内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 8:1‐40

8  サウロ​と​し​て​は,彼​の​殺害​を​よし​と​し​て​い​た+ その​日,エルサレム​に​あっ​た​会衆​に​対し​て​激しい​迫害​+が​起こっ​た。使徒​たち​の​ほか​は​皆,ユダヤ,サマリア​地方​全域​に​散らさ​れ​た+  しかし,敬虔​な​人々​は​ステファノ​を​埋葬​所​に​運び+,彼​の​こと​で​大いに​嘆き悲しん​だ+  だが,サウロ​は​会衆​に​対し​て​粗暴​な​振る舞い​を​する​よう​に​なっ​た。次々​と​家​に​侵入​し​て​は​男​も​女​も​引きずり出し,これ​を​獄​に​引き渡す​の​で​あっ​た+  しかし,散らさ​れ​た​人々​は,み言葉​の​良い​たより​を​宣明​し​ながら​全土​を​回っ​た+  その​ひとり​フィリポ​は,サマリア​市​+に​下り,人々​に​キリスト​を​宣べ伝え​はじめ​た。  群衆​は​聴き,また​彼​が​行なう​しるし​を​見​ながら,フィリポ​の​語る​事柄​に​こぞって​注意​を​払っ​て​い​た。  汚れ​た​霊​+に​つか​れ​た​者​が​大勢​おり,それら​が​大声​で​叫ん​で​は​出​て​来​た​から​で​ある。また,まひ​し​た​+足なえ​の​人​も​大勢​が​治さ​れ​た。  こう​し​て​その​都市​に​は​非常​な​喜び​が​生じ​た+  さて,その​都市​に​は​シモン​と​いう​名​の​人​が​おり,それ​まで​魔術​+を​行なっ​て​サマリア​国民​を​驚嘆​さ​せ,自分​は​何​か​偉い​者​で​ある​と​称し​て​い​た+ 10  そして,最も​小さな​者​から​最も​大きな​者​に​至る​まで,すべて​の​者​が​彼​に​注目​し,「この​人​は​神​の​力​で​あり,“偉大”と​も​呼ぶ​べき​もの​だ」など​と​言っ​た。 11  それで,かなり​の​間​その​魔術​に​よっ​て​人々​を​驚嘆​さ​せ​て​き​た​ため​に,人々​は​彼​に​注目​する​の​で​あっ​た。 12  しかし,神​の​王国​と​イエス​・​キリスト​の​名​に​つい​て​の​良い​たより​を​宣明​し​て​い​た​+フィリポ[の​ことば]を​信じ​た​時,彼ら​は​ついで,男​も​女​も​バプテスマ​を​受け​た+ 13  シモン​自身​も​信者​と​なり,バプテスマ​を​受け​て​から​は,絶え​ず​フィリポ​+に​付き添っ​て​い​た。そして,しるし​や,大きく​て​強力​な​業​が​なさ​れる​の​を​見​て​驚嘆​し​た。 14  サマリア​が​神​の​言葉​を​受け入れ​た​こと​を​聞く​と+,エルサレム​に​いる​使徒​たち​は​ペテロ​と​ヨハネ​を​彼ら​の​もと​に​派遣​し​た。 15  それ​で​ふたり​は​下っ​て​行き,彼ら​が​聖霊​を​受ける​よう​に​と​祈っ​た+ 16  それ​は​彼ら​の​うち​の​だれ​に​も​まだ​下っ​て​おら​ず,彼ら​は​ただ​主​イエス​の​名​に​おい​て​バプテスマ​を​受け​て​い​た​だけ​だっ​た​から​で​ある+ 17  それ​から​ふたり​が​彼ら​の​上​に​手​を​置い​て​ゆく​と+,彼ら​は​聖霊​を​受ける​よう​に​なっ​た。 18  さて,使徒​たち​が​手​を​置く​こと​に​よっ​て​霊​が​与え​られる​の​を​見​た​時,シモン​は​彼ら​に​金​を​差し出し​て+ 19  こう​言っ​た。「わたし​に​も​その​権威​を​与え​て,だれ​で​も​わたし​が​手​を​置く​人​が​聖霊​を​受け​られる​よう​に​し​て​ください」。 20  しかし​ペテロ​は​彼​に​言っ​た,「あなた​の​銀​は​あなた​と​共​に​滅び​て​しまう​よう​に。あなた​は​神​の​無償​の​賜物​+を​金銭​に​よっ​て​手​に​入れ​よう​と​考え​た​から​です。 21  この​事​に​おい​て​あなた​に​は​あずかる​分​も​受け分​も​あり​ませ​ん。あなた​の​心​は​神​から​見​て​まっすぐ​で​は​ない​から​です+ 22  それゆえ,あなた​の​この​悪​を​悔い改め,できる​こと​なら​あなた​の​心​の​たくらみ​が​許さ​れる​よう​に​と​エホバ​*に​祈願​し​なさい+ 23  わたし​は,あなた​が​有毒​な​胆汁+,また​不義​の​ほだし​+で​ある​*こと​が​分かる​の​です」。 24  それ​に​答え​て​シモン​は​言っ​た,「あなた方​の​言っ​た​こと​が​何​も​わたし​の​身​に​起こら​ない​よう,皆さん,わたし​の​ため​に​エホバ​*に​祈願​を​し​て​ください+」。 25  こう​し​て,徹底​的​に​証し​を​し​て​エホバ​の​*言葉​を​語っ​て​から,彼ら​は​エルサレム​に​引き返し​た​が,サマリア​人​の​多く​の​村​に​良い​たより​を​宣明​し​て​いっ​た+ 26  しかし,エホバ​*の​み使い​+が​フィリポ​に​語っ​て​言っ​た,「立っ​て,南​へ,エルサレム​から​ガザ​へ​下る​道​に​行き​なさい」。(これ​は​砂漠​の​道​で​ある。) 27  そこで​彼​が​立っ​て​出かけ​て​行く​と,見よ,エチオピア​+の​宦官​+が[やっ​て​来​た]。エチオピア​人​の​女王​カンダケ​の​もと​で​権力​の​ある​人​で​あり,その​財宝​すべて​を​つかさどる​人​で​あっ​た。彼​は​崇拝​の​ため​に​エルサレム​に​行っ​て​き​た​の​で​ある​が+ 28  その​帰り​に,兵車​の​中​に​座っ​て​預言​者​イザヤ[の​書]を​声​を​出し​て​読ん​で​いる​ところ​で​あっ​た+ 29  そこで​霊​が​フィリポ​に​言っ​た+,「近づい​て,この​兵車​と​一緒​に​なり​なさい」。 30  フィリポ​は​並ん​で​走り,彼​が​預言​者​イザヤ[の​書]を​声​を​出し​て​読ん​で​いる​の​を​聞い​て,こう​言っ​た。「あなた​は​自分​の​読ん​で​いる​事柄​が​ほんとう​に​分かり​ます​か」。 31  彼​は​言っ​た,「だれ​か​が​手引き​し​て​くれ​なけれ​ば,いったい​どうして[分かる]でしょ​う​か」。そして,乗っ​て,一緒​に​座る​よう​に​と​フィリポ​に​懇願​し​た。 32  さて,彼​が​声​を​出し​て​読ん​で​い​た​聖書​の​句​は​こう​で​あっ​た。「羊​の​よう​に,彼​は​ほふら​れる​ため​に​連れ​て​来​られ​た。そして,毛​を​刈る​者​の​前​で​声​を​出さ​ない​子羊​の​よう​に,彼​は​口​を​開か​ない+ 33  辱め​を​受け​て​いる​間,裁き​は​彼​から​取り去ら​れ​た+。だれ​が​彼​の​世代​*に​つい​て​詳細​を​語る​だろ​う​か。彼​の​命​は​地​から​取り去ら​れる​から​で​ある+」。 34  宦官​は​答え​て​フィリポ​に​言っ​た,「お願い​し​ます,預言​者​は​だれ​に​つい​て​こう​言っ​て​いる​の​でしょ​う​か。自分​自身​に​つい​て​です​か,それ​と​も​だれ​か​ほか​の​人​に​つい​て​です​か」。 35  フィリポ​は​口​を​開き+,聖書​の​この​ところ​から​始め​て+,イエス​に​つい​て​の​良い​たより​を​彼​に​告げ知らせ​た。 36  さて,彼ら​が​道​を​進ん​で​行く​と,水​の​ある​ところ​に​来​た。すると​宦官​は​言っ​た,「ご覧​なさい,水​が​あり​ます。わたし​が​バプテスマ​を​受ける​こと​に​何​の​妨げ​が​ある​でしょ​う​か+」。 37 * ―― 38  そう​し​て​彼​は,兵車​に,止まる​よう​に​命令​し,ふたり​は​共​に,フィリポ​も​宦官​も​水​の​中​に​下り​て​行っ​た。そして[フィリポ]は​彼​に​バプテスマ​を​施し​た。 39  彼ら​が​水​から​上がっ​て​来る​と,エホバ​*の​霊​が​フィリポ​を​急い​で​連れ去り+,宦官​は​もう​彼​を​見​なかっ​た​が,歓び​ながら​自分​の​道​を​進ん​で​行っ​た。 40  しかし​フィリポ​は​アシュドド​*に​来​て​い​た。そして,その​地域​一帯​を​回り,カエサレア​+に​着く​まで,すべて​の​都市​に​良い​たより​を​宣明​し​て​いっ​た+

