内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒 10:1‐48

10  さて,カエサレア​に​コルネリオ​と​いう​名​の​人​が​い​た。イタリア​隊​+と​呼ば​れる[部隊]の​士官​*+で​あっ​た​が,  篤信​の​人​+で​あり,自分​の​家​の​者​たち​すべて​と​共​に​​を​恐れ+,民​に​憐れみ​の​施し​を​多く​行ない+,絶え​ず​​に​祈願​を​ささげ​て​い​た+  その​日​の​ちょうど​第​九​時​ごろ*+,彼​は​幻​の​中​で+​の​み使い​+が​自分​の​ところ​に​入っ​て​来​て,「コルネリオ!」と​言う​の​を​はっきり​見​た。  この​人​は​彼​を​見つめ,恐れ驚い​て,「​よ,何​でしょ​う​か」と​言っ​た。[み使い]は​彼​に​言っ​た,「あなた​の​祈り​+と​憐れみ​の​施し​と​は​記念​と​し​て​​の​み前​に​上り​まし​た+  それ​で​今,人​を​ヨッパ​に​遣わし​て,ペテロ​と​も​呼ば​れる​シモン​と​いう​人​を​呼び​なさい。  この​人​は​皮なめし​工​の​シモン​と​いう​人​の​ところ​に​客​と​なっ​て​おり,その​人​の​家​は​海辺​に​あり​ます+」。  自分​に​話し​た​み使い​が​去る​と​すぐ,彼​は​家僕​ふたり​と,自分​に​いつも​付き添っ​て​いる​者​の​中​から​篤信​の​兵士​ひとり​を​呼び+  いっさい​の​こと​を​話し​て,彼ら​を​ヨッパ​に​派遣​し​た+  次​の​日,彼ら​が​旅​を​続け​て​その​都市​に​近づい​て​来​た​ころ,ペテロ​は​祈り​を​する​ため​+第​六​時​ごろ​*に​屋上​+に​上っ​た。 10  しかし​非常​に​空腹​を​覚え,[何​か]食べ​たく​なっ​た。人々​が​準備​し​て​いる​間​に,彼​は​こうこつ​と​し​た​状態​に​なり+ 11  天​が​開け​て+,何​か​器​の​よう​な​もの​が,ちょうど​一​枚​の​大きな​亜麻​布​が​その​四隅​を​持っ​て​地上​に​降ろさ​れる​か​の​よう​に​下っ​て​来る​の​を​見​た。 12  そして​その​中​に​は,地​の​あらゆる​四つ足​の​生き物,はうもの,また​天​の​鳥​が​い​た+ 13  そして,「立ち​なさい,ペテロ,ほふっ​て​*食べ​なさい!」と​いう​声​が​し​た+ 14  しかし​ペテロ​は​言っ​た,「いえ,それ​は​でき​ませ​ん,​よ。わたし​は​いまだ​かつて​汚れ​た​もの​や​清く​ない​もの​を​何​も​食べ​た​こと​が​ない​から​です+」。 15  すると,その​声​が​再び,二​度​目​に​彼​に[言っ​た],「あなた​は,​が​清め​た​もの​を​汚れ​て​いる​と​呼ん​で​は​なら​ない+」。 16  こう​し​た​こと​が​三​度​起こり,それ​から​すぐ​器​は​天​に​上げ​られ​た+ 17  さて,自分​の​見​た​幻​は​何​を​意味​する​の​だろ​う​か​と​ペテロ​が​内心​ひどく​思い惑っ​て​いる​うち​に,見よ,コルネリオ​から​派遣​さ​れ​た​人​たち​が​シモン​の​家​を​尋ね​て​来​て,そこ​の​門​の​ところ​に​立っ​た+ 18  そして​彼ら​は​呼ばわっ​て,また​の​名​を​ペテロ​と​いう​シモン​が​ここ​に​客​と​なっ​て​いる​か​どう​か​と​尋ね​た。 19  ペテロ​が​幻​に​つい​て​思い巡らし​て​いる​と,霊​+が​言っ​た,「見よ,三​人​*の​人​が​あなた​を​探し​て​い​ます。 20  それでも,立っ​て,階下​に​降り,何​も​疑わ​ない​で​彼ら​と​一緒​に​行き​なさい。わたし​が​彼ら​を​遣わし​た​の​ですから+」。 