内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 20:1‐38

20  さて,騒動収まっのち,パウロ弟子たち呼びやった。そして彼ら励まし,また別れ告げから+,マケドニア旅立っ+  そこ各地通っそのたち多く言葉励まし+のち,彼ギリシャ入った。  そして,そこでか月過ごしが,シリア向け出帆ようやさき,彼対するユダヤたち陰謀+巡らさで,彼マケドニア通っ帰ること決めた。  ベレアプロソパテロ+,テサロニケアリスタルコ+セクンド,デルベガイオ,テモテ+,アジア[地区]からテキコ+トロフィモ+同行た。  これら進ん行っトロアス+わたしたち待っが,  わたしたち酵母パン期間+あとフィリピから船出し,五以内トロアス+いる彼らところた。そして,ここ過ごした。  週最初+,わたしたち食事する*ため集まっ時,パウロは,次出発することなっで,彼ら対し講話始めた。そして長くなっ真夜中まで及んだ。  そのため,わたしたち集まっ階上+かなりともしびついた。  ユテコいう若者ところ座っが,パウロずっ話しいる深く眠っしまい,眠っまま転げから落ち,抱き起こしみる死んた。 10  しかしパウロ階下降り,彼伏し+抱きかかえ,「騒ぎ立てるやめなさい。彼*ある+」と言った。 11  それから階上行き,食事始め*食べ,かなりあいだ語り合っ夜明け及び,こうようやく出発た。 12  そこで,彼ら生き[返っ]た少年連れ行き,一方なら慰めた。 13  さて,わたしたち行き,アソス向け船出た。わたしたちそこでパウロ乗せることた。彼そういう指示与えて,自分徒歩行こからある。 14  こうアソスわたしたち追いつい時,わたしたち乗せミテレネ行った。 15  そして,翌日そこから出帆キオス向かい着いが,次サモス立ち寄り,その明くるミレトス着いた。 16  パウロは,エフェソス+寄ら帆走よう決めある。それは,アジア[地区]では少し時間費やさないようするためあった。できるならペンテコステ[の祭り]のエルサレム着けるよう+急いある。 17  しかしながら,彼ミレトスからエフェソス送っ会衆年長たち*+呼んだ。 18  彼ら自分ところ着い時,[パウロ]はこう言った。「アジア[地区+]に踏み入れ最初からわたしどのようあなた方終始一緒+,あなた方よく知っます。 19  へりくだっ思い尽くし+,涙ユダヤたち陰謀+よっわたし降り懸かる試練で,ため奴隷仕え+ました。 20  同時わたしは,何なることあなた方話し,またから*+あなた方教えること差し控えたりませでし+ 21  むしろ,対する悔い改め+わたしたちイエス信仰ついて,ユダヤギリシャ徹底証しです+ 22  そして今,ご覧なさい,霊+縛らわたしエルサレムますが,そこで自分起きる事柄知りません。 23  ただ,どの都市おいも,聖霊+繰り返しわたし証しし,なわめ患難待っいること述べるです+ 24  でもやはり,自分行程+と,イエスから受け+奉仕務め+,すなわち過分ご親切+関する良いたよりつい徹底証しすること全うできさえすれば,わたし自分*少し惜しい思いませ+ 25  「そして今,ご覧なさい,わたし王国*宣べ伝え*まわっあなた方すべてが,もうわたしないことを,わたし知っます。 26  ですから,今日このに,わたしすべてつい潔白あること+関して,あなた方証人なっもらいます。 27  わたし何一つ差し控えることなく,み旨ことごとく+あなた方伝えからです。 28  あなた方自身+群れすべて+注意払いなさい+。[]がご自身の[み]の*+もっ買い取ら*会衆牧させるため+,聖霊あなた方その[群れの]中監督*+任命です。 29  わたし去っに,圧制おおかみ+あなた方入っ群れ優しく扱わないことを,わたし知っます。 30  そして,あなた方自身からも,弟子たち引き離し自分つかよう+曲がっ事柄言うたち起こるでしょ+ 31  「ですから,目ざめなさい。そして,三+,わたしも,涙もっひとりひとり訓戒つづけこと+覚えなさい。 32  そして今,わたしあなた方*その過分ご親切言葉ゆだねます+。その[ことば]はあなた方築き上げ+,神聖されたちすべて相続財産あなた方与えうるです+ 33  わたしだれ着衣貪っことありませ+ 34  このが,わたしの,そしてわたしいるたち必要ため働いこと+を,あなた方自身知っます。 35  わたしは,このよう労苦+弱いたち援助なけれならないこと+,また,イエスご自身言わた,『受けるより与える+ほう幸福ある』と言葉覚えおかなけれならないことを,すべてあなた方示しです」。 36  そして,こう言っから,[パウロ]はみんなひざまずい+祈った。 37  実際,すべて少なからず泣き,パウロ抱い+優しく口づけ+ 38  自分+もうないあろ語った[パウロ]の言葉に,彼らひときわ[胸を]痛めある。そうみんなは[パウロ]をまで送っ行っ+

脚注

字義,「パン割く」。
または,「命」。付録4イ参照。
字義,「パン割いから」。
「年長たち」。または,「長老たち」。ギ語,プレスビュテルース。
「家からも」。または,「個人家々も」。字義,「またごとに」。ギ語,カト オイクース。ここで「カタ」は対格複数伴い,配分意味用いられいる。5:42,「家と」の脚注比較。
または,「命」。
「王国」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳,「神王国」; エ17,「エホバ王国」。
「宣べ伝えて」。または,「布告て」。ギ語,ケーリュッソーン; ラ語,プラエディカーンス。ダニ 5:29,「布告た」の脚注比較。
「ご自身の[み子]の血」についは,付録6ハ参照。
「神」,シナ写,バチ写,ウル訳; アレ写,ベザ写,「主」。
「監督」。ギ語,エピスコプース(複); エ17(ヘ語),リフキーディーム,「監督たちて」。ネヘ 11:9脚注参照。
「神」,シナ写,アレ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳,エ8,17,18,22; バチ写,「主」。