内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 2:1‐47

2  さて,ペンテコステ​+の[祭り​の]日​が​進行​し​て​い​た​時,彼ら​は​皆​一緒​に​同じ​場所​に​い​た。  すると​突然,激しい​風​の​吹きつける​よう​な​物音​が​天​から​起こり,彼ら​の​座っ​て​いる​家​全体​を​満たし​た+  そして,さながら​火​の​よう​な​舌​+が​彼ら​に​見える​よう​に​なっ​て​あちら​こちら​に​配ら​れ,彼ら​各々​の​上​に​一つ​ずつ​とどまり,  彼ら​は​みな​聖霊​に​満たさ​れ+,霊​が​語ら​せる​まま​に​異なっ​た​国語​+で​話し​始め​た​の​で​ある。  ところで,エルサレム​に​は,天下​の​あらゆる​国​から​来​た​ユダヤ​人​+で,敬虔​な​人々​+が​住ん​で​い​た。  そして,この​音​が​起こっ​た​時,大勢​の​人​が​共​に​やっ​て​来​て,あっけ​に​取ら​れ​て​しまっ​た。彼ら​が​自分​の​言語​で​話​し​て​いる​の​を​めいめい​が​聞い​た​から​で​ある。  実際,彼ら​は​非常​に​驚き,不思議​がっ​て​言いだし​た,「まあ,見​なさい,話し​て​いる​この​人​たち​は​皆​ガリラヤ​人​+で​は​ない​か。  それなのに,わたしたち​が​それぞれ​自分​の​生ま​れ​た[国​の]言語​を​聞く​と​は​どうして​な​の​か。  パルチア​人,メディア​人+,エラム​人+,そして,メソポタミア,また​ユダヤ​+と​カパドキア+,ポントス​+と​アジア[地区+], 10  それ​に​フリギア​+と​パンフリア+,エジプト,そして​キレネ​の​ほう​に​ある​リビア​各地​の​住民,また​ローマ​から​来​て​とう留​し​て​いる​者​で,ユダヤ​人​も​改宗​者​*+も​おり, 11  [また]クレタ​人​+や​アラビア​人​+な​の​に,その​わたしたち​が,神​の​壮大​な​事柄​に​つい​て​彼ら​が​わたしたち​の​国語​で​話す​の​を​聞い​て​いる​の​だ」。 12  確か​に,彼ら​は​みな​非常​に​驚き,また​当惑​し​て,「これ​は​どういう​こと​な​の​か」と​互い​に​言い合っ​た。 13  しかし,ほか​の​者​たち​は​彼ら​を​あざけっ​て,「甘い​ぶどう​酒​に​満たさ​れ​て​いる​の​だ+」と​言いだし​た。 14  しかし​ペテロ​は​十一​人​の​者​+と​一緒​に​立ち上がり,声​を​上げ​て​彼ら​に​こう​発言​し​た。「ユダヤ​の​皆さん,そして​エルサレム​の​住民​の​すべて​の​方​たち+,この​こと​を​知っ​て​ください。わたし​の​言う​こと​に​耳​を​向け​て​ください。 15  実際​に,この[人​たち]は,あなた方​が​思う​よう​に​酔っ​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん+。今​は​昼間​の​第​三​時​*な​の​です。 16  それどころか,これ​は​預言​者​ヨエル​を​通し​て​言わ​れ​た​事柄​です。 17  『神​は​言わ​れる,「そして​終わり​の​日​に,わたし​は​自分​の​霊​*の​幾らか​を​あらゆる​たぐい​の​肉​なる​者​の​上​に​*注ぎ出し+,あなた方​の​息子​や​娘​たち​は​預言​し,あなた方​の​若者​たち​は​幻​を​見,老人​たち​*は​夢​を​見る​で​あろ​う+ 18  そして,わたし​の​男​奴隷​の​上​に​も,女​奴隷​の​上​に​も,わたし​は​その​日​に​自分​の​霊​を​注ぎ出し,彼ら​は​預言​する​で​あろ​う+ 19  また​わたし​は,上​は​天​に​異兆​を,下​は​地​に​しるし​を,血​と​火​と​煙​の​霧​と​を​与える+ 20  エホバ​*の​大いなる​輝かしい​日​が​到来​する​前​に+,太陽​+は​闇​に,月​は​血​に​変わる​で​あろ​う。 