内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 17:1‐34

17  さて,彼ら​は​アンフィポリス​と​アポロニア​を​旅し​て​テサロニケ​に​来​た+。そこ​に​は​ユダヤ​人​の​会堂​が​あっ​た。  それで,パウロ​は​自分​の​習慣​どおり​+彼ら​の​ところ​に​入り,三つ​の​安息​日​に​わたっ​て​彼ら​と​聖書​から​論じ+  キリスト​が​苦しみ​を​受け+,そして​死人​の​中​から​よみがえる​+こと​が​必要​で​あっ​た​こと​を​説明​し​たり,関連​し​た​事柄​を​挙げ​て​証明​し​たり​し​て,「わたし​が​あなた方​に​広め​て​いる​この​イエス,この​方​が​キリスト​です+」と[言っ​た]。  その​結果,彼ら​の​うち​幾​人​か​が​信者​と​なっ​て​+パウロ​と​シラス​+に​加わり,さらに,[]を​崇拝​する​非常​に​大勢​の​ギリシャ​人,そして​主立っ​た​婦人​たち​の​うち​の​かなり​の​者​も​そう​なっ​た。  しかし​ユダヤ​人​たち​は​ねたみ​を​抱き+,市​の​立つ​広場​を​ぶらつく​者​の​うち​から​邪悪​な​男​を​幾​人​か​仲間​に​引き入れ​て​暴徒​を​組織​し,市​に​騒動​を​起こし​はじめ​た+。そして,ヤソン​+の​家​を​襲撃​し,[パウロ​の​一行]を​衆民​の​前​に​引き出そ​う​と​し​た。  しかし​見つから​ない​の​で,ヤソン​と​幾​人​か​の​兄弟​たち​を​市​の​支配​者​たち​*の​ところ​に​引きずっ​て​行き,こう​叫ん​だ。「人​の​住む​地​を​覆し​た​+これら​の​者​たち​が​ここ​に​まで​来​て​い​ます​が,  ヤソン​は​これ​を​手厚く​迎え入れ​まし​た。しかも,これら​の​者​たち​は​みんな​カエサル​の​*布告​に​逆らっ​て​+行動​し,イエス​と​いう​別​の​王​+が​いる​と​言っ​て​い​ます」。  彼ら​は​それ​を​聞く​群衆​や​市​の​支配​者​たち​を​まさに​かき立て​た。  そして,ヤソン​と​ほか​の​者​たち​から​十分​の​保証​*を​取っ​た​後​に,やっと​彼ら​を​去ら​せ​た。 10  すぐさま,兄弟​たち​は​夜​の​うち​に​+パウロ​と​シラス​を​共​に​ベレア​に​送り出し​た。彼ら​は​到着​する​と,ユダヤ​人​の​会堂​に​入っ​た。 11  さて,[ここ​の​人​たち]は​テサロニケ​の​人​たち​より​気持ち​が​おおらか​で​あっ​た。きわめて​意欲​的​な​態度​で​み言葉​を​受け入れ,それ​が​その​とおり​か​どう​か​と​+日​ごと​に​聖書​+を​注意深く​調べ​た​の​で​ある+ 12  その​ため,彼ら​の​うち​の​多く​の​者​が​信者​と​なり,また,評判​の​良い​+ギリシャ​婦人​や​男子​の​うち​の​かなり​の​者​が​そう​なっ​た。 13  しかし,テサロニケ​の​ユダヤ​人​たち​は,神​の​言葉​が​パウロ​に​よっ​て​ベレア​で​も​広め​られ​て​いる​こと​を​知る​と,民衆​を​駆り立て​て​+騒が​せ​よう​と​し​て​+そこ​に​も​やっ​て​来​た。 14  そこで,兄弟​たち​は​すぐ​に​パウロ​を​送り出し​て​海​まで​行か​せ​た+。しかし​シラス​と​テモテ​と​は​そこ​に​居残っ​た。 15  しかしながら,パウロ​を​案内​し​た​人​たち​は​彼​を​アテネ​まで​連れ​て​来​た。