内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 18:1‐28

18  こう後,彼アテネ去っコリントた。  そして,ポントス生まれで,クラウディウス+ユダヤすべてローマ退去命じため最近イタリア+からた,アクラ+いうユダヤと,そのプリスキラ会った。それそのふたりもと行き,  職同じだっその滞在し,こう彼らは[共に]働い+。天幕作りそのある。  しかしながら,彼安息ごと会堂+て,ユダヤギリシャ*説得するあった。  さて,シラス+テモテ+マケドニアから下っ来ると,パウロひたすらみ言葉こと携わるようなり,イエスキリストあること証明するためユダヤたち証し+  しかし,彼ら反対あしざま言いつづけ+,彼自分振り払っ+,こう言った。「あなた方+あなた方自身帰するように。わたし潔白です+。今から諸国たちところ行きます+」。  こうて,彼そこから移って,崇拝あるテテオユストいう入った。その会堂隣接た。  しかし,会堂主宰役員クリスポ+信者なり,そのたちそうなった。そして,[み言葉を]聞くコリント多く信じバプテスマ受けるようなった。  そのうえ,夜中よっパウロこう言わ+。「恐れないで,語りつづけなさい。黙っいけない。 10  わたしあなたおり+,だれあなた襲っ危害加えたりないからある。この都市わたし大勢いるある」。 11  こうそこすえ滞在し,彼ら言葉教えた。 12  さて,ガリオアカイア*執政代理*+だっあるが,ユダヤたちパウロ敵しいっせい立ち上がり,彼裁き+引い行って, 13  「この逆らい,崇拝する人々宗旨導いいる+」と言った。 14  しかし,パウロ開こ時,ガリオユダヤたち言った,「実際,それ何らか不正もしくは罪悪なる邪悪行為あれば,ユダヤたちよ,わたし当然辛抱あなた方忍びよう。 15  だが,それことば名前+あなた方律法めぐる論争+あれば,あなた方自分処置なさい。わたしそう事柄審判なりたくない」。 16  そう彼ら裁きから追い返した。 17  すると彼らこぞって会堂主宰役員ソステネ+捕らえ,裁き打ちたたいた。しかしガリオこういっさいかかり合おなかった。 18  それでも,パウロなおかなり日数滞在し,その後,兄弟たち別れ告げシリア向け出帆た。プリスキラアクラ一緒あった。彼ケンクレア*+短く刈っからあり+,彼誓約あっある。 19  こう一行エフェソス着いが,[パウロ]は彼らそこ残し,自分会堂+入っユダヤたち論じた。 20  彼らもっと長くとどまるようしきり頼んが,[パウロ]はそれ応じない 21  別れ告げ+,「エホバ*望まれるなら+,またあなた方ところ戻っます」と言った。こうて,彼エフェソスから船出 22  カエサレア下った。そして,上っ行っ*会衆あいさつし,それからアンティオキア下った。 23  そして,そこでしばらく過ごしから,彼出発し,ガラテア+フリギア+地方各所回っすべて弟子たち強め+ 24  さて,アポロ+いうユダヤで,アレクサンドリア生まれ雄弁エフェソス着いた。彼聖書よく通じ+ 25  この[人]はエホバ*口伝え教えられおり,霊燃え+,イエス関する事柄正しく話したり教えたりするようなっが,ヨハネバプテスマ+つい知っいるのみあった。 26  そしてこの[人]は会堂大胆話し始めた。プリスキラアクラ+彼[の話]を聞き,彼自分たちところ連れて,より正しく説き明かした。 27  さらに,彼アカイア渡っ行くこと望んで,兄弟たち弟子たち書き送って,彼親切迎えるよう勧めた。こうそこ着くと,[の]*過分ご親切ゆえに信者なったち+大いに助け+ 28  彼は,ユダヤ誤り熱烈態度また徹底証明し,いっぽうは,イエスキリストあること+聖書から論証ある+

脚注

「ギリシャ人」。ギ語,ヘッレーナス。
ギリシャ南部ローマ属州で,その首府コリント。
ローマ元老院代理ある属州総督。
各地コリント海港。
付録1ニ参照。
エルサレム行っこと指す思われる。
付録1ニ参照。
字義,「その」(冠詞)。