21  そして,エホバ​*の​名​を​呼び求める​者​は​みな​救わ​れる​で​あろ​う+」』。 22  「イスラエル​の​皆さん,この​言葉​を​聞い​て​ください。ナザレ​人​イエス+,それ​は,あなた方​も​知っ​て​いる​とおり,神​が​その​人​を​通し​て​あなた方​の​ただ中​で​行なわ​れ​た​+強力​な​業​+と​異兆​と​しるし​に​より,神​に​よっ​て​あなた方​に​公​に​示さ​れ​た​人​です​が, 23  あなた方​は​この[人],すなわち​神​の​定まっ​た​み旨​と​予知​と​に​よっ​て​引き渡さ​れ​た​方​+を,不法​な​人々​の​手​に​より​杭​に​打ち付け​て​除き去り​まし​た+ 24  しかし​神​は,死​の​苦しみ​を​解い​て​+この​方​を​復活​さ​せ​まし​た+。この​方​が​それ​に​堅く​閉ざさ​れ​た​まま​で​いる​こと​は​でき​なかっ​た​から​です+ 25  ダビデ​も​この​方​に​つい​て​こう​言っ​て​い​ます。『わたし​は​エホバ​*を​絶え​ず​自分​の​目​の​前​に​見​た。わたし​が​揺り動かさ​れる​こと​が​ない​よう​わたし​の​右​に​い​て​くださる​から​で​ある+ 26  このゆえに​わたし​の​心​は​楽しく​なり,わたし​の​舌​は​大いに​歓ん​だ。その​上,わたし​の​肉体​まで​が​希望​の​うち​に​住まう​で​あろ​う+ 27  あなた​は​わたし​の​魂​を​ハデス​*に​捨て置か​れ​ず,あなた​の​忠節​な​者​が​腐れ​を​見る​こと​も​お許し​に​なら​ない​から​で​ある+ 28  あなた​は​命​の​道​を​わたし​に​知らせ​て​くださっ​た。あなた​は​み顔​を​もっ​て​わたし​を​楽しさ​で​満たし​て​くださる​で​あろ​う+』。 29  「皆さん,兄弟​たち,家長​ダビデ​に​つい​て​は,彼​が​死​に+,かつ​葬ら​れ,その​墓​が​今日​まで​わたしたち​の​中​に​ある​こと​を,あなた方​に​はばから​ず​に​言う​こと​が​でき​ます。 30  したがって,彼​は​預言​者​で​あり,その​腰​の​実​の​一​人​を​*彼​の​王座​に​着か​せる​と,神​*が​誓言​を​もっ​て​誓っ​て​くださっ​た​こと​を​知っ​て​い​た​の​で+ 31  キリスト​の​復活​を​先見​し,それ​に​つい​て,彼​が​ハデス​に​見捨て​られ​ず,その​肉体​が​腐れ​を​見る​こと​も​ない​と​語っ​た​の​です+ 32  この​イエス​を​神​は​復活​さ​せ​た​の​で​あり,わたしたち​は​皆​その​事​の​証人​です+ 33  それで,この​方​は​神​の​右​に​*高め​られ+,約束​の​聖霊​を​父​から​受け​た​の​で+,この,あなた方​の​見聞き​する​もの​を​注ぎ出さ​れ​た​の​です。 34  実際​ダビデ​は​天​に​上り​ませ​ん​でし​た​が+,自ら​こう​言っ​て​い​ます。『エホバ​*は​わたし​の​主​に​言わ​れ​た,「わたし​の​右​に​座っ​て​い​なさい+ 35  わたし​が​あなた​の​敵​を​あなた​の​足台​と​し​て​据える​まで​は+」』。 36  ですから,イスラエル​の​全家​は,神​が​この​方​を,あなた方​が​杭​に​つけ​た​*+この​イエス​を,主​+と​も,キリスト​と​も​され​た​こと​を​はっきり​と​知っ​て​ください」。 