内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 10:1‐29

10  そこでエホバモーセこうた。「ファラオもと行きなさい。わたしは,彼そのたち鈍くならせからある+。それは,これらわたししるし面前*置くため+  そして,わたしエジプト厳しい処置取っことと,わたし彼ら置い数々しるしついあなた自分*告げ知らせるためある+。あなた方は,わたしエホバあること必ず知るあろ+」。  それモーセアロンファラオもとて,こう言った。「ヘブライエホバこのよう言わました。『あなたわたし服することいつまで拒まならない+。わたし去らわたし仕えさせよ。  もしあなたわたし去らせること拒み続けるなら,見よ,わたし明日,あなた境界いなご来させることする+  それら見える表面*まさに覆い尽くし,地見ることさえできなくなるあろう。それらは,生き延び残りもの,すなわちあなた方残しものすっかり食い尽くし,新芽いるあなた方樹木からことごとく食い尽くししまうあろ+  そして,あなた,あなたすべてたち家,全エジプト家々は[いなごに]埋め尽くされ,あなたたち*その長らえるようなっから今日までことないまでなるあろ+』」。こう言っから転じファラオもと+  そのファラオ対しそのたち言った,「いつまでこのわたしたちわななるでしょ+。このたち去らて,そのエホバ仕えさせください。エジプト滅びしまっことまだご存じないです+」。  そのためモーセアロンファラオもとれ戻さた。彼ふたり言った,「行って,お前たちエホバ仕えるよい+。行く特にどんなたち*か」。  そこでモーセた,「年若い年老いわたしたち連れまいります。息子たち+,羊一緒行きます+。わたしたちエホバ対する祭りあるからです+」。 10  すると言った,「わたしお前たち幼いたち去らせるときエホバお前たち一緒くださると,このようなれよいこと+。いや,違う,よこしまお前たち目ざしいる*+ 11  そうなく,強男子だけ行っエホバ仕えるようくれ。それお前たち特に求めいることから」。こう彼らファラオから追い出さ+ 12  次エホバモーセこう言わた。「いなごためあなたエジプト差し伸べ+,それエジプト上って,このすべて草木,雹残しすべてもの食い尽くすようせよ+」。 13  直ちにモーセエジプト差し伸べた。するとエホバ東風*+その日一日また夜通しその吹かられた。朝なると,東風いなご運んた。 14  そしていなごエジプト上り,エジプト領地降り+。それ極めて重苦しいものあっ+。以前それほどいなごこう現われことなく,こう現われることそのないあろう。 15  そして,それらその見える表面覆っゆき+,地暗くなっ+。それらは,雹残しそのすべて草木木々すべて食い尽くしいっ+。エジプト全土わたり,樹木草木もの残らなかっ+ 16  そのためファラオモーセアロン呼んで,こう言った。「わたしお前たちエホバ対し,またお前たち対しおかし+ 17  それ,わたしを,どうか今回だけ赦しほしい+。そしてこの災厄*だけわたしから払いのけくれるよう,お前たちエホバ懇願もらいたい+」。 18  それファラオもとて,エホバ懇願+ 19  するとエホバ強い西風変え,それいなご運び去っ紅海*追い入れた。エジプト領地いなご残さなかった。 20  しかしエホバファラオかたくなならせため+,彼イスラエル去らなかった。 21  次エホバモーセこう言わた。「あなた差し伸べ+,エジプト生じさせ,人感じるようせよ」。 22  モーセすぐその向け差し伸べると,陰うつエジプト全土生じわたっ+ 23  人互い見ることできず,三だれ自分から立ち上がらなかった。しかしイスラエルすべては,その住んいるあっ+ 24  そのファラオモーセ呼んで,こう言った。「行って,エホバ仕えるよい+。ただし,お前たちとどめおかれるだろう。お前たち幼いたち一緒行っ+」。 25  しかしモーセた,「そうますと,あなたご自身わたしたち犠牲もの焼燔捧げ物与えくださることなります。わたしたちは,自分たちエホバそれささげなけれならないからです+ 26  ですから,わたしたち一緒参ります+。ひづめ一ついえども残ること許さません。わたしたちそのあるもの取っわたしたちエホバ崇拝する*からです+。そこ着くまでは,エホバ崇拝ためささげるか,わたしたち知らないです+」。 27  すると,エホバファラオかたくなならせため,彼その人々去らせること同意なかっ+ 28  そしてファラオこう言った。「わたしところから行け+! よく付けて,二わたしようするな。わたし見るそのお前死ぬことなるから+」。 29  これモーセ言った,「あなたそのよう言わました。わたしもはやあなたよう致しませ+」。

脚注

「これらの(これらわたしの)しるし彼らに」,タル,シリ訳; 七十訳,「これらしるし彼らに」。
または,「自分孫」。
字義,「地を」。
または,「あなた祖父たちも」。
「特にどんなたち」。字義,「だれだれ」。
字義,「よこしまお前たちある」。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,アネモン; ラ語,ウェントゥム。創 1:2,「力」の脚注参照。
字義,「この死」。
字義,「雑草多い海; 葦海」。
崇拝する仕える)」。ヘ語,ラアヴォード; ギ語,ラトレウサイ,「神聖奉仕行なう」。3:12脚注参照。