21  そこで​ペテロ​は​階下​の​その​人​たち​の​ところ​に​降り​て​行っ​て,こう​言っ​た。「さあ,わたし​が​あなた方​の​探し​て​いる​者​です。どう​いう​わけ​で​あなた方​は​ここ​に​来​て​おら​れる​の​です​か」。 22  彼ら​は​言っ​た,「義​に​かなっ​た​人​で,​を​恐れ+,ユダヤ​国民​全体​から​も​良く​言わ​れる​+士官​コルネリオ​は,聖​なる​み使い​に​より,あなた​を​お呼び​し​て​自分​の​家​に​来​て​いただき,あなた​の​言わ​れる​こと​を​聞く​よう​に​と​の​神​の​指示​を​受け​まし​た*」。 23  それ​で​彼​は,その​人​たち​を​招き入れ​て​もてなし​た。 次​の​日,[ペテロ]は​立っ​て​彼ら​と​一緒​に​出かけ​た。そして,ヨッパ​の​兄弟​たち​も​幾​人​か​一緒​に​行っ​た。 24  その​翌日,彼​は​カエサレア​に​入っ​た。もとより,コルネリオ​は​彼ら​を​待ち受け​て​おり,自分​の​親族​や​親しい​友人​たち​を​呼び集め​て​い​た。 25  ペテロ​が​入る​と,コルネリオ​は​彼​を​出迎え,その​足もと​に​ひれ伏し​て​敬意​を​ささげ​た。 26  しかし,ペテロ​は​彼​の​身​を​起こし​て​言っ​た,「立ち​なさい。私​も​人間​です+」。 27  そして,彼​と​語り合い​ながら​中​に​入り,大勢​の​人​が​集まっ​て​いる​の​を​見​て, 28  こう​言っ​た。「ユダヤ​人​に​とっ​て,別​の​人種​の​人​と​一緒​に​なっ​たり​近づき​に​なっ​たり​する​の​が​いかに​許さ​れ​ない​こと​か,あなた方​も​よく​知っ​て​おら​れ​ます+。です​が​​は,何​人​を​も,汚れ​て​いる​と​か​清く​ない​と​か​呼ぶ​べき​で​ない​こと​を​わたし​に​お示し​に​なり​まし​た+ 29  その​よう​な​わけ​で,わたし​を​呼び​に​来​られ​た​時,わたし​は​何​の​異存​も​なく​やっ​て​来​まし​た。それで,あなた方​が​わたし​を​呼ん​だ​理由​を​お尋ね​し​ます」。 30  それ​に​対し​て​コルネリオ​は​言っ​た,「この​時刻​から​数え​て​四​日​前,わたし​は​第​九​時​*に​家​で​祈り​を​し​て​おり​まし​た+。すると,ご覧​ください,輝く​衣​を​着​た​人​+が​わたし​の​前​に​立っ​て, 31  こう​言い​まし​た。『コルネリオ​よ,あなた​の​祈り​は​聞き入れ​られ,あなた​の​憐れみ​の​施し​は​​の​み前​で​覚え​られ​まし​た+ 32  それゆえ,ヨッパ​に​人​を​やっ​て,また​の​名​を​ペテロ​と​いう​シモン​を​呼び​なさい+。この​人​は​海辺​に​ある,皮なめし​工​シモン​の​家​に​客​と​なっ​て​い​ます+』。 33  そこで​わたし​は​すぐ​あなた​の​もと​に​人​を​やっ​た​の​です​が,あなた​は​よく​ここ​に​来​て​ください​まし​た。それ​で​今,わたしたち​は​皆,あなた​が​話す​よう​に​と​エホバ​*から​命じ​られ​て​いる​すべて​の​事柄​+を​聞こ​う​と​し​て,​の​み前​に​いる​の​です」。 34  そこで​ペテロ​は​口​を​開い​て​こう​言っ​た。「わたし​は,​が​不​公平​な​方​で​は​なく+ 35  どの​国民​で​も,[]を​恐れ,義​を​行なう​人​は[]に​受け入れ​られる​の​だ​と​いう​こと​+が​はっきり​分かり​ます。 36  []は​イスラエル​の​子​ら​に​み言葉​を​送っ​て+,イエス​・​キリスト​に​よる​平和​の​良い​たより​+を​宣明​さ​れ​まし​た。この[イエス​・​キリスト]は[ほか​の]すべて​の​者​の​+な​の​です。 