内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 8:1‐17

8  だれようあろ+。そして,だれ解釈知っいるあろ+。人知恵その輝かせ,その厳しささえも[良いほうに]変えられる+  わたしは[言う],「王命令守れ+誓い考えそうするよう+  そのから行こ自分せき立てる+。悪い立つ+。[王]はすべて自分喜びすること行なうからある+  なぜなら,王言葉支配からある+。だれが,『あなたいるか』と言うことできようか」。  おきているは,災いなるもの知ることない+。賢い裁き知ることなる+  実すべて裁きあるからある+。なぜなら,人臨む災い非常多いからある+  何あるようなる知るだれないからある+。なぜなら,何起こるを,一体だれこれ告げることできよう。  霊とどめる対し*持っいるだれない+。また,死支配ありえない+。また,その戦い放免ない+。そして,邪悪これふけるたち*逃れさせない+  わたしこのすべてた。そして,人支配これ及ぼし+時[のに],日行なわすべて用いるあっ* 10  しかし,そうあっも,わたしたち葬られる+,彼ら入っなる場所+から去っ行き,彼らそのよう行動都市忘れ去られる+。これまたむなしいことある。 11  悪対する宣告速やか執行なかっため+,それゆえにその行なうよう凝り固まっしまっ+ 12  罪行ない+,その思いまま長らえようも,わたしは[まことの]恐れるたちが[]を恐れため+良い結果なること気づいいる+ 13  しかし,邪決して良い結果を[見る]ことなく+,影ようその日々長くすることない+。彼恐れないからある+ 14  地行なわいるむなしいことある。邪悪たちに[生じる]かよう事態自分生じいるなるたちいる+。義なるたちに[生じる]かよう事態自分生じいる邪悪たちいる+。わたしこれまたむなしい言った。 15  そして,わたしこと自らほめ+。人間とっ*,食べ,飲み,歓ぶこと,そして,[まことの]彼らお与えなっ+間,その骨折りうちに[歓び]が彼ら伴うこと勝るものないからある+ 16  わたしこれて,知恵知るために,また行なわいる営み見るため+用い+。なぜなら,昼自分眠りないいるからある+ 17  また,わたしは[まことの]すべて+。人間行なわ見いだすことできない+。人間求めようどれだけ骨折っ働きつづけも,なお見いだせない+。また,自分賢いから知ることできる言っ+,彼ら見いだすことできないある+

脚注

霊(息)対して」。ヘ語,バールーアハ。ギ語,プネウマティ
「これふけるたち」。字義,「その所有たち」。ヘ語,ベアーラーウ。
「用いるあった」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
字義,「ためは」。ヘ語,ラーアーダーム