内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 16:1‐40

16  こう​し​て​彼​は​デルベ,そして​また​ルステラ​+に​着い​た。すると,見よ,そこ​に​テモテ​+と​いう​名​の​弟子​が​い​た。信者​で​ある​ユダヤ​婦人​の​息子​で,父​は​ギリシャ​人​で​あっ​た​が,  ルステラ​と​イコニオム​の​兄弟​たち​から​良い​評判​を​得​て​い​た。  パウロ​は,この​人​が​自分​と​同行​する​よう​に​と​の​願い​を​述べ,その​地域​の​ユダヤ​人​の​ため​に,彼​を​連れ​て​来​て​割礼​を​施し​た+。その​父​が​ギリシャ​人​で​ある​こと​を​みんな​が​知っ​て​い​た​から​で​ある。  さて,彼ら​は​諸​都市​を​回っ​て​旅行​を​続け​ながら,エルサレム​に​いる​使徒​や​年長​者​たち​*の​決め​た​定め​を​守り行なう​よう​そこ​の​人​たち​に​伝える​の​で​あっ​た+  こう​し​て​まさに,諸​会衆​は​信仰​に​おい​て​堅く​され+,日​ごと​に​人数​を​増し​て​いっ​た。  また,彼ら​は​フリギア​と​ガラテア​地方​+を​回っ​た。アジア[地区]で​み言葉​を​語る​こと​を​聖霊​に​よっ​て​禁じ​られ​た​から​で​ある*  さらに,ミシア​に​下る​さい,ビチニア​+に​入ろ​う​と​努力​し​た​が,イエス​の​霊​は​それ​を​許さ​なかっ​た。  そこで​彼ら​は​ミシア​の​そば​を​通っ​て​トロアス​+に​下っ​た。  そして,パウロ​は​夜中​に​幻​+を​見​た。ある​マケドニア​の​人​が​立っ​て​彼​に​懇願​し,「マケドニア​へ​渡っ​て​来​て,わたしたち​を​助け​て​ください」と​言う​の​で​あっ​た。 10  そこで,[パウロ]が​その​幻​を​見​て​から​すぐ,わたしたち​は,彼ら​に​良い​たより​を​宣明​する​*ため​神​が​わたしたち​を​呼び寄せ​て​くださっ​た​の​だ​と​結論​し​て,マケドニア​+へ​行こ​う​と​努め​た。 11  こう​し​て,わたしたち​は​トロアス​から​船出​し​て​サモトラケ​に​直行​し,翌日​ネアポリス​に, 12  そして​そこ​から​フィリピ​+に[着い​た]。そこ​は​植民​地​で,マケドニア​地区​の​主要​都市​+で​ある。わたしたち​は​この​都市​に​とどまっ​て​幾​日​か​過ごし​た。 13  そして​安息​日​に,わたしたち​は​門​の​外​の​川​の​そば​に​出かけ​て​行っ​た。そこ​に​祈り​の​場所​が​ある​と​思っ​た​の​で​ある。そして​わたしたち​は​腰​を​下ろし,集まっ​て​い​た​女​たち​に​話し​はじめ​た。 14  ところで,紫布​を​売る,テアテラ​市​+の​人​で,神​の​崇拝​者​で​も​ある​ルデア​と​いう​名​の​女​が​聴い​て​い​た​が,エホバ​*は​彼女​の​心​を​大きく​開い​て+,パウロ​の​話す​事柄​に​注意​を​払わ​せ​た。 15  さて,彼女​と​その​家​の​者​たち​が​バプテスマ​を​受け​た​時+,彼女​は​懇願​し​て​言っ​た,「もし​皆さん​が,わたし​を​エホバ​に​*忠実​な​者​と​見​て​くださっ​た​の​でし​たら,わたし​の​家​に​入っ​て​泊まっ​て​いらし​て​ください+」。そして​彼女​は​わたしたち​を​強いて​連れ​て​行っ​た​の​で​ある+ 16  また,わたしたち​が​その​祈り​の​場所​に​行く​時​で​あっ​た​が,霊,つまり​占い​の​悪霊​+に​つか​れ​た​*ある​下女​+が​わたしたち​と​出会っ​た。彼女​は​予言​を​業​と​し​て,自分​の​主人​たち​に​多く​の​利益​を​得​させ​て​い​た+ 17  この[女]が​パウロ​と​わたしたち​の​あと​に​ずっ​と​付い​て​来​て,「この​人​たち​は​至高​の​神​の​奴隷​で,あなた方​に​救い​の​道​を​広め​て​いる​の​です」と​叫び​つづける​の​で​あっ​た+ 18  彼女​は​これ​を​何​日​も​続け​た。ついに​パウロ​は​それ​に​うんざり​し+,振り向い​て​その​霊​に​言っ​た,「彼女​から​出る​よう,イエス​・​キリスト​の​名​に​おい​て​あなた​に​命じる+」。すると,その​時​すぐ​それ​は​出​て​行っ​た+ 19  ところが,彼女​の​主人​たち​は​自分​たち​の​利得​の​望み​が​なくなっ​た​の​を​見​て+,パウロ​と​シラス​を​捕まえ,市​の​立つ​広場​*の​中​へ,支配​者​たち​の​もと​へ​と​引きずっ​て​行っ​た+ 20  そして,彼ら​を​行政​官​たち​の​ところ​に​引き立て​て,こう​言っ​た。「これら​の​男​は​わたしたち​の​都市​を​ひどく​かき乱し​て​おり​ます+。