内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 24:1‐27

24  五後,大祭司アナニア+は,数年長*およびテルトロいう弁士伴っ下った。そして彼ら総督+対し,パウロ攻める申し立て行なっ+  彼呼ばれると,テルトロ訴え始めこう言った。 「あなたおかげわたしども大いに平和楽しみ+,またあなたご配慮よっこのに[数々の]改革なさおりますで,  フェリクス閣下+,わたしどもに,またいずれ場所おきましも,このない感謝気持ちそれ享受おります。  しかし,これ以上お邪魔しないために,あなたご厚意より,わたしども[の申し上げますこと]を少しお聞きくださるようお願いいたします。  と申しますは,わたしどもましところ,この疫病よう人物+,人住むほうぼういるユダヤすべて暴動+引き起こし,ナザレ一派*+先鋒*で,  神殿汚そまでです+,それわたしども捕らえました。 7 * ――  お取り調べなれば,わたしどもこの訴えるこう事柄すべてついて,ご自身知っいただけるはずございます」。  それユダヤたち攻撃加わり,これそのとおり主張た。 10  それパウロは,話すよう総督自分うなずい合図に,こう答えた。 「この国民多年わたりあなた審判頂いことよく知っおりますで,わたしは,弁明+ため自分関する事柄よろこんお話しいたします。 11  あなたお調べいただけることですが,わたし崇拝ため+エルサレム上っから十二しかたっおりません。 12  そして彼らは,わたし神殿+だれ議論たり,会堂どこ暴徒駆り立てたり+いるわけありません。 13  また彼らは,ただ今わたしつい訴えいる事柄を,あなた証明できるわけありませ+ 14  しかしわたしは,このことあなた認めます。彼らが『派』と呼ぶしたがい,そのやり方そって,自分父祖たち神聖奉仕ささげいる*+,ということです。それは,律法述べられいること+預言たち書かいることすべて信じいるからです。 15  そしてわたし対し希望+持っおりますが,その希望これらの[人たち]自身やはり抱いいるものあり,義者+不義+復活*+あるいうことです。 16  まさにこので,わたしは,もと犯しない自覚+持てるよう,絶え励んいるです。 17  こうて,わたしは,憐れみ施し自分国民に,そして捧げ物持っ来るため+,何ぶり到着ました。 18  わたしそう事柄携わっいるに,彼らは,わたし儀式清め神殿いる見つけまし+。ですわたし群衆一緒わけも,騒ぎ起こしわけありません。ところが,アジア[地区]からユダヤました。 19  そのたちは,何わたし責めることあるならば,あなた訴えるべきです+ 20  あるいは,わたしサンヘドリン立っどんな悪事見いだしか,ここいる[人たち]に自分述べいただきたい思います。 21  わたし彼ら立っ叫んこの一言,『死人復活関して,わたし今日あなた方裁かいるです+!』という発言関することだけです」。 22  しかしながら,フェリクス+この+関する事柄かなり正確知っで,彼ら待たせることし,「軍司令*ルシアス+下っときに,あなた方関する本件裁決することよう」と言った。 23  そして,士官*に,当人留置し,[拘禁を]いくぶん緩めるように,また,その仲間世話すること禁じないよう命じ+ 24  幾後,フェリクス+ユダヤ+あるドルシラ伴っやった。そしてパウロ呼びにやり,キリストイエス対する信念+つい彼[の話]を聴いた。 25  しかし,彼が,義+自制+来たるべき裁き+つい話すつれ,フェリクス怖れ感じ,「今ところもう下がっい。よいあったらまた呼ぶだろう」と答えた。 26  だが,同時パウロから+もらうこと望んある。そのためいよいよひんぱんに[パウロ]を呼びやっは,彼語り合うあっ+ 27  しかし,二経過時,ポルキオフェストフェリクス継いだ。だがフェリクスユダヤ歓心買お+,パウロつないままおいた。

脚注

または,「長老」。
「一派」。ギ語,ハイレセオース; ラ語,セクタエ。
または,「主指導者」。
パピ写74,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳6‐8から以下部分省いいるが,それは,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,アル訳よるとおり:「そして,わたしども律法したがって裁こいたしました。(7)しかし,軍司令ルシアス上って,大いなるわたしどもから奪い,(8)彼訴えるたちあなたもと来るように,と命じました」。
「わたしは……神聖奉仕ささげいる」。ギ語,ラトレウオー; エ17,18(ヘ語),アニー オーヴェード,「わたしは……仕えて(崇拝て)いる」。出 3:12脚注参照。
「復活」。ギ語,アナスタシン,「起き上がらせること; 立ち上がること」(「上へ」を意味するアナと「立つこと」を意味するスタシスから); ラ語,レスッレクティオーネム。
字義,「千隊長」。1,000兵士指揮官。
字義,「百隊長」。100兵士指揮官。