そして,シラス​と​テモテ​+が​できる​だけ​早く​彼​の​ところ​に​来る​よう​に,と​の​命令​を​受け​て​から​去っ​て​行っ​た。 16  さて,アテネ​で​彼ら​を​待っ​て​いる​時​で​あっ​た​が,その​都市​に​偶像​が​満ち​て​いる​の​を​見​て,パウロ​の​内​なる​霊​は​いら立つ​よう​に​なっ​た+ 17  それ​で​彼​は,会堂​で​ユダヤ​人​と+,また[神​を]崇拝​する​ほか​の​人​たち​と,さらに​は​毎日,市​の​立つ​広場​+で​そこ​に​居合わせる​人々​と​論ずる​よう​に​なっ​た。 18  しかし,エピクロス​派​および​ストア​派​の​哲学​者​+の​ある​人々​が​彼​と​言い合う​よう​に​なり,ある​者​は,「この​おしゃべり​*は​何​を​言お​う​と​し​て​いる​の​か+」,また​ほか​の​者​は,「これ​は​異国​の​神々​*を​広める​者​らしい」など​と​言う​の​で​あっ​た。彼​が​イエス​および​復活​+の​良い​たより​を​宣明​し​て​い​た​から​で​ある。 19  それ​で​彼ら​は[パウロ]を​つかまえ​て​アレオパゴス​*に​連れ​て​行き,こう​言っ​た。「あなた​の​話し​て​いる​この​新しい​教え​+が​どういう​こと​な​の​か,わたしたち​に​分から​せ​て​もらえる​だろ​う​か。 20  わたしたち​に​は​耳慣れ​ない​事柄​を​あなた​が​持ち込ん​で​いる​から​だ。つい​て​は,それ​が​どういう​意味​な​の​か​知り​たい​の​だ+」。 21  事実,すべて​の​アテネ​人​と​そこ​に​とう留​し​て​いる​異国​人​は,暇​な​時間​と​いえ​ば​何​か​新しい​事柄​を​語っ​たり​聴い​たり​し​て​過ごし​て​いる​の​で​あっ​た。 22  さて,パウロ​は​アレオパゴス​+の​真ん中​に​立っ​て,こう​言っ​た。 「アテネ​の​皆さん,わたし​は,あなた方​が​すべて​の​事​に​おい​て,他​の​人​たち​以上​に​神々​+へ​の​恐れ​の​念​を​厚く​抱い​て​*おら​れる​様子​を​見​まし​た。 23  例えば,歩き​ながら,あなた方​の​崇敬​の​対象​と​なっ​て​いる​もの​を​注意深く​見​て​いる​うち​に,わたし​は,『知ら​れ​て​い​ない​神​に』と​刻み込ま​れ​た​祭壇​も​見つけ​まし​た。それで,あなた方​が​知ら​ない​で​敬虔​な​専心​を​示し​て​いる​もの,それ​を​わたし​は​あなた方​に​広め​て​いる​の​です。 24  世界​と​その​中​の​すべて​の​もの​を​造ら​れ​た​,この​方​は​実​に​天地​の​主​+で​あり,手​で​作っ​た​神殿​*など​に​は​住ま​ず+ 25  また,何​か​が​必要​で​も​ある​か​の​よう​に+,人間​の​手​に​よっ​て​世話​を​受ける​わけ​で​も​あり​ませ​ん。ご自身​が​すべて[の​人]に​命​+と​息​+と​すべて​の​物​を​与え​て​おら​れる​から​です。 26  そして,一​人​の[人+]から​すべて​の​国​の​人​+を​造っ​て​地​の​全面​に​住まわ​せ+,また,定め​られ​た​時​+と[人々]の​居住​の​ため​の​一定​の​限界​+と​を​お定め​に​なり​まし​た。 27  人々​が​神​を​求める​ため​で​あり+,それ​は,彼ら​が[]を​模索​し​て​ほんとう​に​見いだす​なら​ば​の​こと​です​が+,実際​の​ところ[]は,わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。 