内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 5:1‐42

5  しかしながら,アナニアいうは,妻サッピラに,所有売っ  その代価幾らかひそか取っき,それつい知っだが,ただ一部だけ持っ使徒たち足もと置い+  しかしペテロ言った,「アナニアよ,なぜサタン+あなた厚顔ならせ*て,聖霊対し+虚偽+振る舞いさせ,畑代価幾らかひそか取っおくようことさせですか。  あなたもとある間,それそのままあなたものだっありませか。そして,売っも,それ引き続きあなた管理もとあっではありませか。このよう行為もくろんどうしてですか。あなたは,人なく,対し+虚偽振る舞いです+」。  この言葉聞くと,アナニア倒れ息絶え+。そして,そのこと聞くすべて大いなる恐れ+生じた。  しかし,若手人々立っ包み+,運び出し葬った。  さて,三時間ほどたっから,彼起き知ら入った。  ペテロ彼女言った,「わたし言っください。あなた方[二人]はこれだけ売っですか」。彼女言った,「はい,これだけです」。  そこでペテロ彼女に[言った],「あなた方[二人]が示し合わせエホバ*試す+どうことですか。見よ,あなた葬ったち戸口ありますが,彼らあなた運び出すでしょう」。 10  彼女たちどころに[ペテロ]の足もと倒れ息絶え+。若者たち入っみると,彼女死んた。そこで彼女運び出し,夫わき葬った。 11  その結果,会衆*全体,およびこのつい聞くすべて大いなる恐れ生じた。 12  そのうえ,使徒たち通しその多くしるし異兆起こっ+。そして彼らそろっソロモン柱廊+た。 13  ほかたちだれ彼ら加わる勇気持っなかっ+,それでも彼らほめたてるあっ+ 14  そればかりか,信じるが,男大ぜい加えられいっ+ 15  そのため,人々病人大通りまで連れ出して,そこで小さな寝床寝台横たえ,ペテロそば通る際,せめてそのも[病人]のだれかかるよう+ 16  また,エルサレム周辺都市大勢が,病気汚れ悩まされるたち連れ集まった。そして,彼らひとり残らず治されるあった。 17  しかし,大祭司およびそれすべて者,すなわちそのころ存在サドカイ人々は,立ち上がっねたみ+満たされ, 18  使徒たちかけ捕らえ,彼ら拘留入れ+ 19  しかし,夜中エホバ*み使い+開き+,彼ら連れ出して,こう言った。 20  「行って,神殿立ち,このつい言わすべてこと+語りつづけなさい」。 21  これ聞いから,彼ら夜明け神殿入っ教えはじめた。 さて,大祭司およびそれいるたち到着て,サンヘドリン,またイスラエル年長*全員召集+,彼ら連れ来させるため牢屋遣わした。 22  しかし,下役たちそこ着いみると,獄彼らなかった。それ戻って,報告 23  こう言った。「わたしどもましところ,牢屋全く厳重かけあり,戸ところ番人たち立っましが,開けみると,中だれおりませでした」。 24  そこで,神殿指揮祭司たちこの言葉聞き,これいったいどういうことなると,これらすっかり途方暮れしまっ+ 25  しかし,あるやって,彼らこう報告た。「ご覧なさい,あなた方入れたち神殿おり,立っ教えます+」。 26  そこで指揮自分下役たち一緒出かけ行き,そう彼ら連れが,手荒ことなかった。民石打ちされる恐れからある+ 27  こう彼ら連れて,サンヘドリン広間立たた。そして,大祭司彼ら質問 28  言った,「このよっもう教えならないきっぱり命じおい+,見よ,あなた方エルサレムあなた方教え満たししまい+,しかも,この+わたしたちもたらそ決めいる」。 29  それ答えペテロと[ほかの]使徒たち言った,「わたしたちは,[自分たちの]支配人間より従わなりませ+ 30  わたしたち父祖イエスを,あなた方*掛け殺し+そのよみがえらせまし+ 31  この主要代理+また救い主+ご自分高めまし+。それは,イスラエル悔い改め+を,また許し+与えるためです。 32  そして,わたしたちこれら証人あり+,聖霊またそうです+それを,支配ご自分従うたちお与えなりました」。 33  これ聞くと,彼らいたく切られるよう感じ,このたち除き去っしまいたい思うあっ+ 34  しかし,あるサンヘドリン立ち上がった。それガマリエル+いうパリサイで,民すべてから重んじられる律法教師あっが,彼は,この人々しばらくあいだ出すよう命令+ 35  それから,彼らこう言った。「イスラエル皆さん+,このたちどうするついは,自分ようすること注意ください。 36  例えば,先ごろチウダ立ち上がっ自らひとかど称し+,かなりたち,およそ四百その一味加わりまし+。しかし,彼除き去られ,従ったちみな追い散らさ跡形なくなりました。 37  彼あとに,ガリラヤユダ登録ころ+立ち上がり,民引き込ん自分付かました。ですが,その滅び,従っみな散り散りなりました。 38  ですから,今状況あなた方言いますが,このたち手出しず,彼らほっおきなさい。(この企て,またこの人間からものあれば,それ覆されるからです+ 39  しかし,それからもの+あるたら,あなた方彼ら覆すことできませ+。)さもないと,あなた方は,実際対し戦うなっしまうしれませ+」。 40  そこでみんな彼[のことば]に注意向け,使徒たち呼び出しむち打ち+,イエスよっ語るやめるよう命じから+,彼ら去らた。 41  そのため,これらは,彼ため辱められる+足るされこと歓びつつ+,サンヘドリンから行った。 42  そして彼ら毎日神殿で,またから+*たゆみなく教え+,キリスト,イエスつい良いたより宣明*続け+

脚注

字義,「あなた満たし」。エス 7:5; 伝 8:11参照。
付録1ニ参照。
字義,「エクレシア」。ギ語,エックレーシアン; ラ語,エックレーシアー; エ17,18(ヘ語),ハッカーハール,「会衆」。
付録1ニ参照。
「年長会」。または,「元老院」。
または,「木」。ギ語,クシュルー; エ22(ヘ語),エーツ。2:36脚注参照。
字義,「ごとに」。ギ語,カト オイコン。ここで「カタ」は対格単数伴い,配分意味用いられいる。RCHレンスキ自著,「使徒行伝注釈」(米国,ミネアポリス,1961年)ので,使徒 5:42関し注解加えいる;「使徒たち一瞬いえ,その祝福やめることなかった。彼らは『毎日』それ行ない,しかもそれを,サンヘドリン神殿警察見聞きできる『神殿で』公然と,そして言うまでなく,κατ’ οἴκον[カト オイコン]に行なった。これ配分な,『家からへ』の意味あって,単に副詞な,『家で』の意味ない」。
または,「福音(良いおとずれ)を宣明し」。ギ語,エウアンゲリゾメノイ; ラ語,エーウァンゲリーザーンテース,「福音宣明し」。