内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 17:1-16

17  その後イスラエルの子らの全集会はシンの荒野を出発して+,一行程ずつ[進んで行った]。それはエホバの命令*にしたがって進んだものである+。こうして彼らはレフィディムに宿営することになった+。ところが,そこには民の飲む水がなかった。  それで民はモーセと言い争うようになって+,「わたしたちに水を与えて飲ませてほしい」と言った。しかしモーセは彼らに言った,「なぜあなた方はわたしと言い争うのですか。どうしてエホバを試みつづけるのですか+」。  しかし民はそこでしきりに水を渇望し,民は幾度もモーセにつぶやいてこう言った。「わたしたちをエジプトから連れ出して来て,わたしたち*も子らや畜類も共に渇きのために死なせるとはどういうわけなのか+」。  ついにモーセはエホバに叫んで言った,「わたしはこの民をどうすればよいのでしょうか。もう少しすれば,彼らはわたしを石打ちにすることでしょう+」。  するとエホバはモーセにこう言われた。「民の前を通って+イスラエルの年長者のうちから幾人かを連れて行き,またあなたがナイル川を打った杖+を[取り]なさい。それを手に取って進んで行くように。  見よ,わたしはそこの,ホレブ*の岩の上であなたの前に立つ。そしてあなたはその岩を必ず打つように。すると水がそこから出て,民はそれを飲むことになる+」。その後モーセはイスラエルの年長者たちの見るところでそのとおりに行なった。  それで彼はその場所の名をマッサ*+,またメリバ*+と呼んだ。イスラエルの子らが言い争ったため,また彼らが,「エホバはわたしたちの中におられるのかおられないのか+」と言ってエホバを試みたためである+  その後アマレク人*+がやって来て,レフィディムでイスラエルに戦いをしかけた+  そこでモーセはヨシュア*+に言った,「わたしたちのために人を選び,出て行って+アマレク人と戦いなさい。明日わたしは[まことの]の杖を手にして+丘の頂に立ちます」。 10  それでヨシュアは,アマレク人と戦うために,モーセの言ったそのとおりに行なった+。そしてモーセ,アロン,それにフル+は丘の頂に上った。 11  そして,モーセが手を掲げるとイスラエル人が優勢になり+,その手を下ろすとアマレク人が優勢になるのであった。 12  モーセの手が重くなった時,ふたりは石を取って彼の下に置き,彼はその上に座った。アロンとフルは彼の両手を,一人はこちら側,他の一人は向こう側で支えた。そのため彼の手は太陽が沈むまでしっかりとしていた* 13  こうしてヨシュアは剣の刃でアマレクとその民を制圧した+ 14  その時エホバはモーセに言われた,「これを記録として書の中に記し+,またヨシュアの耳にも説き聞かせよ。『わたしはアマレクに関する記憶を天の下から全くぬぐい去る』と+」。 15  その後モーセは祭壇を築き,その名をエホバ・ニシ*と呼んで, 16  こう言った。「手がヤハ+のみ座+に向けられるゆえに,エホバは代々にわたってアマレクと戦いをされる*+」。

脚注

「命令」。字義,「口」。
「わたしたち……わたしたち」。字義,「わたし……わたし」。「民」を指す。
「ホレブ」。ここは,十おきて与えられなく,シナイ周辺山地ことで,シナイ荒野呼ばいる所。
「試み; 試練」の意。
「言い争い; 抗争; 口論」の意。
または,「アマレク」,集合意味で。
字義,「エホシュア」。「エホバ救い」という意味; ギ語,Ἰησοῦ(イエースー,「イエス」)。
字義,「手は……しっかりあった」。
「エホバニシ」。ニシ(ニッスィー)がネース(旗ざお)から派生あれば,「エホバわたし旗[ざお]」という意味; 七十訳,「エホバわたし避難所」,ニッスィーヌース(避難ため逃げる)から派生ものいる; ウル訳,「エホバわたし高揚」,ニッスィーナーサス(掲げる; 持ち上げる)から派生ものいる。
「手ヤハみ座向けられるゆえに,エホバは……と戦いされる」。七十訳,「秘められもっエホバは……と戦いされるからある」; ウル訳,「エホバみ座ゆえあり,エホバ戦いは……に対しなされるあろう」。