内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 20:1‐38

20  さて,騒動​が​収まっ​た​のち,パウロ​は​弟子​たち​を​呼び​に​やっ​た。そして​彼ら​を​励まし,また​別れ​を​告げ​て​から+,マケドニア​へ​旅立っ​た+  そこ​の​各地​を​通っ​て​その​地​の​者​たち​を​多く​の​言葉​で​励まし​た​+のち,彼​は​ギリシャ​に​入っ​た。  そして,そこで​三​か月​過ごし​た​が,シリア​に​向け​て​出帆​し​よう​と​し​て​い​た​やさき,彼​に​対する​ユダヤ​人​たち​の​陰謀​+が​巡らさ​れ​た​の​で,彼​は​マケドニア​を​通っ​て​帰る​こと​に​決め​た。  ベレア​の​プロ​の​子​ソパテロ+,テサロニケ​人​の​アリスタルコ​+と​セクンド,デルベ​の​ガイオ,テモテ+,アジア[地区]から​は​テキコ​+と​トロフィモ​+が​彼​に​同行​し​て​い​た。  これら​の​者​は​進ん​で​行っ​て​トロアス​+で​わたしたち​を​待っ​て​い​た​が,  わたしたち​は​無​酵母​パン​の​期間​+の​あと​フィリピ​から​船出​し,五​日​以内​に​トロアス​+に​いる​彼ら​の​ところ​に​来​た。そして,ここ​で​七​日​過ごし​た。  週​の​最初​の​日+,わたしたち​が​食事​を​する​*ため​に​集まっ​て​い​た​時,パウロ​は,次​の​日​に​は​出発​する​こと​に​なっ​て​い​た​の​で,彼ら​に​対し​て​講話​を​始め​た。そして​話​は​長く​なっ​て​真夜中​に​まで​及ん​だ。  その​ため,わたしたち​の​集まっ​て​い​た​階上​の​間​+に​は​かなり​の​数​の​ともしび​が​つい​て​い​た。  ユテコ​と​いう​名​の​若者​は​窓​の​ところ​に​座っ​て​い​た​が,パウロ​が​ずっ​と​話し​て​いる​間​に​深く​眠っ​て​しまい,眠っ​た​まま​転げ​て​三​階​から​落ち,抱き起こし​て​みる​と​死ん​で​い​た。 10  しかし​パウロ​は​階下​に​降り,彼​の​上​に​伏し​て​+抱きかかえ,「騒ぎ立てる​の​は​やめ​なさい。彼​の​魂​*は​彼​の​内​に​ある+」と​言っ​た。 11  それ​から​彼​は​階上​に​行き,食事​を​始め​て​*食べ,かなり​の​あいだ​語り合っ​て​夜明け​に​及び,こう​し​て​ようやく​出発​し​た。 12  そこで,彼ら​は​生き[返っ​]た​少年​を​連れ​て​行き,一方​なら​ぬ​慰め​を​得​た。 13  さて,わたしたち​は​先​に​船​に​行き,アソス​に​向け​て​船出​し​た。わたしたち​は​そこで​パウロ​を​乗せる​こと​に​し​て​い​た。彼​は​そういう​指示​を​与え​て,自分​は​徒歩​で​行こ​う​と​し​て​い​た​から​で​ある。 14  こう​し​て​彼​が​アソス​で​わたしたち​に​追いつい​た​時,わたしたち​は​彼​を​乗せ​て​ミテレネ​に​行っ​た。 15  そして,翌日​そこ​から​出帆​し​て​キオス​の​向かい​側​に​着い​た​が,次​の​日​に​は​サモス​に​立ち寄り,その​明くる​日​ミレトス​に​着い​た。 16  パウロ​は,エフェソス​+に​寄ら​ず​に​帆走​し​よう​と​決め​て​い​た​の​で​ある。それ​は,アジア[地区]では​少し​も​時間​を​費やさ​ない​よう​に​する​ため​で​あっ​た。できる​なら​ば​ペンテコステ[の​祭り]の​日​に​エルサレム​に​着ける​よう​に​と​+急い​で​い​た​の​で​ある。 17  しかしながら,彼​は​ミレトス​から​人​を​エフェソス​に​送っ​て​会衆​の​年長​者​たち​*+を​呼ん​だ。 18  彼ら​が​自分​の​ところ​に​着い​た​時,[パウロ]は​こう​言っ​た。「アジア[地区+]に​足​を​踏み入れ​た​最初​の​日​から​わたし​が​どの​よう​に​あなた方​と​終始​一緒​に​い​た​か+,あなた方​は​よく​知っ​て​い​ます。 19  へりくだっ​た​思い​を​尽くし+,涙​と​ユダヤ​人​たち​の​陰謀​+に​よっ​て​わたし​に​降り懸かる​試練​の​中​で,​の​ため​に​奴隷​と​し​て​仕え​+まし​た。 20  同時​に​わたし​は,何​で​も​益​に​なる​こと​を​あなた方​に​話し,また​公​に​も​家​から​家​に​も​*+あなた方​を​教える​こと​を​差し控え​たり​は​し​ませ​ん​でし​た+ 21  むしろ,​に​対する​悔い改め​+と​わたしたち​の​​イエス​へ​の​信仰​に​つい​て,ユダヤ​人​に​も​ギリシャ​人​に​も​徹底​的​に​証し​を​し​た​の​です+ 22  そして​今,ご覧​なさい,霊​+に​縛ら​れ​て​わたし​は​エルサレム​に​旅​を​し​て​い​ます​が,そこで​自分​に​起きる​事柄​を​知り​ませ​ん。 