37  あなた方​は,ヨハネ​の​宣べ伝え​た​バプテスマ​の​後​に​ガリラヤ​から​始まり,ユダヤ​全体​に​わたっ​て​話題​と​なっ​た​事柄​を​知っ​て​い​ます+ 38  すなわち,ナザレ​から​来​た​イエス​の​こと​で,​が​どの​よう​に​聖霊​と​力​を​もっ​て​この​方​に​油そそが​れ​た​か​+と​いう​こと​です。この​方​は​善い​こと​を​行ない​ながら,また​​に​虐げ​られ​て​いる​者​すべて​を​いやし​ながら+,国じゅう​を​回り​まし​た。​が​共​に​おら​れ​た​から​です+ 39  そして​わたしたち​は,[イエス]が​ユダヤ​人​の​土地​で,また​エルサレム​で​行なっ​た​すべて​の​事柄​の​証人​です。しかし​彼ら​は​また,杭​*に​掛け​て​この​方​を​除き去っ​た​の​です+ 40  ​は​三​日​目​に​この​方​を​よみがえらせ,さらに,彼​が[人々​に]明らか​に​なる​こと​を​お許し​に​なり​まし​た+ 41  民​の​すべて​に​対し​て​で​は​なく,あらかじめ​​に​任命​さ​れ​た​証人​たち​に+,この​わたしたち​に​対し​て​です。わたしたち​は,その​死人​の​中​から​の​よみがえり​の​後,この​方​と​飲食​を​共​に​し​た​の​です+ 42  また​この​方​は,民​に​宣べ伝える​よう​に+,そして,これ​が​生き​て​いる​者​と​死ん​で​いる​者​と​の​審判​者​と​し​て​​に​定め​られ​た​​で​ある​こと​+を​徹底​的​に​証し​する​よう​に​と,わたしたち​に​お命じ​に​なり​まし​た。 43  この​方​に​つい​て​は​すべて​の​預言​者​が​証し​を​し+,彼​に​信仰​を​持つ​者​は​皆,その​名​に​よっ​て​罪​の​許し​を​得る​+と[述べ​て]い​ます」。 44  ペテロ​が​まだ​これら​の​こと​に​つい​て​話​し​て​いる​うち​に,聖霊​が​み言葉​を​聞い​て​いる​すべて​の​人​の​上​に​下っ​た+ 45  そして,割礼​を​受け​た​人々​で,ペテロ​と​一緒​に​来​て​い​た​忠実​な​者​たち​は​驚嘆​し​た。無償​の​賜物​で​ある​聖霊​が​諸国​の​人々​の​上​に​も​注ぎ出さ​れ​て​い​た​から​で​ある+ 46  彼ら​が[いろいろ​な]国語​で​話し,​を​あがめ​て​いる​の​を​聞い​た​の​で​ある+。これ​に​答え応じ​て​ペテロ​は[言っ​た], 47  「わたしたち​と​同じ​よう​に​聖霊​を​受け​た​この​人々​に,だれ​か​水​を​禁じ​て​バプテスマ​を​受け​させ​ない​で​いる​こと​が​できる​でしょ​う​か+」。 48  そうして,イエス​・​キリスト​の​名​に​おい​て​バプテスマ​を​受ける​よう​に​と​彼ら​に​命じ​た+。それ​から​彼ら​は,幾​日​か​とどまる​よう​に​と​彼​に​頼ん​だ。

脚注

「士官」。または,「百​人​隊長」。100​人​の​兵士​を​指揮​し​た。
すなわち,午後​3​時​ごろ。日​の​出​から​数える。
すなわち,昼​の​12​時​ごろ。日​の​出​から​数える。
または,「犠牲​に​し​て」。
「三​人」,パピ写​74,シナ写,アレ写,エフ写,ウル訳,シリ訳​; バチ写,「二​人」。
「神​の​指示​を​受け​まし​た」,シナ写,アレ写,バチ写; エ18,「エホバ​の​命令​を​受け​まし​た」。
3​節の​脚注​参照。
「エホバ」,エ17,18,23; パピ写​45,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写(ギ語),トゥー キュリウー; パピ写​74,ベザ写,シリ訳​,「神」。付録1ニ参照。
または,「木」。付録5ハ参照。