ」。ニシ(ニッスィー)がネース(旗ざお)から派生あれば,「エホバわたし旗[ざお]」という意味; 七十訳,「エホバわたし避難所」,ニッスィーヌース(避難ため逃げる)から派生ものいる; ウル訳,「エホバわたし高揚」,ニッスィーナーサス(掲げる; 持ち上げる)から派生ものいる。
「手ヤハみ座向けられるゆえに,エホバは……と戦いされる」。七十訳,「秘められもっエホバは……と戦いされるからある」; ウル訳,「エホバみ座ゆえあり,エホバ戦いは……に対しなされるあろう」。