内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 12:1‐25

12  ちょうど​その​ころ,王​ヘロデ​*は​会衆​の​ある​者​たち​を​虐待​する​+こと​に​手​を​つけ​た。  彼​は​ヨハネ​+の​兄弟​ヤコブ​を​剣​に​かけ​て​除き去っ​た​の​で​ある+  それ​が​ユダヤ​人​の​気​に​入る​の​を​見​て+,彼​は​さらに​ペテロ​を​も​捕縛​し​た。(ところで,それ​は​無​酵母​パン​の​時期​+で​あっ​た。)  そして​彼​を​捕まえ​て​獄​に​入れ+,四​人​一​組​四​交替​の​兵士​に​引き渡し​て​監視​さ​せ​た。過ぎ越し​+が​済ん​で​から​民​の​ため​に​彼​を​引き出す​つもり​だっ​た​の​で​ある。  こう​し​て​ペテロ​は​獄​に​入れ​られ​て​い​た。しかし,彼​の​ため​に​​へ​の​祈り​+が​会衆​に​よっ​て​熱烈​に​続け​られ​て​い​た。  さて,ヘロデ​が​彼​を​引き出そ​う​と​し​て​い​た​時,その​夜​ペテロ​は​二​本​の​鎖​で​つなが​れ​て​二​人​の​兵士​の​間​で​眠っ​て​おり,戸口​の​前​の​番兵​たち​は​獄​を​守っ​て​い​た。  しかし,見よ,エホバ​*の​み使い​が​そば​に​立ち+,光​が​獄房​内​を​照らし​た。彼​は​ペテロ​の​脇腹​を​たたい​て​起こし+,「早く​立ち​なさい!」と​言っ​た。すると,鎖​は​彼​の​両手​から​落ち​た+  み使い​+は​彼​に​言っ​た,「帯​を​締め,サンダル​を​履き​なさい」。彼​は​その​とおり​に​し​た。最後​に[み使い]は​彼​に​言っ​た,「外衣​を​着け​て+,わたし​の​あと​に​付い​て​来​なさい」。  それ​で​彼​は​外​に​出​て​あと​に​付い​て​行っ​た​が,み使い​を​通し​て​起き​て​いる​事​が​現実​で​ある​と​は​知ら​なかっ​た。事実,幻​を​見​て​いる​の​だ​と​思っ​て​い​た+ 10  第​一​と​第​二​の​見張り​番​を​通り抜け​て,市内​に​通ずる​鉄​の​門​の​ところ​に​来る​と,それ​は​ひとりでに​開い​た+。そして,外​に​出​た​あと​通り​を​一つ​進む​と,み使い​は​すぐ​に​彼​を​離れ​た。 11  それ​で​ペテロ​は​我​に​返っ​て​言っ​た,「今,確か​に​分かる。エホバ​*は​み使い​を​遣わし​て+,わたし​を​ヘロデ​の​手​から,そして​ユダヤ​の​民​が​待ち構え​て​い​た​すべて​の​事​から​救い出し​て​くださっ​た​の​だ+」。 12  そして,そう​考える​と,彼​は​また​の​名​を​マルコ​+と​いう​ヨハネ​の​母​マリア​の​家​に​行っ​た。そこ​に​は​かなり​大勢​の​者​が​集まっ​て​祈っ​て​い​た。 13  彼​が​門口​の​戸​を​たたく​と,ロダ​と​いう​名​の​下女​が​応対​に​出​て​来​た​が, 14  それ​が​ペテロ​の​声​だ​と​分かる​と,喜び​の​あまり​門​を​開け​ず​に​中​に​駆け込み,ペテロ​が​門口​に​立っ​て​いる​と​知らせ​た。 15  彼ら​は,「あなた​は​気​が​狂っ​て​いる​の​だ」と​言っ​た。しかし​彼女​は,確か​に​そう​だ​と​強く​言い張る​の​で​あっ​た。みんな​は,「それ​は​彼​の​み使い​+だろ​う」と​言いだし​た。 16  しかし​ペテロ​は​そこで​ずっ​と[戸​を]たたい​て​い​た。[戸​を]開け​た​時,彼ら​は[ペテロ]を​見​て​非常​に​驚い​た。 17  しかし​彼​は,静か​に​する​よう​に​と​手​を​振っ​て​合図​を​し+,エホバ​*が​どの​よう​に​彼​を​獄​から​連れ出さ​れ​た​か​を​詳しく​話し,そして,「これら​の​こと​を​ヤコブ​+と​兄弟​たち​に​報告​し​て​ください」と​言っ​た。そう​し​て​彼​は​出​て​行き,別​の​場所​に​旅立っ​た。 18  さて,夜​が​明ける​と+,ペテロ​は​いったい​どう​なっ​た​の​か​と,兵士​の​間​で​少なから​ぬ​騒ぎ​に​なっ​た。 19  ヘロデ​+は​彼​を​念入り​に​捜し​た​が,見つから​ない​と​なる​と,番兵​たち​を​取り調べ,[処罰​+の​ため​に]彼ら​を​引い​て​行く​よう​に​と​命令​し​た。その​後,ユダヤ​から​カエサレア​に​下っ​て​行き,そこで​しばらく​過ごし​た。 20  さて,[ヘロデ]は​ティルス​や​シドン​の​民​に​対し​て​戦闘​的​な​気構え​で​い​た。その​ため​彼ら​は​こぞって[ヘロデ]の​ところ​に​やっ​て​来​て*,王​の​寝室​の​世話​係​で​ある​ブラスト​を​説き付け​て​から,和​を​請い​はじめ​た。彼ら​の​地方​は​王​の[国土]から​食物​+を​得​て​い​た​から​で​ある。 21  ところが,ある​決め​られ​た​日​に,ヘロデ​は​王衣​を​まとっ​て​裁き​の​座​に​座り,彼ら​に​向かっ​て​演説​を​始め​た。 22  集まっ​て​い​た​民​の​ほう​は,「神​の​声​だ,人​の[声]で​は​ない!」と​大声​で​叫び​はじめ​た+ 23  すると​たちどころ​に​エホバ​*の​み使い​が​彼​を​撃っ​た+。彼​が​​に​栄光​を​帰さ​なかっ​た​から​で​ある+。そして,彼​は​虫​に​食わ​れ​て​息絶え​た。 24  しかし​エホバ​の​*葉​+は​盛ん​に​なり,広まっ​て​いっ​た+ 25  バルナバ​+と​サウロ​の​ほう​は,エルサレム​で​救援​+の​仕事​を​十分​に​果たして​から​帰途​に​つき,ヨハネ,また​の​名​を​マルコ​と​いう​者​を​一緒​に​連れ​て​来​た+

脚注

すなわち,ヘロデ​・​アグリッパ​一​世。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「の​ところ​に​現われ出​て​来​て」。字義,「の​傍ら​に​い​て」。
付録1ニ参照。
「エホバ​の」,エ7,8,10,23; バチ写(ギ語),トゥー キュリウー; パピ写​74,シナ写,アレ写,ベザ写,シリ訳​,「神​の」。付録1ニ参照。