内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 9:1‐43

9  しかしサウロは,弟子たち対する+脅し殺害なおもはずませながら+祭司もと行き,  ダマスカス会堂手紙求めた。だれこの*属する+見つけたら,男縛っエルサレム連れ来るためあった。  さて,彼旅行ダマスカス近づいその時,突然からまわりぱっと光り+  彼地面倒れ,「サウロ,サウロ,なぜあなたわたし迫害いるか」と自分言う聞い+  [サウロ]は言った,「よ,あなたどなたですか」。彼言った,「わたしイエス,あなた迫害いるです+  しかし,起き+,市内入りなさい。そうすれば,あなたべきこと告げられるでしょう」。  ところで,一緒たち+もの言え立っ+。確か響き+聞こえが,だれ見えなかっある。  しかし,サウロ地面から起き上がった。すると,目開いいるだが,何見えなかっ+。それ人々その取っ導き,ダマスカス案内た。  そして,三あいだ見え+,また食べ飲みなかった。 10  ダマスカスアナニア+いう弟子が,で,「アナニアよ!」と言わた。彼言った,「よ,わたしここおります」。 11  言わた,「立って,“まっすぐ”という通り行き,ユダで,サウロいうの,タルソス+捜しなさい。見よ,彼祈っおり, 12  幻*,アナニアいう入って,視力取り戻せるよう自分置いくれるです+」。 13  しかしアナニア答えた,「よ,わたし多くからこのつい聞いおります。エルサレムいるあなたなるたち*対し,害なるどれほど多く行なっいうことを。 14  そしてここは,あなたみ名呼び求める+なわめかけようて,祭司たちから権限受けいるです」。 15  しかし言わた,「行きなさい。わたしとっこのは,わたし国民+,またたち+イスラエル携え行くため選び+からです。 16  彼わたしためいかに多く苦しみ受けならない+を,わたしはっきり示すです」。 17  そこでアナニア出かけ行っその入り,彼置いこう言った。「サウロ,兄弟よ,来るあなた現われ,イエスが,わたし遣わして,あなた視力取り戻し,聖霊満たされるようされまし+」。 18  するとすぐに,その両目からうろこよう落ち,彼視力取り戻した。そして,起き上がっバプテスマ受け, 19  食事元気づい+ ダマスカス弟子たちもといることなっ+ 20  すぐ会堂イエスことを,すなわちこのこそある宣べ伝えはじめ+ 21  しかし,彼[のことば]を聞くみな非常驚き,「これは,エルサレムこの呼び求めるたち痛めつけ+あり,そうたち縛っ祭司もと引い行くいう目的ためここなかっ+」と言うあった。 22  しかしサウロますます得,これキリストあること論証+,ダマスカス住むユダヤたちろうばいせるあった。 23  さて,かなり日数なろころ,ユダヤたち除き去っしまお相談+ 24  しかしながら,彼らたくらみサウロ知るところなった。それでも彼らは,[サウロ]を除き去っしまおて,日夜城門じっ見張っいるあっ+ 25  そこで,その弟子たち連れ行き,城壁はざまからかごつり下げて,夜降ろし+ 26  エルサレム到着する+,彼弟子たち一緒なろ努力た。しかし[弟子]たちみな恐れた。彼弟子あること信じなかっからある。 27  そこでバルナバ助け+,彼使徒たちところ連れ行き,彼途中どのよう+,そして[]が語りかけこと+,またダマスカス+イエスおいどれほど大胆語っ詳しく話した。 28  こうて[サウロ]はずっ彼らおり,エルサレム行き来*て,おい大胆語っ+ 29  そして,ギリシャ話すユダヤたち*話したり論じ合ったりた。ところこれらたちが,彼除き去っしまお企て+ 30  兄弟たちこれ見破って,彼カエサレア連れ下り,タルソス+送り出した。 31  こうて,会衆+まさに,ユダヤ,ガリラヤ,サマリア全域わたっ平和時期入り,[しだいに]築き上げられいった。そして,エホバ*恐れ+聖霊+慰めうち歩みつつ,[人数を]増しいった。 32  さてペテロは,すべて[の地方]を回っ際,ルダ住むなるたち*ところ下っ+ 33  そのアイネアいう見つけが,そのあいだ寝台横たわっままあった。[体]がまひある。 34  そこでペテロ言っ+,「アイネア,イエスキリストあなたいやさます+。起きて,自分寝床整えなさい」。すると,彼すぐ起き上がった。 35  そして,ルダおよびシャロン*+[の平野]に住む人々みな見,そのたち転じ+ 36  さて,ヨッパ+タビタいう弟子た。この[名]は,訳すと,ドルカス*いう意味ある。彼女善行+その行なう憐れみ施し富んた。 37  しかしちょうどそのころ,彼女病気なっ死んだ。それ人々彼女洗い,階上横たえた。 38  ところで,ルダヨッパ近かっ+,弟子たちペテロその都市いること聞くと,二ところやって,「どうか,ためらわ*わたしたちところまでください」と懇願た。 39  そこでペテロ立っ彼ら一緒行った。こう到着すると,人々階上連れ入った。すると,やもめたちみな泣きながらて,ドルカス平素こしらえたくさん内衣外衣+並べ見せるあっ+ 40  しかしペテロみんな出し+,ひざかがめ祈り,そのほう向いて,「タビタ*,起きなさい!」と言った。彼女開け,ペテロ見ると,起き直っ+ 41  [ペテロ]は貸し彼女立た+,聖なるたちやもめたち呼んで,生きいる彼女引き合わある+ 42  このことヨッパじゅう知られるようなり,多く信じ頼るなっ+ 43  彼かなり日数ヨッパとどまっ+,皮なめしシモンいうところからある+

脚注

「この」。ギ語,テース ホドゥー
「幻で」,バチ写,エフ写,シリ訳ヘ,ペ,アル訳; パピ写74,シナ写,アレ写,ウル訳省いいる。
または,「あなた聖徒たち」。
または,「エルサレム日常生活続け」。
「ギリシャ話すユダヤたち」。字義,「ヘレニストたち」。エ17,「ギリシャユダヤたち」。
付録1ニ参照。
または,「ルダ住む聖徒たち」。
「シャロン」,エ17,18,22; シナ写,アレ写,バチ写,「サロン」。
「ドルカス」(ギ語)は「タビタ」(ア語)に相当する; どちらも「ガゼル」を意味する。
または,「遅れに」。
36脚注参照。