内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 22:1‐30

22  「皆さん,兄弟たち+たち,今,あなた方対するわたし弁明+聞いください」。  (さて,彼ヘブライ話しかけくる聞い+,人々いよいよ静かなった。そこで言った,)  「わたしユダヤ+で,キリキアタルソス生ままし+,この都市おいガマリエル+足下教育れ,先祖律法厳格+応じ教え受けおり,今日あなた方すべて同じよう対し熱心です+  そして,この[の者]を至らせるまで迫害+,男縛っ引き渡しまし+  このは,大祭司年長*全員+わたしこと証しできます。わたしこのたちからダマスカスいる兄弟たち手紙入れ+,そこいるたち罰するため,縛っエルサレム連れよう進んました。  「ところが,わたしダマスカスすぐ近く時,真昼ごろでしが,突然から強烈わたしまわり一帯ぱっと光り+  わたし地面倒れて,『サウロ,サウロ,なぜあなたわたし迫害いるか』と自分言う聞きまし+  わたしは,『よ,あなたどなたですか』と答えました。するとは,『わたしナザレイエス,あなた迫害いるです+』と言わました。  ところで,わたし一緒たち+は,光確かですが,わたし話しいる聞き取りませでし*+ 10  そこでわたしは,『よ,わたしどうたらよい*でしょ+』と言いました。わたしこう言わました。『起きて,ダマスカス入りなさい。そうすれば,あなた行なうよう定められいる事柄みな告げられるでしょ+』。 11  しかしわたしその輝きため見ることできなかっで,一緒たち引かダマスカス着きまし+ 12  「さて,律法かなっ敬虔で,そこ住むすべてユダヤから良い評判ある+アナニアいうが, 13  わたしところやっそば立ち,『サウロ,兄弟よ,再び視力なさい*+!』と言いました。まさにその時,わたし上げです。 14  彼こう言いました。『わたしたち父祖+は,そのご意志知り,義なる++,その聞くよう+あなたお選びなりまし+ 15  あなたは,自分見聞き事柄つき,すべて対しその証人なるからです+ 16  それ今,なぜためらうですか。立って,バプテスマ受け+,その呼び求め+あなた洗い去りなさい*+』。 17  「ところが,エルサレム帰っ+神殿祈りいると,わたしこうこつ状態なり*+ 18  そのわたしに,『急いで,早くエルサレムからなさい。彼らは,わたしついあなた証し同意ない+からです』と言っおられるました。 19  それわたしこう言いました。『よ,わたしから会堂まわり,あなた信じ頼っいるたち投獄たり+むち打ったりこと+を,彼ら自身よく知っます。 20  しかも,あなた証人ステファノ流さ+は,私そば立っそれ是認+,彼除き去ろいるたち外衣です』。 21  でもそのは,『行きなさい。わたしは,あなた遠く国民遣わすからです+』と言わました」。 22  さて,彼らこの言葉ところまでずっ彼[の話]を聴いが,ここ張り上げ言った,「こんな[男]は地上から除いしまえ。生きいる値うちなどなかっ+!」 23  そして,彼ら叫んだり,外衣振り回したり,塵空中ほうり上げたりする+ 24  軍司令*は,彼兵営連れ行くよう命じ,またむち打っ取り調べるよう言った。どんな理由人々向かっこのよう叫びたてる+十分知ろあった。 25  しかし,むち打ちために[兵士]たち彼[の手足]を伸ばし*時,パウロそこ立っいる士官*言った,「ローマ+有罪宣告受けないを,あなた方むち打っよいですか」。 26  すると,士官これ聞い司令ところ行き,「どうますか。このローマです」と報告た。 27  そこで,軍司令近づいて,彼言った,「わたし言いなさい。あなたローマ+」。彼は,「そうです」と言った。 28  それ対し司令言った,「わたし市民この権利*多額[の金]を出し買い取っだ」。パウロ言った,「わたし生まれながらに[それを]持っます+」。 29  そのため,拷問かけ取り調べようたちは,すぐから離れた。そして司令は,彼ローマあること+,また自分縛っことはっきり知って,恐れ抱いた。 30  そこで,次日,いったいなぜユダヤたちから訴えられいるか,確かこと知りたかっで,[軍司令官]は解き,祭司たちサンヘドリン集合命じた。そしてパウロ連れ行って,彼ら立た+

脚注

または,「長老会; 長老団」。ギ語,プレスビュテリオン。
または,「聞き分けませでした」,7パウロようは。
または,「どうなけれならない」。
または,「兄弟よ,見上げなさい」。
または,「バプテスマ受け,あなた洗い去り,その呼び求めなさい」。
「わたしこうこつ状態なり」,シナ写,アレ写,バチ写; エ13,14,17,22,「エホバみ手わたし臨み」; エ18,「エホバようわたし包み」。
字義,「千隊長」。1,000兵士指揮官。
または,「しかし,革ひもで[兵士]たち彼[の手足]を伸ばした」。
字義,「百隊長」。100兵士指揮官。
または,「わたしこの市民を」。