内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 27:1‐44

27  さて,わたしたちイタリア出帆すること決まる+,彼らに,パウロほか囚人を,ユリウスいうの,アウグスツス部隊士官*引き渡した。  わたしたちは,アドラミティオンからて,アジア[地区]の沿岸ぞい各地航行する予定乗っ出帆が,テサロニケマケドニアアリスタルコ+わたしたち一緒あった。  そして日,わたしたちシドン上陸が,ユリウスパウロ人間ある親切もっ*扱い+,自分友人たちところ行っ世話受けること許可+  次そこから船出が,向かい風だっで,キプロス[の島陰]を帆走た。  それから,キリキアパンフリア沿大海航海し,ルキアミラ入港た。  しかし,そこでは,イタリア向け航行アレクサンドリア*+見つけ,わたしたちそれ乗せた。  それから,何ゆっくり帆走続け,やっとことクニドス着いが,風ためそれ以上進めなかっで,わたしたちサルモネところクレタ[の島陰]を帆走し,  やっとことその沿進んで,“良い港”と呼ばれる着いた。その近くラセアあった。  かなり経過し,すでに[贖罪+の]断食*過ぎて,もう航海すること危険なっで,パウロ勧告 10  こうた。「皆さん,わたしは,今から航海が,積み荷だけなく,わたしたち*とっ危害大きな損失伴うものます+」。 11  しかしながら,士は,パウロ述べることより,水先船主[のことば]に従うあった。 12  ところで,その過ごす不便あっで,大多数は,そこから出帆し,北東南東面し*クレタフォイニクスまで進み,そこで過ごせるどうか,何とかやっみるよう忠告た。 13  そのうえ,南穏やか吹いで,彼ら目的達し同然考え,錨上げクレタ海岸沿い進みはじめた。 14  ところが,それほどたたないうちに,ユーラクロン*れる暴風+激しい勢いそこ吹き下ろした。 15  船激しくあおら船首向けおくことできなくなり,わたしたち逆らうやめ流れる任せた。 16  やがてカウダいうさな島[の陰]を通っが,それでも船尾小舟+つなぎ留めるやっとあった。 17  しかし,それ揚げのち,彼ら補助用具使っ船[体]を縛りはじめた。それから,スルテス*[の砂州]に乗り上げる恐れ索具降ろし,こうただ吹き流されるままなった。 18  それでもなお,わたしたちあらし激しくもまで,明くる[日],彼ら船[荷]を軽くはじめ+ 19  そして[日]目は,手ずから装具投げ捨てた。 20  さて,幾あいだ太陽現われず,容易ならあらし+ずっ吹き荒れで,わたしたち救われる望みついにことごとく断たれるようなった。 21  そして,食取らないこと長く続いあと,パウロ彼ら真ん中立っ+,こう言った。「皆さん,ほんとうあなた方は,わたし忠告いれクレタから船出ず,こう危害損失被らないようするべきでし+ 22  でも,わたし,元気出すようあなた方勧めます。あなた方うちひとつ*失わず,ただが[失われる]だけだからです。 23  というのは,この,わたし属し,わたし神聖奉仕ささげいる*+み使い+わたし近く立ち, 24  『パウロよ,恐れることない。あなたカエサル立たならない+。そして,見よ,は,あなた航行いるあなた賜わった』と言いました。 25  ですから,皆さん,元気出しください。まさに自分告げられとおりなると,わたし信じいるです+ 26  それでも,わたしたちどこ+打ち上げられることなるでしょう」。 27  さて,十なり,わたしたちアドリア[の*]をあちらこちらもまいると,その真夜中水夫たちは,どこ陸地近づいいる感づくようなった。 28  そこで深さ測っみると,二十ひろ*あった。それから少し進んもう一度測っところ,そこ十五ひろあった。 29  それで,どこ乗り上げしまうこと恐れて,船尾から四つ投じ,夜明ける待ち望んだ。 30  ところが,水たちから逃げ出そし,へさきから下ろすよう見せかけ小舟降ろし時, 31  パウロ兵士たち言った,「あのたちとどまっなければ,あなた方助かりませ+」。 32  そこでたち断ち切っ小舟+そのまま落とした。 33  さて,明けがた近くなっ時,パウロみんな食べること勧めこう言った。「あなた方ずっ待ち構え今日十四ですが,その食事ず,自分ため食べません。 34  ですからわたしは,何食べるよう勧めます。これあなた方安全ためです。あなた方だれも,そのさえ+滅びることないです」。 35  こうから,彼パン取り,みんな感謝ささげ+,それ割い食べ始めた。 36  それみんな気づき,自分たち食べだした。 37  ところで,わたしたち*は,全部二百七十六*あった。 38  食満ち足りると,彼らに,小麦投げ込ん軽く+ 39  ようやく明け時,彼らそのどこある分からなかっが,浜辺ある認め,できれその浜辺乗り入れること+ 40  それで,彼断ち切っ海中落とし,同時に[二の]舵ろ留め綱解き,風前帆揚げから,その浜辺目ざし進んだ。 41  どの洗われる浅瀬行き当たっ時,彼らそこ乗り上げしまい,へさきめり込ん動かなくなり,船尾激しい勢い崩れはじめ+ 42  そこでたちは,囚人殺して,だれ泳い逃げることないようよう決意た。 43  しかしは,パウロ無事切り抜けさせたい思い,その考え思いとどまらた。そして,泳げるは,海飛び込ん向かうように, 44  またも,厚板つかまって[陸向かう]よう命令た。こうて,全員無事たどり着いある+

脚注

「士官」。または,「百隊長」。100兵士司令官。
字義,「人間愛情もって」。ギ語,フィラントローポース。
穀物船。
または,「すでに[秋の]断食も」。
または,「命」。
「北東南東面した」。または,「南西風,および北西そっ見る」。
「ユーラクロン」。ギ語,エウラキュローン; ラ語,エウロアクウィロ; 北東風。
アフリカ,リビア沿岸ある移動砂洲満ちた,二つ広く浅い湾。
または,「命」。
「わたし神聖奉仕ささげいる」。ギ語,ラトレウオー; エ17(ヘ語),アニー オーヴェード,「わたし仕える(崇拝する)」。出 3:12脚注参照。
当時は,今日アドリア海,イオニア海,そして,地中海シチリアクレタ部分含んた。
「ひろ」。ギ語,オルギュイアス。一ひろ一般4キュビト(約1.8㍍)とみなさいる。
または,「人」。
「二百七十六」,シナ写,古ラ訳諸写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; アレ写,「二百七十五」; バチ写,「約七十六」。WHギリシャὡς(ホース,「約」)に上側かっこ記号付けられ,欄外は「二百」を意味するギリシャディアコシアイ記さいる。明らかバチ写写字誤って,そのギリシャπλοίῳ(プロイオーイ)の語尾オーメガῳ(オーイ)と,200表わす後続文字シーグマς結び付けて,ギリシャὡς(ホース,「約」)としまっもの思われる。したがって,実際76なく,276なる。