内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

使徒 15:1‐41

15  さて,あるたちユダヤから下っ+,「モーセ慣例どおり+割礼受けないかぎり+,あなた方救わない」と兄弟たち教えはじめた。  しかし彼ら相手に,パウロバルナバよっ少なから争論議論起き時,人々は,パウロバルナバおよび自分たちうちほかが,この論争ことエルサレムいる使徒年長たち*+もと上ること取り決めた。  こうて,これらたち途中まで会衆見送ら+,ずっ進んフェニキアサマリア通り,諸国たち転向*こと詳しく話し+,すべて兄弟たち大いに喜ばせるあっ+  エルサレム着くと,彼ら会衆および使徒年長たち親切迎えられ+自分たち通し行なわ多く事柄つい細か話し+  しかし,信者なっパリサイたちから立ち,「彼ら割礼施し+,モーセ律法守り行なうよう言い渡すこと必要+」と言った。  そこで使徒年長たちは,このつい調べるため集まっ+  さて,多く議論+から,ペテロ立っ彼らこう言った。「皆さん,兄弟たち,あなた方よく知っいるとおり,早いころからあなた方選び行ない,わたし通し諸国たち良いたより言葉聞い信じるようされまし+  そして,[人の]心知っおられる+は,わたしたち行なわ同じように,彼ら聖霊与え+証しされました。  また,わたしたち彼ら差別設け+,彼ら信仰よっ浄められです+ 10  それですから,どうして今,父祖わたしたち負うことできなかっ+くびき+弟子たち課して,試したりするですか。 11  それどころか,わたしたちも,そのたち同じよう+イエス過分ご親切+よっ救われること頼みいるです」。 12  すると,一同沈黙しまった。そして,バルナバパウロが,自分たち通し国民行なわ多くしるし異兆つい話す聴くあっ+ 13  彼ら話し終えから,ヤコブ答え言った,「皆さん,兄弟たち,聞いください+ 14  シメオン*+は,初めて国民注意向け,そのからご自分み名ため+取り出さ次第十分話しくれました。 15  そして,預言たち言葉このこと一致ます。こう書いあります。 16  『これら後,わたし戻って,倒れダビデ仮小屋*建て直すあろう。その荒れ跡建て直しそれ再び立てるあろ+ 17  残っいるたちが,すべて民,わたしよっ呼ばれる*に,切エホバ*求めるためあると, 18  昔から知ら+これら行なっおられる*エホバ*言われる+』。 19  ですから,わたし決定は,諸国民から転じ来る人々煩わさ+ 20  ただ,偶像よっ汚さ+淫行*+絞め殺さもの*+*+避ける*よう彼ら書き送ることです。 21  モーセ安息ごと会堂朗読おり+,彼宣べ伝える古来*どの都市いるからです」。 22  そこで,使徒年長たち*,また会衆は,自分たちから選ん人々を,パウロおよびバルナバアンティオキア遣わすことよい考えた。すなわち,バルサバ+呼ばれるユダシラスで,兄弟たち指導たちあった。 23  そして,彼らよっこう書き送った。 「使徒年長兄弟たちから,アンティオキア+,またシリア,キリキア+いる,諸国民から兄弟たちへ: あいさつ送ります。 24  わたしたちから行っあるたちが,わたしたち指示与えなかっかかわらず,いろいろこと言っ+あなた方煩わせ,あなた方かく乱よういる+こと聞きましで, 25  わたしたち全員一致*もと+,人選んで,わたしたち愛するバルナバおよびパウロ+ 26  わたしたちイエスキリストため自分*引き渡したち+に,あなた方もと遣わすことよい考えました。 27  このようわけで,わたしたちユダシラス+派遣ますが,それまた彼ら同じこと言葉伝えるためあります+ 28  というのは,聖霊+わたしたちは,次必要事柄ほかは,あなた方そのうえ重荷+加えないことよい考えからです。 29  すなわち,偶像+犠牲ささげられ+絞め殺さもの*+淫行*+避けいることです。これらものから注意深く守っいれ+,あなた方栄えるでしょう。健やかお過ごしください*」。 30  こうて,これらたち送り出さアンティオキア下り,皆集め手紙渡し+ 31  それ読んで,人々その励まし歓ん+ 32  そしてユダシラスは,自ら預言+あっで,何講話兄弟たち励まし,また強め+ 33  こうしばらく過ごしから,彼ら兄弟たち送られ,自分たち遣わし人々もと平安うち+戻っ行った。 34 * ―― 35  しかしながら,パウロバルナバ引き続きアンティオキア+過ごし,ほか多くに,エホバ*言葉良いたより教えたり宣明たり+ 36  さて,何後,パウロバルナバ言った,「何よりも,わたしたち戻っ行って,エホバ*言葉広めすべて都市いる兄弟たち訪ね,みんなどうしているようない+」。 37  バルナバは,マルコ+呼ばれるヨハネ連れ行くこと決めた。 38  しかしパウロは,彼パンフリアから自分たち離れ同行なかっことある+,彼ずっ連れ行くこと適当思わなかった。 39  そこで怒り激しくぶつかって,彼ら互い別れることなった。そして,バルナバ+マルコ連れキプロス+向け出帆た。 40  パウロシラス+選び出し,兄弟たちよりエホバ*過分ご親切託さ出かけ行っ+ 41  彼ほうシリアキリキア通っ会衆強め+

脚注

または,「長老たち」。ギ語,プレスビュテルース; エ17,18,22(ヘ語),ウェハッゼケーニーム,「そして年長たち」。民 11:25,「年長者」の脚注参照。
字義,「向き直り」。ギ語,エピストロフェーン; ラ語,コンウェルシオーネム。
シモン(ペテロ)というヘブライ形。マタ 10:2脚注参照。
または,「ダビデ天幕」。
または,「わたし唱えられた」。
付録1ニ参照。
または,「昔からこれら知らせこらた」。
付録1ニ参照。
「淫行」。ギ語,ポルネイアス; ラ語,フォルニカーティオーネ。付録5イ参照。
または,「血流し出さ殺しもの」。
「血」。ギ語,ハイマトス; ラ語,サングウィネ; エ17,18,22(ヘ語),ウーミンハッダーム,「そしてから」。
字義,「避けいる」。ギ語,アペケスタイ; ラ語,アブスティネアント。
字義,「元もろもろ世代から」。
2脚注参照。
字義,「同じ思いに」。ギ語,ホモテュマドン; ラ語,イン ウーヌム,「一致て」。
または,「命」。ギ語,プシュカス; ラ語,アニマース; エ17,18,22(ヘ語),ナフシャーム,「自分の(彼らの)」。
20,「絞め殺さもの」の脚注参照。
付録5イ参照。
または,「ごきげんよう」。エ22(ヘ語),シャーローム ラーケム,「あなた方平安ありますように」。
パピ写74,シナ写,アレ写,バチ写34省いいる; エフ写,ベザ写,ウル訳は,多少差異あるが,次よう付け加えいる。「しかし,シラスとっは,そこさらにとどまる良い思えた。一方ユダエルサレム出発た」。
「エホバの」,エ17,18,22,23; ギ語,トゥー キュリウー; シリ訳,「神の」。付録1ニ参照。
「エホバの」,エ7,8,10,17,18,22,23; ギ語,トゥー キュリウー; シリ訳,「神の」。付録1ニ参照。
「エホバの」,エ17,18,22; ギ語,トゥー キュリウー; ウル訳ク,シ,シリ訳,「神の」。付録1ニ参照。