23  ただ,どの​都市​に​おい​て​も,聖霊​+が​繰り返し​わたし​に​証し​を​し,なわめ​と​患難​と​が​待っ​て​いる​こと​を​述べる​の​です+ 24  でも​やはり,自分​の​行程​+と,​イエス​から​受け​た​+奉仕​の​務め+,すなわち​​の​過分​の​ご親切​+に​関する​良い​たより​に​つい​て​徹底​的​に​証し​する​こと​と​を​全うでき​さえ​すれ​ば,わたし​は​自分​の​魂​*を​少し​も​惜しい​と​は​思い​ませ​ん+ 25  「そして​今,ご覧​なさい,わたし​が​王国​*を​宣べ伝え​て​*まわっ​た​あなた方​すべて​が,もう​わたし​の​顔​を​見​ない​こと​を,わたし​は​知っ​て​い​ます。 26  ですから,今日​この​日​に,わたし​が​すべて​の​人​の​血​に​つい​て​潔白​で​ある​こと​+に​関し​て,あなた方​に​証人​と​なっ​て​もらい​ます。 27  わたし​は​何一つ​差し控える​こと​なく,​の​み旨​を​ことごとく​+あなた方​に​伝え​た​から​です。 28  あなた方​自身​+と​群れ​の​すべて​+に​注意​を​払い​なさい+。[]が​ご自身​の[み]の​血​*+を​もっ​て​買い取ら​れ​た​*の​会衆​を​牧さ​せる​ため+,聖霊​が​あなた方​を​その[群れ​の]中​に​監督​*+と​し​て​任命​し​た​の​です。 29  わたし​が​去っ​た​後​に,圧制​的​な​おおかみ​+が​あなた方​の​中​に​入っ​て​群れ​を​優しく​扱わ​ない​こと​を,わたし​は​知っ​て​い​ます。 30  そして,あなた方​自身​の​中​から​も,弟子​たち​を​引き離し​て​自分​に​つか​せ​よう​と​し​て​+曲がっ​た​事柄​を​言う​者​たち​が​起こる​でしょ​う+ 31  「ですから,目ざめ​て​い​なさい。そして,三​年​の​間+,わたし​が​夜​も​昼​も,涙​を​もっ​て​ひとりひとり​を​訓戒​し​つづけ​た​こと​+を​覚え​て​い​なさい。 32  そして​今,わたし​は​あなた方​を​*と​その​過分​の​ご親切​の​言葉​に​ゆだね​ます+。その[ことば]は​あなた方​を​築き上げ+,神聖​に​され​た​者​たち​すべて​の​間​の​相続​財産​を​あなた方​に​与えうる​の​です+ 33  わたし​は​だれ​の​銀​も​金​も​着衣​も​貪っ​た​こと​は​あり​ませ​ん+ 34  この​手​が,わたし​の,そして​わたし​と​共​に​いる​者​たち​の​必要​の​ため​に​働い​た​こと​+を,あなた方​自身​が​知っ​て​い​ます。 35  わたし​は,この​よう​に​労苦​し​て​+弱い​者​たち​を​援助​し​なけれ​ば​なら​ない​こと+,また,​イエス​ご自身​の​言わ​れ​た,『受ける​より​与える​+ほう​が​幸福​で​ある』と​の​言葉​を​覚え​て​おか​なけれ​ば​なら​ない​こと​を,すべて​の​点​で​あなた方​に​示し​た​の​です」。 36  そして,こう​言っ​て​から,[パウロ]は​みんな​と​共​に​ひざまずい​て​+祈っ​た。 37  実際,すべて​の​者​は​少なからず​泣き,パウロ​の​首​を​抱い​て​+優しく​口づけ​し​た+ 38  自分​の​顔​+を​もう​見​ない​で​あろ​う​と​語っ​た[パウロ]の​言葉​に,彼ら​は​ひときわ[胸​を]痛め​た​の​で​ある。そう​し​て​みんな​は[パウロ]を​船​まで​送っ​て​行っ​た+

脚注

字義,「パン​を​割く」。
または,「命」。付録4イ参照。
字義,「パン​を​割い​て​から」。
「年長​者​たち」。または,「長老​たち」。ギ語,プレスビュテルース。
「家​から​家​に​も」。または,「個人​の​家々​で​も」。字義,「また​家​ごと​に」。ギ語,カト オイクース。ここ​で「カタ」は​対格​複数​形​を​伴い,配分​的​な​意味​で​用い​られ​て​いる。5:42,「家​へ​と」の​脚注​と​比較。
または,「命」。
「王国」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳​,「神​の​王国」; エ17,「エホバ​の​王国」。
「宣べ伝え​て」。または,「布告​し​て」。ギ語,ケーリュッソーン; ラ語,プラエディカーンス。ダニ 5:29,「布告​し​た」の​脚注​と​比較。
「ご自身​の[み子]の​血」に​つい​て​は,付録6ハ参照。
「神」,シナ写,バチ写,ウル訳; アレ写,ベザ写,「主」。
「監督」。ギ語,エピスコプース(複); エ17(ヘ語),リフキーディーム,「監督​たち​と​し​て」。ネヘ 11:9の​脚注​参照。
「神」,シナ写,アレ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳​,エ8,17,18,22; バチ写,「主」。