内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 12:1‐51

12  次エホバエジプトモーセアロンこう言わた。  「このあなた方とっ始めなる。これあなた方とっ最初なる+  イスラエル集会話しこう言いなさい。『このに,彼ら各々自分ため,父祖ため*+,家ごと取る。  しかし,もしその対し小さすぎるあれば,そのそのすぐ近く隣り人は,魂*応じそれ自分持っ行くように。そのを,各自食べるところ応じ割り振るべきある。  あなた方ために,そのきずない+あるべきある+。若い雄羊*から,あるいはやぎから選んよい。  そして,この十四+までそれあなた方守っき,そのイスラエル集会たち会衆二つ夕方*それほふらならない+  またその幾らか取り,自分それ食べる戸柱*その戸口上部*それ掛け*ならない+  「『そしてそのその食べなけれならない+。それ焼い酵母パン*+に,また苦菜添え食べる+  そのらかせよ*,あるいはゆでて,つまり食べいけない。火焼く,そのすね内臓に。 10  また,そのらかまで残しおいならない。朝まで残るもの入れ焼き捨てるべきある+ 11  そしてこのようそれべる。あなた方+,足サンダルはき+,手持つ。それ急い食べなけれならない。それエホバ過ぎ越し*ある+ 12  そしてわたしこのエジプト通り+,人から至るエジプトすべて初子必ず打つ+。エジプトすべて神々対し*わたし裁き執行する+。わたしエホバある+ 13  そして,そのあなた方いるあっあなた方しるしなるある。わたし必ずそのあなた方過ぎ越す+。それで,わたしエジプト打つ時,その災厄あなた方臨ん滅びもたらすことない。 14  「『そして,このあなた方ため記念なり,あなた方エホバ対する祭り*これ代々祝わなけれならない。定めない至る法令これ祝うように。 15  七あなた方酵母パンだけ食べる。初めあなた方から酸い練り粉*取り除く。初めからまでパン種入っ食べるいれ+,そのイスラエルうちから断たなけれならないからある+ 16  そして,初あなた方ためなる大会開か*,七なる大会が[開かれる+]。それら[の日]に仕事いけない+。ただしすべて食べるべきもの,それ関しだけ自分ため行なっ+ 17  「『こうあなた方酵母パン祭り+守らならない。実そのわたしあなた方軍隊エジプトから携え出すからある。そしてあなた方定めない至る法令この代々守らなけれならない。 18  第月,その十四日,その夕方あなた方酵母パン食べ,月二十一日,その夕方まで及ぶ+ 19  七あなた方酸い練り粉あっならない。パン種入っ味わういれば,外人居留あっその生まあっ+,そのイスラエル集会から断たなけれならないある+ 20  パン種入っいっさい食べいけない。あなた方その住むすべて酵母パン食べる』」。 21  直ちにモーセイスラエルすべて年長呼ん+,こう言った。「あなた方ために,その家族応じ小さな家畜*取り,過ぎ越しいけにえほふりなさい+ 22  また,ヒソプ+取っ水盤入れ浸し*,その水盤幾らか戸口上部戸柱はた付けなけれならない。そして,朝なるまであなた方だれ自分入口からならない。 23  そうすれば,エホバエジプト災厄下すため通ら戸口上部戸柱付いご覧なる時,エホバ必ずその入口過ぎ越し,滅びあなた方入っあなた方災厄もたらすことないようされるあろ+ 24  「それあなた方このを,自分自分ための,定めない至る+規定守らなけれならない+ 25  そして,エホバくださるに,その述べられとおり入るときも,あなた方この務め*守らなけれならないある+ 26  また,あなた方が,『この務めどういう意味あるですか』と言うとき+ 27  あなた方は,『これエホバ対する過ぎ越し犠牲+あって,[]はエジプト災厄下さ際,エジプトイスラエル家々過ぎ越して,わたしたち家々救い出しくださっだ』と言わなけれならない」。 すると,民低くかがめ平伏+ 28  そのイスラエル行って,エホバモーセアロン命じとおり行なっ+。まさにそのとおり行なった。 29  そして,真夜中こと,エホバは,王座座するファラオ初子から*いる捕らわれ初子まで,エジプトすべて初子打ち+,また初子ことごとく[打た+]。 30  それファラオは,すなわちそのすべてや[他の]すべてエジプト夜中起き上がった。そしてエジプト大きな叫び起こりはじめ+。死人ないなかっからある。 31  すぐ,夜うちに,彼モーセアロン呼ん+,こう言った。「立て,お前たちイスラエルの[他の]子わたしから行け。行って,お前たち言うとおりエホバ仕えるよい+ 32  お前たち言っとおり,羊連れ行け+。そして,わたしこと祝福するだ」。 33  そして,エジプトこのそのから急い去らようせき立てるようなっ+。「我々みな死ん同然+!」と言うあった。 34  そのためパン種入れる練り粉抱え,こね鉢マントくるん負った。 35  そしてイスラエルモーセ言葉どおり行ない,エジプトマント求めるあっ+ 36  そしてエホバそのエジプト好意得るようされ+,彼らその求められるこれ与え+。こうて[民]はエジプトからはぎ取っ+ 37  それからイスラエルラメセス+たっスコト向かうことなっ+,幼いたちて,徒歩行く強健男子六十万上っ+ 38  そしてり混じっ集団*+彼ら上っ行き,加え群れ群れ,おびただしい家畜一緒あった。 39  そしてエジプトから携え練り粉焼い丸い菓子,つまり酵母パンた。それパン種入れなかっからある。エジプトから追い立てられゆっくりひま取ることできず,また自分たちため食糧用意なかっある+ 40  そして,エジプト*+イスラエル*その居住[の期間+]は四百三十あっ+ 41  そして,四百三十終わっちょうどそのに,エホバ全軍エジプトあっ+ 42  それは,彼エジプトから携え出さゆえにエホバ対し守るべきある。このイスラエルすべて代々エホバ対し守るべきものある+ 43  次エホバモーセアロンこう言わた。「これ過ぎ越し関する法令ある+。すなわち,異国*だれそれ食べいけない+ 44  しかし,金買い取ら奴隷いる場合,あなたこれ割礼施さならない+。こうに,そのそれあずかっい。 45  移*雇い入れられ労働それ食べいけない。 46  それ食べる。その幾らかせよからどこ持ち出しならない。また,あなた方その折っならない+ 47  イスラエルすべてこれ執り行なう+ 48  そして,外居留あなたもと外国とどまって,そのエホバ過ぎ越し執り行なういう場合は,その属するすべて男子割礼施される*よう+。こうに,その近くそれ行なっい。そのその生まようならなけれならない。しかし,割礼受けないだれそれ食べならない。 49  そこであなた方外国とどまる外人居留も,同一律法存在することなる+」。 50  それで,イスラエルすべては,エホバモーセアロン命じとおり行なった。まさにそのとおり行なっ+ 51  そして,ちょうどこのに,エホバイスラエルその軍隊+エジプトから携え出さあった。

