内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 20:1-38

20  さて,騒動が収まったのち,パウロは弟子たちを呼びにやった。そして彼らを励まし,また別れを告げてから+,マケドニアへ旅立った+  そこの各地を通ってその地の者たちを多くの言葉で励ました+のち,彼はギリシャに入った。  そして,そこで三か月過ごしたが,シリアに向けて出帆しようとしていたやさき,彼に対するユダヤ人たちの陰謀+が巡らされたので,彼はマケドニアを通って帰ることに決めた。  ベレアのプロの子ソパテロ+,テサロニケ人のアリスタルコ+とセクンド,デルベのガイオ,テモテ+,アジア[地区]からはテキコ+とトロフィモ+が彼に同行していた。  これらの者は進んで行ってトロアス+でわたしたちを待っていたが,  わたしたちは無酵母パンの期間+のあとフィリピから船出し,五日以内にトロアス+にいる彼らのところに来た。そして,ここで七日過ごした。  週の最初の日+,わたしたちが食事をする*ために集まっていた時,パウロは,次の日には出発することになっていたので,彼らに対して講話を始めた。そして話は長くなって真夜中にまで及んだ。  そのため,わたしたちの集まっていた階上の間+にはかなりの数のともしびがついていた。  ユテコという名の若者は窓のところに座っていたが,パウロがずっと話している間に深く眠ってしまい,眠ったまま転げて三階から落ち,抱き起こしてみると死んでいた。 10  しかしパウロは階下に降り,彼の上に伏して+抱きかかえ,「騒ぎ立てるのはやめなさい。彼の魂*は彼の内にある+」と言った。 11  それから彼は階上に行き,食事を始めて*食べ,かなりのあいだ語り合って夜明けに及び,こうしてようやく出発した。 12  そこで,彼らは生き[返っ]た少年を連れて行き,一方ならぬ慰めを得た。 13  さて,わたしたちは先に船に行き,アソスに向けて船出した。わたしたちはそこでパウロを乗せることにしていた。彼はそういう指示を与えて,自分は徒歩で行こうとしていたからである。 14  こうして彼がアソスでわたしたちに追いついた時,わたしたちは彼を乗せてミテレネに行った。 15  そして,翌日そこから出帆してキオスの向かい側に着いたが,次の日にはサモスに立ち寄り,その明くる日ミレトスに着いた。 16  パウロは,エフェソス+に寄らずに帆走しようと決めていたのである。それは,アジア[地区]では少しも時間を費やさないようにするためであった。できるならばペンテコステ[の祭り]の日にエルサレムに着けるようにと+急いでいたのである。 17  しかしながら,彼はミレトスから人をエフェソスに送って会衆の年長者たち*+を呼んだ。 18  彼らが自分のところに着いた時,[パウロ]はこう言った。「アジア[地区+]に足を踏み入れた最初の日からわたしがどのようにあなた方と終始一緒にいたか+,あなた方はよく知っています。 19  へりくだった思いを尽くし+,涙とユダヤ人たちの陰謀+によってわたしに降り懸かる試練の中で,のために奴隷として仕え+ました。 20  同時にわたしは,何でも益になることをあなた方に話し,また公にも家から家にも*+あなた方を教えることを差し控えたりはしませんでした+ 21  むしろ,に対する悔い改め+とわたしたちのイエスへの信仰について,ユダヤ人にもギリシャ人にも徹底的に証しをしたのです+ 22  そして今,ご覧なさい,霊+に縛られてわたしはエルサレムに旅をしていますが,そこで自分に起きる事柄を知りません。 23  ただ,どの都市においても,聖霊+が繰り返しわたしに証しをし,なわめと患難とが待っていることを述べるのです+ 24  でもやはり,自分の行程+と,イエスから受けた+奉仕の務め+,すなわちの過分のご親切+に関する良いたよりについて徹底的に証しすることとを全うできさえすれば,わたしは自分の魂*を少しも惜しいとは思いません+ 25  「そして今,ご覧なさい,わたしが王国*を宣べ伝えて*まわったあなた方すべてが,もうわたしの顔を見ないことを,わたしは知っています。 26  ですから,今日この日に,わたしがすべての人の血について潔白であること+に関して,あなた方に証人となってもらいます。 27  わたしは何一つ差し控えることなく,のみ旨をことごとく+あなた方に伝えたからです。 28  あなた方自身+と群れのすべて+に注意を払いなさい+。[]がご自身の[み]の血*+をもって買い取られた*の会衆を牧させるため+,聖霊があなた方をその[群れの]中に監督*+として任命したのです。 29  わたしが去った後に,圧制的なおおかみ+があなた方の中に入って群れを優しく扱わないことを,わたしは知っています。 30  そして,あなた方自身の中からも,弟子たちを引き離して自分につかせようとして+曲がった事柄を言う者たちが起こるでしょう+ 31  「ですから,目ざめていなさい。そして,三年の間+,わたしが夜も昼も,涙をもってひとりひとりを訓戒しつづけたこと+を覚えていなさい。 32  そして今,わたしはあなた方を*とその過分のご親切の言葉にゆだねます+。その[ことば]はあなた方を築き上げ+,神聖にされた者たちすべての間の相続財産をあなた方に与えうるのです+ 33  わたしはだれの銀も金も着衣も貪ったことはありません+ 34  この手が,わたしの,そしてわたしと共にいる者たちの必要のために働いたこと+を,あなた方自身が知っています。 35  わたしは,このように労苦して+弱い者たちを援助しなければならないこと+,また,イエスご自身の言われた,『受けるより与える+ほうが幸福である』との言葉を覚えておかなければならないことを,すべての点であなた方に示したのです」。 36  そして,こう言ってから,[パウロ]はみんなと共にひざまずいて+祈った。 37  実際,すべての者は少なからず泣き,パウロの首を抱いて+優しく口づけした+ 38  自分の顔+をもう見ないであろうと語った[パウロ]の言葉に,彼らはひときわ[胸を]痛めたのである。そうしてみんなは[パウロ]を船まで送って行った+

脚注

字義,「パン割く」。
または,「命」。付録4イ参照。
字義,「パン割いから」。
「年長たち」。または,「長老たち」。ギ語,プレスビュテルース。
「家からも」。または,「個人家々も」。字義,「またごとに」。ギ語,カト オイクース。ここで「カタ」は対格複数伴い,配分意味用いられいる。5:42,「家と」の脚注比較。
または,「命」。
「王国」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳,「神王国」; エ17,「エホバ王国」。
「宣べ伝えて」。または,「布告て」。ギ語,ケーリュッソーン; ラ語,プラエディカーンス。ダニ 5:29,「布告た」の脚注比較。
「ご自身の[み子]の血」についは,付録6ハ参照。
「神」,シナ写,バチ写,ウル訳; アレ写,ベザ写,「主」。
「監督」。ギ語,エピスコプース(複); エ17(ヘ語),リフキーディーム,「監督たちて」。ネヘ 11:9脚注参照。
「神」,シナ写,アレ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳,エ8,17,18,22; バチ写,「主」。