脚注

「エホバ」,エ18,22,23; ギ語,トゥー キュリウー; ウル訳,シリ訳​,「神」。付録1ニ参照。
「ほだし​の​中​に​ある」,ベザ写​*,ウル訳。
「エホバ」,エ7,8,10,13,15‐18,22,23; シナ写,アレ写,バチ写(ギ語),トン キュリオン; ベザ写,ウル訳​諸写,シリ訳​ヘ,ペ,「神」。付録1ニ参照。
「エホバ​の」,エ7,8,10,17,18; シナ写,バチ写,エフ写,ベザ写(ギ語),トゥー キュリウー; パピ写​74,アレ写,シリ訳​,「神​の」。付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「彼​の​生き方」。
パピ写​45,74,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ウル訳,シリ訳​ペ​は​37​節​を​省い​て​いる; 古ラ訳,ウル訳​,アル訳,「フィリポ​は​彼​に​言っ​た,『あなた​が​心​を​こめ​て​信じ​て​いる​なら,それ​は​許さ​れ​ます』。それ​に​答え​て​彼​は​言っ​た,『わたし​は,イエス​・​キリスト​が​神​の​子​で​ある​こと​を​信じ​て​い​ます』」。
付録1ニ参照。
「アシュドド」,エ17,18,22; シナ写,アレ写,バチ写,「アゾト」。