内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 21:1‐40

21  さて,わたしたち振り切るよう船出のち,コス直行し,次の[日]にロードスに,そしてそこからパタラに[着いた]。  ついで,フェニキア見つけ,それ乗っ出帆た。  キプロス[島+]が見えくると,それ通り過ぎ,シリア向かっ+帆走続け,ティルス上陸た。船そこで積み荷+降ろすことなっある。  わたしたちたち捜し当て,こことどまった。しかし彼らよっ+,エルサレム踏み入れないよう繰り返しパウロ告げるあった。  こう満ちると,わたしたちそこから旅立っが,彼ら子供ともどもに,みんなわたしたちまで見送っくれた。そして,浜辺ひざまずい+祈り,  互別れ告げから+,わたしたち乗り,彼ら自分帰った。  次わたしたちティルスから船旅終えプトレマイス着き,兄弟たちあいさつそのもと一日泊まった。  次日,そこカエサレア+着き,あのある福音宣明*フィリポ+入って,そのもと泊まった。  このが,処女あり,預言+ 10  しかし,わたしたちとどまっいるに,アガボ+いう預言ユダヤから下った。 11  そして,わたしたちところやって,パウロ腰帯取り,自分手足縛って,こう言った。「聖霊このよう言います。『この腰帯属するを,ユダヤエルサレムこのよう縛り+,諸国人々引き渡すあろ+』」。 12  さて,これて,わたしたちその場所たちも,エルサレム上らないよう懇願はじめ+ 13  するとパウロこうた。「あなた方泣いたり+わたし弱めたり+,何いるですか。わたしは,縛られることばかりか,イエスためエルサレム死ぬ覚悟さえできいるです+」。 14  彼どうして思いとどまらないで,わたしたちは,「エホバ*ご意志+なされるように」と言っ黙諾た。 15  さて,こう過ぎから,わたしたち支度て,エルサレム上ることなっ+ 16  しかし,カエサレアたち+一緒行っが,それは,わたしたち接待れることなっ人,初期弟子で,キプロスムナソンいうわたしたち連れ行くためあった。 17  わたしたちエルサレム+,兄弟たち喜ん迎えくれ+ 18  しかしそのくる[日],パウロわたしたち一緒ヤコブ+ところ行った。すると,年長たち*そこ* 19  そこで[パウロ]はあいさつ述べ,自分奉仕通し+国民行なわ事柄つい詳しく話しはじめ+ 20  それと,彼ら栄光たたえはじめ,それから[パウロ]にこう言った。「兄弟,あなた見るとおり,ユダヤ幾万信者ます。そして彼らみな対し熱心です+ 21  しかし,彼あなたついて,あなた国民いるすべてユダヤ対しモーセから背教*+説き,子供割礼+施すことも,[厳粛な]習慣したがって歩むことないよう告げいる,とうわさ聞います。 22  それで,このどうべきでしょか。いずれ彼らは,あなた到着こと聞くでしょう。 23  ですから,わたしたちげるこのことください。わたしたちところ誓約立てます。 24  このたち連れ行っ+一緒儀式清めし,その費用世話+,彼らそっもらえるようやりなさい+。こうすれだれが,あなたつい聞かさいるうわさの[根拠]もなく,あなた秩序正しく歩ん自ら守っいること知るでしょ+ 25  諸国民信者たちついは,偶像犠牲ささげられ+,ならび+絞め殺さもの*+,また淫行+から守っいるべきある決定下して,使い送っ*あるです」。 26  そこでパウロは,次そのたち連れ行っ一緒儀式清め+,それから神殿入った。彼らひとりひとりため+捧げ物+ささげるべき[日]まで満たすべき+,儀式清め期間通知するためあった。 27  さて,その+完了よう時,アジアからユダヤたちは,彼神殿いるて,全群衆混乱よう+,彼かけ 28  こうだ。「イスラエルたち,手伝っくれ! これは,いたるところで,すべてに,この+この場所逆らっこと教えるだ。そのうえ,ギリシャ神殿連れ込んで,このなる場所汚すことさえ+」。 29  これは,先エフェソストロフィモ+一緒市内いる人々からで,パウロ神殿連れ込んもの思っある。 30  そのため,市全体騒動なり+,民駆け寄った。そして彼らパウロ捕まえ神殿引きずり出し+。それからすぐ閉じられた。 31  こうが[パウロ]を殺そいるに,エルサレムじゅう混乱いる+知らせ部隊司令*ところ届いた。 32  それ直ちに兵士士官*たち連れ,彼らところ駆け下り+。軍司令+兵士たち見かけると,彼らパウロ打ちたたくやめた。 33  軍司令すぐ近づい捕まえ,二縛るよう命令+。そして,彼どういうか,また尋ねた。 34  しかし,群あるこのことを,ほかこと叫び立てるあっ+。それで,騒がしさため自分確かこと分からないで,彼は[パウロ]を兵営連れ行くよう命令+ 35  しかし,彼階段差しかかると,群衆暴行ため,兵士たち担が行かならないほどなった。 36  大が,「彼除いしまえ*+!」と叫びながら,あと付いからある。 37  さて,兵引き入れられよう時,パウロ司令言った,「少しお話しよいでしょか」。彼言った,「お前ギリシャ話せるか。 38  まさかお前は,先ごろ暴動起こし+,短剣[を持っ*]四千荒野連れ出しあのエジプトないだろな」。 39  そこでパウロた,「わたし実際ユダヤ+で,キリキアタルソス+,れっきと都市市民です。ですから,お願います,民話すこと許可ください」。 40  彼許可与えると,パウロ階段立ち,民向かっ振っ合図+。すっかり静かなっ時,彼ヘブライ+話しかけこう言った。

脚注

「福音宣明者」。または,「宣教者」。ギ語,エウアンゲリストゥー; ラ語,エーウァンゲリスタエ。
付録1ニ参照。
または,「長老たち」。
または,「そこた」。
「背教」。ギ語,アポスタシアン(「離れ立つ」という動詞アフィステーミから派生)。この名詞遺棄,放棄,もしくは反逆いう意味ある。ヨシュ 22:22;二 29:19; テサ二 2:3参照。
「絞め殺さもの」。または,「血流し出さ殺しもの」。
「使い送って」,バチ写,ベザ写; パピ写74,シナ写,アレ写,ウル訳,「書き送って」。
「司令官」。字義,「千隊長」。1,000兵士指揮官。
字義,「百隊長」。100兵士指揮する士官。
または,「彼殺ししまえ」。
「短剣[を持った]」。字義,「刺客[の]; 暗殺者[の]」。ギ語,シカリオーン。