28  わたしたち​は[]に​よっ​て​*命​を​持ち,動き,存在​し​て​いる​から​で​あり+,あなた方​の​詩人​の​ある​者​たち​*+も,『そは​われら​は​また​その​子孫​なり』と​言っ​て​いる​とおり​です。 29  「したがって,わたしたち​は​神​+の​子孫​な​の​ですから,神​たる​者​*+を​金​や​銀​や​石,人間​の​技巧​や​考案​に​よっ​て​彫刻​さ​れ​た​もの​の​よう​に​思う​べき​で​は​あり​ませ​ん+ 30  確か​に,神​は​そう​し​た​無知​の​時代​を​見過ごし​て​こら​れ​は​し​まし​た​が+,今​で​は,どこ​に​おい​て​も​すべて​の​者​が​悔い改める​べき​こと​を​人類​に​告げ​て​おら​れ​ます+ 31  なぜなら,ご自分​が​任命​し​た​ひとり​の​人​に​よっ​て​人​の​住む​地​*を​義​を​もっ​て​裁く​ため​に​+日​を​定め,彼​を​死人​の​中​から​復活​さ​せ​て​+すべて​の​人​に​保証​*を​お与え​に​なっ​た​から​です」。 32  さて,死人​の​復活​に​つい​て​聞く​と,ある​者​たち​は​あざける​よう​に​なっ​た​が+,ほか​の​者​たち​は,「これ​に​つい​て​は​あなた[の​言う​こと]を​また​別​の​時​に​聞こ​う」と​言っ​た。 33  こう​し​て​パウロ​は​彼ら​の​中​から​出​た​が, 34  幾​人​か​の​者​は​彼​に​加わっ​て​信者​と​なっ​た。その​中​に​は,アレオパゴス​裁判​所​+の​裁判​官​デオヌシオ*,ダマリス​と​いう​名​の​女,また​その​ほか​の​者​たち​も​い​た。

脚注

「市​の​支配​者​たち」。字義,「都市​支配​者​たち」。ギ語,ポリタルカス。市民​の​統治​者​たち。
または,「皇帝​の」。ギ語,カイサロス。
または,「十分​な​保釈​金」。ラ語,サティス,「十分​な」。
「おしゃべり」。字義,「種​を​ついばむ​者」。
「神々」。字義,「悪霊​たち」。ギ語,ダイモニオーン。
または,「アレス​の​丘; マルス​の​丘」。ギ語,アレイオン パゴン; ラ語,アリーオパグム。
「以上​に​神々​へ​の​恐れ​の​念​を​厚く​抱い​て」。字義,「いっそう​悪霊​を​怖れ​て」。ギ語,デイシダイモネステルース; ラ語,スペルスティティオーシオーレース。ギリシャ​人​は​ディーモン(悪霊)を​神々​と​み​なし,その​中​に​は​善い​神​と​悪い​神​が​いる​と​考え​た。25:19の​脚注​と​比較。
または,「神​の​住まい(住居)」。ギ語,ナオイス; エ17,22(ヘ語),ベヘーカーロート,「宮殿神殿)(複)に」。
または,「に​あっ​て」。
「ある​者​たち」,すなわち,アラトス​と​クレアンテス。パウロ​の​引用​は​アラトス​の「ファイノメナ」,および​クレアンテス​の「ゼウス​賛歌」から。
「神​たる​者」。ギ語,テイオン,「神」を​意味​する​テオス​と​関連​の​ある​語; ラ語,ディーウィーヌム。
「人​の​住む​地」。字義,「住ま​れ​て​いる(ところ)」。ギ語,オイクーメネーン,女性​単数​形。地​を​指す; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地​の。イザ 13:11,「地」の​脚注​参照。
または,「信仰」。
または,「アレオパゴス​の​一員​で​ある​デオヌシオ」。