内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 19:1‐41

19  そういるうちに,アポロ+コリントいるあっが,パウロ内陸回っエフェソス下り+,幾弟子見つけた。  そして彼らこう言った。「信者なっ時,あなた方聖霊受けまし+」。彼ら言った,「いや,わたしたち聖霊あるどう聞いことありませ+」。  そこで言った,「では,何バプテスマ受けですか」。彼ら言った,「ヨハネバプテスマ+です」。  パウロ言った,「ヨハネは,悔い改めの[象徴の]バプテスマ施し+,自分来る+,つまりイエス信じるよう告げました」。  これ聞くと,彼らイエスおいバプテスマ受け+  そして,パウロ彼ら置く+,聖霊彼ら臨み,彼らは[いろいろな]国語たり預言たりするようなっ+  全部十二ほど男子ある。  彼会堂入っ+か月あいだ大胆語り,王国つい+し,また説得努めた。  しかし,あるたちかたくななっ信じよう+,大勢たちこの+つい悪く言っ時,[パウロ]は彼らから離れ+弟子たち彼らから+,ツラノ学校[の講堂]で*毎日た。 10  これわたっ行なわ+,その結果,ユダヤギリシャも,アジア[地区+]に住むすべて言葉聞いた。 11  そしてパウロ通し異常まである行ないつづけられ+ 12  そのため,ただ布切れ前掛けから取っ患っいるところ持っ行くだけ+,疾患去り,邪悪たち出るあっ+ 13  ところが,悪霊払いする+放浪ユダヤあるたちも,邪悪つかたち対しイエスとなえること手がけ+,「パウロ宣べ伝えるイエスよっお前たち厳粛言い渡す+」と言うようなった。 14  ところで,ユダヤ祭司スケワいう息子おり,これ行なった。 15  しかし,邪悪答え彼ら言った,「わたしイエス知っいる+,パウロ面識ある+。だが,お前たちだれだ」。 16  そうして,邪悪いる彼ら躍りかかり+,彼ら次々*抑えつけ打ち負かしで,彼ら傷ついままそのから逃げ行った。 17  このことは,エフェソス住むユダヤギリシャも,みんな知れ渡った。そして,恐れ+彼らすべて臨み,イエス大いなるものされいっ+ 18  また,信者なっ多くやっ告白+,自分行なっことあらわ告げるあった。 19  実際,魔術行なっ+かなり大勢自分たち持ち寄って,みんな燃やした。そして,それら計算みると,合わせ五万なること分かった。 20  このようて,エホバ*言葉力強く伸張し,また行き渡っいっ+ 21  さて,こう終わっ時,パウロ自分で,マケドニア+アカイア回っからエルサレムよう+思い立ち,「そこ着いのち,わたしローマなけれならない+」と言った。 22  そして,自分仕えうちから,テモテ+エラスト+マケドニア派遣が,自分アジア[地区]でしばらく手間どった。 23  ちょうどその時,この*+関し少なから騒乱起こっ+ 24  銀細工デメテリオいうおり,アルテミス*銀製*作っ職人たち少なから利得させ+ 25  このその[職人]やそう+携わるたち集めて,こう言っある。「諸君,あなた方よく知るとおり,我々この商売おかげ繁栄いる+ 26  そしてまた,このパウロいうが,エフェソス+だけなくアジア[地区]のほとんど全域で,かなり多く人々説き付け違っ意見抱かせ,手作っもの+ないなど言っいることも,あなた方見聞きするところだ。 27  そのうえ,この我々職業不評被るだけなく,偉大女神アルテミス+神殿取る足りないものようみなされ,全アジア[地区]また住む[全]地崇拝する[女神]の荘厳まで帰せしめられしまういう危険存在するだ」。 28  人々これ聞い怒り満ち,「偉大エフェソスアルテミス!」と叫びだした。 29  そのため混乱満たされ,人々は,パウロ仲間あるマケドニアガイオアリスタルコ+むりやり引き連れ,劇場いっせいなだれ込んだ。 30  パウロは,中入っ民衆ところ行きたい思っが,弟子たちそれ許さなかった。 31  祝祭競技委員*親しいたちさえ,彼ところよこして,劇場危険冒すようことないよう嘆願するあった。 32  実ところ,あるこのことを,他こと叫ん+。集会混乱状態で,大部分自分なぜ集まっ知らなかっある。 33  こう彼ら一緒なっ群衆からアレクサンデル引き出し,ユダヤたち押しやった。アレクサンデル振っ合図し,民対し弁明ようた。 34  ところが,彼ユダヤあること分かると,みんなからいっせい叫び声起こり,彼ら時間間,「偉大+エフェソスアルテミス!」と叫びたてた。 35  最後に,市記録が,群衆静め+からこう言った。「エフェソス皆さん,エフェソス都市が,偉大アルテミスから降っ*神殿守護するあること知らないいったいいるだろか。 36  それゆえ,これら論じるまでないことから,あなた方平静保っ性急行動ないよい+ 37  というのは,あなた方は,神殿強盗なけれ我々女神冒とくするわけないこれらたち連れからだ。 38  したがって,デメテリオ+その仲間職人たちだれ対し訴え事あるいうあれば,開廷+あり,執政代理たち+いることだ。互い告発するよかろう。 39  だが,何それ以外こと求めいるあれば,それ正規集会決めるべき* 40  我々今日事件ついて,暴動かど告発れるおそれあるほどだし,我々とっこの秩序寄り合い釈明なるもの一つないだ」。 41  そして,こう言っから+,彼集会+解散た。

脚注

ベザ写古ラ訳諸写は「第からまで」を付け加えいる。すなわち,午前11ごろから午後4ごろまで。
字義,「[彼らを]どちらも」。
「エホバの」,エ7,8,10,13,15‐18,23; ギ語,トゥー キュリウー; ウル訳,シリ訳,「神の」。付録1ニ参照。
「この道」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,「主道」; シリ訳,「神道」; エ17,18,「エホバ道」。
または,「ディアナ」。ギ語,アルテミドス; ラ語,ディアーナエ。
「宮」。または,「神住まい(住居)」。ギ語,ナウース; エ17(ヘ語),ヘーケロート,「宮殿; 神殿」(複)。
「祝祭競技委員」。字義,「アジア[州]のたち」。
「天から降った」。字義,「ゼウス(ジュピター)から降った」。
または,「決められるあろう」。