脚注

「羊」。ヘ語,セ; ギ語,プロバトン; ラ語,アグヌム,「子羊」。
または,「人」。ヘ語,ネファーショート,複数形; ギ語,プシュコーン,複数形。
「若い雄羊」。または,「雄子羊」。
「二つ夕方に」。ある権威たちおよびカライユダヤ教徒サマリアよると,これ日没から実際暗くなるまで時間。パリサイラビ信奉たちそれ意味考えた。すなわち,太陽傾きかけ1夕方で,実際日没2夕方。
戸柱」。ヘ語,ハンメズーゾート。現代ユダヤある「メズーザ」は,申 6:4‐9および申 11:13‐21ヘブライ聖句記し長方皮紙指す。その皮紙小さな容器入れられ,正統ユダヤ教徒住まい右側戸柱斜め取り付けられる。申 6:9脚注参照。
「戸口上部に」。または,「楣に」。
字義,「与え」。
または,「イースト入っないパン; パン種入れないパン」。
または,「生焼けで」。
字義,「跳び越えること; 過ぎ越すこと」。ヘ語,ペサハ。
「のすべて神々対して」。ヘ語,ウーヴェコルエローヘー。複数エジプト神々指す複数形。
または,「エホバ祭りて」。
「酸い練り粉」。または,「イースト; パン種」。
または,「聖なる召集なされ」。
「小さな家畜」。または,「羊やぎ」。
または,「漬け;(血で)バプテスマ施し」。ギ語,バプサンテス。
「務め」。または,「崇拝特色」。ヘ語,ハーアヴォーダー; ギ語,ラトレイアン,「神聖奉仕」。3:12脚注比較。
「獄穴」。または,「牢獄」。字義,「水溜め家」。創 40:15脚注参照。
または,「そして大勢外国人(よそ人たち)」。
「住んだ」。ヘブライこの動詞複数形。関係代名詞アシェル導かれるこの部分は,「居住」になく,「イスラエルら」にかかる思われる。七十訳,「しかし,イスラエルら[七十訳アレ写は「およびそのたち」を付け加えいる]がエジプトカナン住んその居住[の期間]は四百三十年[であった]」; サマ五,「カナンエジプトに」。同じくヨセフスも「ユダヤ古代誌」,第2巻,15章,2こう記しいる。「彼らクサンティクス月[マケドニアで,ヨセフスニサン相当するいる]の,月齢数え15エジプト去った。それは,我々父祖アブラハムカナンから430あった」。(ローブ古典文庫,Hサッカレー訳,1967年,305ページ)イスラエル115エジプトた。出 12:37; 民 33:3,5参照。サマ五,七十訳,およびヨセフスは,430期間が,アブラハムカナン入っから,イスラエルエジプトまであること示しいる。ガラ 3:17参照。
サマ五は「およびそのたち」を付け加えいる。
字義,「異(国)の子」。
または,「よそ人; 移民」。
「割礼施される」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。