内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 7:1‐29

7  名*良い+,死ぬ生まれる勝る+  嘆行くことは,宴会行くこと勝る+。それすべて終わりからある。生きいるは[それを]心留めるべきある。  いら立笑い勝る+。顔気難しさよっ良くなるからある+  賢たち嘆きある+,愚鈍たち歓びある+  賢叱責聞くこと+,愚鈍たち聞く*なること勝る+  愚笑いは,なべいばらようからある+。これまたむなしい。  単なる虐げ賢い気違いじみ行動取らせることあり+,贈り物+滅ぼすことあり得るからある+  事終わりその初め勝る+。辛抱強い*ごう慢勝る+  自せき立てられ立てならない+。腹立ち愚鈍たち宿るからある+ 10  「先日々ほうより良かっどうしてか」と言っならない+。あなたこれつい尋ねは,知恵よるないからある+ 11  知相続財産伴う良いことあり,日見るたちなる*+ 12  金守りある[よう+],知恵守り*からある+。しかし知識利点は,知恵それ所有するたち生きつづけさせることある+ 13  [まことの]見よ+。[]の曲げものだれまっすぐすることできよう+ 14  良は,自分善良あること示せ+。災いは,[まことの]これあれ全く同じようされこと見よ+。それは,人間*自分たちこと見いだせないようするためある+ 15  わたしむなしい日々すべてこと+。そのうち滅びゆくなるいる+。そのうち長らえる邪悪いる+ 16  義過ぎるなっならない+。また,自分過度賢いならない+。どうして自分荒廃もたらしあろ+ 17  邪過ぎるあっならない+。また,愚かなる+。自分ないに,どうして死んあろ+ 18  一つかむことほう良いが,他方から引く+恐れるそれらすべて行くからある+ 19  知賢いとって,都市権力あるより強い+ 20  常行なっおかすことないなるは,地ひとりないからある+ 21  また,人話すしれないすべて言葉向けならない+。あなたあなた災い呼び求めいる聞かないためある+ 22  あなたは,あなた自身なくたち災い呼び求めこと知っいるからある+ 23  このすべてわたしもっ試した。わたし言った,「わたし賢くなるだ」と。しかし,それわたし遠く及ばないことあっ+ 24  あるようなっものは,遠非常深い。だれそれ見いだし得るあろ+ 25  わたし振り向いた。わたしそうある+。知恵+物事理由知り,探究し,尋ね求めるため+,また愚鈍邪悪狂気愚か知るためあっ+ 26  そして,わたしいだすあった。自分狩猟網,心引き網,[そして]手かせする+より苦い+ことを[わたし見いだした]。これから逃れるなら,そのは[まことの]善良あり,これ捕らえられるなら,そのおかしいるある+ 27  「見よ,このことわたし見いだした」と,召集+言っ*。「一つ一つこと[に当たり],その要約見いだすためあっ+ 28  わたし絶えそれ求めが,わたし見いださなかった。わたしから見いだし+,それらすべてから見いだすことできなかっ+ 29  見よ,ただこのことわたし見いだした。[まことの]人間*廉直造ら+,彼ら自身多く計画探り出しある+」。

脚注

「名」。ヘ語,シェーム; 七十訳,ウル訳,「良い名」。箴 22:1脚注参照。
6:2脚注参照。
字義,「霊おい長い」。
または,「知恵所有と[比べて]さらに良く,日見るたちさらになる」。
「身守り」。字義,「ため」。ヘ語,ベツェール
6:7脚注参照。
「召集言った」。動詞主語女性形。書名1:1脚注参照。
人間」。ヘ語,ハーアーダーム