37  さて,これ​を​聞く​と,彼ら​は​心​を​刺され+,ペテロ​や​ほか​の​使徒​たち​に​言っ​た,「皆さん,兄弟​たち,わたしたち​は​どう​し​たら​よい​の​です​か+」。 38  ペテロ​は​彼ら​に[言っ​た],「悔い改め​なさい+。そして​あなた方​ひとりひとり​は,罪​の​許し​+の​ため​に​イエス​・​キリスト​の​名​+に​おい​て​バプテスマ​を​受け​なさい+。そうすれば,無償​の​賜物​+と​し​て​聖霊​を​受ける​でしょ​う。 39  この​約束​+は​あなた方​と​あなた方​の​子供​たち,また​遠く​離れ​た​すべて​の​人+,わたしたち​の​神​エホバ​*が​その​もと​に​召さ​れる​人​+すべて​に​対する​もの​な​の​です」。 40  そして​彼​は​他​の​多く​の​言葉​で​徹底​的​な​証し​を​し,しきり​に​説き勧め​て​彼ら​に​言っ​た,「この​曲がっ​た​世代​+から​救わ​れ​なさい」。 41  その​ため,彼​の​言葉​を​心​から​受け入れ​た​者​たち​は​バプテスマ​を​受け+,その​日​に​およそ​三千​人​の​魂​が​加え​られ​た+ 42  そして,彼ら​は​使徒​たち​の​教え​と,[互い​に]分かち合う​こと*+,食事​を​取る​こと​*+と​祈り​+と​に​その​後​も​専念​し​た。 43  実​に,恐れ​が​すべて​の​魂​に​臨む​よう​に​なり,多く​の​異兆​や​しるし​が​使徒​たち​を​通し​て​起こり​はじめ​た​の​で​ある+ 44  信者​と​なっ​た​者​たち​は​皆​とも​に​すべて​の​物​を​共有​し+ 45  また,自分​たち​の​所有​物​や​財産​を​売っ​て​は+,それぞれ​の​必要​に​応じ​て,その[収益]を​すべて​の​者​に​分配​する​の​で​あっ​た+ 46  そして,思い​を​一つ​に​し​て​日々​絶え​ず​神殿​に​おり+,また​個人​の​家々​で​*食事​を​し,大いなる​歓び​と​誠実​な​心​と​を​もっ​て​食物​を​共​に​し+ 47  神​を​賛美​し,民​の​すべて​から​好意​を​受け​た+。同時​に​エホバ​*は,救わ​れ​て​ゆく​者​たち​を​+日​ごと​に​彼ら​に​加え​て​ゆか​れ​た+

脚注

または,「転向​者」。
すなわち,午前​9​時​ごろ。日​の​出​から​数える。
または,「活動​する​力」。ギ語,プネウマトス; ラ語,スピーリトゥー; エ17,18,22(ヘ語),ルーヒー,「わたし​の​」。創 1:2,「力」の​脚注​参照。
または,「すべて​の​肉​なる​者​の​上​に」。ギ語,エピ パーサン サルカ; ラ語,カルネム; エ17,18,22(ヘ語),バーサール
または,「長老​たち」。ギ語,プレスビュテロイ。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
「ハデス」,シナ写,アレ写,バチ写; エ7,8,11‐18,22,「シェオル」。付録4ロ参照。
「その​腰​の​実​の​一​人」。または,「その​子孫​の​一​人​を」。
「神」,シナ写,アレ写,バチ写; エ7,8,10,「エホバ」。
または,「右手​に​よっ​て」。
付録1ニ参照。
または,「杭(柱)に​留め​た」。付録5ハ参照。
付録1ニ参照。
または,「教え​と,共​に​交わる​こと」。
字義,「パン​を​割く​こと」。
「個人​の​家々​で」。または,「家​から​家​で」。ギ語,カト オイコン。5:42,「家​へ​と」の​脚注​参照。
付録1ニ参照。