ユダヤ​人​でし​て, 21  我々​ローマ​人​で​あれ​ば,採用​する​こと​も​実施​する​こと​も​許さ​れ​ない​習慣​+を​広め​て​い​ます」。 22  そして,群衆​は​彼ら​に​敵し​て​共​に​立ち上がっ​た。そこで,行政​官​たち​は​彼ら​の​外衣​を​はぎ取っ​た​のち,棒むち​で​打ちたたく​よう​に​と​命令​し​た+ 23  何​度​も​殴打​+を​加え​た​のち,[行政​官​たち]は​彼ら​を​獄​に​入れ,厳重​に​留置​し​て​おく​よう​に​と​牢番​に​命じ​た+ 24  その​よう​な​命令​を​受け​た​の​で,[牢番]は​彼ら​を​奥​の​獄​+に​入れ,足かせ​台​に​つない​で​+彼ら​の​足​を​動か​ない​よう​に​し​た。 25  しかし,真夜中​ごろ+,パウロ​と​シラス​は​祈っ​たり,歌​で​神​を​賛美​し​たり​し​て​い​た+。そして,囚人​たち​も​それ​を​聞い​て​い​た。 26  ところが,突然​大きな​地震​が​起こり,牢屋​の​土台​が​揺れ動い​た。そのうえ,戸​が​みな​直ちに​開き,すべて​の​者​の​かせ​が​解け​た+ 27  牢番​は​眠り​から​覚め​て​獄​の​戸​が​開い​て​いる​の​を​見る​と,囚人​たち​が​逃げ​て​しまっ​た​もの​と​思っ​て+,剣​を​抜い​て​自害​し​よう​と​し​た+ 28  しかし​パウロ​は​大声​で​叫ん​で​言っ​た,「自分​を​傷つけ​て​は​いけ​ない+。わたしたち​は​皆​ここ​に​いる!」 29  それ​で​彼​は​明かり​を​求め​て​から​中​に​駆け込み,おののき​ながら​パウロ​と​シラス​の​前​に​ひれ伏し​た+ 30  そして,彼ら​を​外​に​連れ出し​て​から​こう​言っ​た。「皆様,救わ​れる​ため​に​わたし​は​何​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か+」。 31  彼ら​は​言っ​た,「主​イエス​を​信じ​て​頼りなさ​い。そう​すれ​ば​救わ​れ​ます+。あなた​も,あなた​の​家​の​者​たち​も+」。 32  そして,ふたり​は​エホバ​の​*言葉​を​彼​に,また​その​家​に​いる​すべて​の​者​+に​語っ​た。 33  その​のち​彼​は,夜​の​その​時刻​に​ふたり​を​連れ​て​行っ​て​その​むち跡​を​洗っ​た。そして,彼​も​その[家​の​者]も​ひとり​残らず​すぐ​に​バプテスマ​を​受け​た+ 34  それ​から​彼​は​ふたり​を​自分​の​家​の​中​に​連れ​て​来​て,その​前​に​食卓​を​据え,自分​が​神​を​信じる​よう​に​なっ​た​こと​を​家​の​者​たち​すべて​と​共​に​大いに​歓ん​だ。 35  夜​が​明け​た​時,行政​官​たち​+は​幾​人​か​の​警吏​を​派遣​し​て,「あの​人​たち​を​釈放​する​よう​に」と​言っ​た。 36  それ​で​牢番​は​彼ら​の​言葉​を​パウロ​に​こう​伝え​た。「行政​官​たち​は,あなた方[二​人]を​釈放​する​よう​に​と​人​を​よこし​まし​た。ですから,さあ,出​て​来​て,平安​の​うち​に​お出かけ​ください」。 37  しかし​パウロ​は​彼ら​に​言っ​た,「彼ら​は​ローマ​人​+で​ある​わたしたち​を,有罪​の​宣告​も​せ​ず​に​公​に​むち打ち,しかも​獄​に​入れ​まし​た。それ​を​今,ひそか​に​出そ​う​と​いう​の​です​か。それ​は​なり​ませ​ん! 彼ら​が​自分​で​出向い​て​来​て,わたしたち​を​連れ出す​べき​です」。 38  そこで​警吏​は​この​ことば​を​行政​官​たち​に​伝え​た。彼ら​は,この​人​たち​が​ローマ​人​だ​と​聞い​て​怖く​なっ​た+ 39  その​ため,やっ​て​来​て​ふたり​に​懇願​し,彼ら​を​連れ出し​た​のち,その​都市​から​去っ​て​くれる​よう​に​と​頼ん​だ。 40  しかし,彼ら​は​獄​を​出​て​から​ルデア​の​家​に​行き,兄弟​たち​に​会っ​て​励まし+,それ​から​去っ​て​行っ​た。

脚注

または,「長老​たち」。15:2の​脚注​参照。
または,「そして​アジア[地区]で……禁じ​られ​た」。
「良い​たより​を​宣明​する」。ギ語,エウアンゲリサスタイ; ラ語,エーウァンゲリザーレ。
付録1ニ参照。
「エホバ​に」,エ7,8,10; シナ写,アレ写,バチ写(ギ語),トーイ キュリオーイ; ベザ写,「神​に」。付録1ニ参照。
「霊,つまり​占い​の​悪霊​に​つか​れ​た」。字義,「ピュトン​の​霊​に​つか​れ​た」。ギ語,エクーサン プネウマ ピュトーナ。
「市​の​立つ​広場」。または,「大​広場」。ギ語,アゴラン; ラ語,フォルム。人々​が​公​に​集まる​場所。
「エホバ​の」,エ7,8,10,17,18,22,23; パピ写​45,74,シナ写​c,アレ写,エフ写(ギ語),トゥー キュリウー; シナ写​*,バチ写,「神​の」。付録1ニ参照。