内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 25:1‐27

25  こうフェストは,州*[の政務]に就い+に,カエサレアからエルサレム上っ+  すると,祭長,およびユダヤ主立っ人々が,パウロ攻める申し立て行なっ+。そう懇願はじめ,  [パウロ]ので,自分たち好意[の処置]とて,彼呼びやっエルサレム来さくれるよう求めた。道途中除き去るため伏兵置こある+  しかしフェストは,パウロカエサレアおくべきし,自分なくそこ出発するところ答えた。  「だから,そのならところあるなら,あなた方うち有力たちわたし一緒下って,彼訴えるよい+」と言った。  こうて,彼せいぜいない過ごしだけで,[フェスト]はカエサレア下り,次裁き着い+,パウロ連れ来るよう命令た。  彼到着すると,エルサレムから下っユダヤたちそのまわり立っ多く重大罪状述べ立て+,その証拠示すことできなかった。  一方,パウロ弁明こう言った。「ユダヤ対しも,神殿対し+,カエサル*対しも,わたし犯しませ+」。  フェストユダヤ歓心買お+,パウロ答え言った,「あなたエルサレム上り,そこでこれら関し,わたし裁き受けること願う+」。 10  しかしパウロた,「わたしカエサル裁き立っおり+,そこで裁かれるべきです。わたしユダヤ対し悪いことませ+。それあなたじゅうぶん知っおられるとおりです。 11  もしわたしほんとう行なう+,何価するようこと犯しあれ+,わたし言い訳免れようなどません。他方,これらの[人たち]がわたし訴える事柄どれ事実ないあれば,好意[の処置]とわたし彼ら引き渡すようことだれできません。わたしカエサル上訴ます+!」 12  そこでフェスト話し合っから,「あなたカエサル上訴た。カエサルもとあなた行かよう」と答えた。 13  さて,幾過ぎから,王アグリッパ*ベルニケ*が,フェスト儀礼訪問ためカエサレア到着た。 14  そうそこで過ごしで,フェストパウロこと持ち出して,こう言った。 「フェリクス囚人残しいっひとりますが, 15  わたしエルサレム,祭司ユダヤ年長たち*つい申し立て+,彼対する有罪判決求めました。 16  しかしわたしは,訴られ自分訴えたち+対面し,その告訴関し自分弁明機会与えられないうちに,好意[の処置]とその引き渡ししまうローマやり方ない,と彼ら答えおきました。 17  そのようわけで,彼ここ集まっ時,わたし少し猶予することなく,次裁き着いて,その連れ来るよう命令ました。 18  訴えるたち立ち上がりましが,わたし関し想像よう悪事罪状+挙げませでした。 19  彼ただ,神対する自分たち崇拝*関し+,また,死んに,生きいるパウロ主張つづけるイエスいう人物関し+,ある論争あるだけでした。 20  それで,こうめぐる論争困惑わたしは,エルサレム行って,そこでこれら事柄つい裁き受けどう尋ねまし+ 21  しかしパウロ+*よる判決受けるため自分留置ほしいと[申し出た]ので,わたしは,カエサルもと送るまで留置おくよう命令ました」。 22  ここアグリッパフェストに[言た],「わたしその男[の言うこと]を聞いたいものです+」。[フェスト]は,「明日,彼[の話]をお聞かせましょう」と言った。 23  こうて,次日,アグリッパベルニケ大そうもったいぶっ+素振りやって,軍司令*たち,また著名たち謁見入った。そして,フェスト命令出すと,パウロ連れられた。 24  そこでフェストた,「アグリッパ,ならびご同席すべて方々,あなた方ご覧なっいるこのは,ユダヤ大勢こぞって,エルサレム当地も,これ以上生かしおけない叫ん+,わたしところ訴えそのあります。 25  しかしわたしは,彼価するようこと犯しないこと見て取りまし+。それで,当人上訴+,わたし送ること決めました。 26  ところわたしは,彼ついて[わたしの]書き送ろも,これいっことありません。そのためわたしは,彼あなた方前,わけても,アグリッパよ,あなた連れ出しました。司法調査なさのち+,わたし書き送るべきことられるよう思っです。 27  というのは,囚送りながら,その罪状示さないは,道理合わないこと思えるからです」。

脚注

すなわち,ユダヤ州。カエサレア総督居住なった。
または,「皇帝」。
すなわち,ヘロデアグリッパ世。
ヘロデアグリッパ姉妹。しかし住んおり,近親相姦関係あった。
または,「長老たち」。ギ語,プレスビュテロイ。
「神対する……崇拝」。字義,「悪霊たち怖れ」。ギ語,デイシダイモニアス; ラ語,スペルスティティオーネ; エ17,18,「自分たち対する奉仕」。17:22脚注参照。
または,「アウグスツス; 皇帝」。ギ語,セバストゥー; ラ語,アウグスティー。最初この称号保持オクタウィアヌスから当たるネロカエサル称号。
字義,「千隊長」。