内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 6:1‐12

6  わたし災いあるが,それしばしば起こることある。  [まことの]物質所有栄光お与えなり+,自分ために,欲しい思うもの少し自由ない*いる+。それかかわらず,[まことの]は,ただ異国+それ食べることあっも,本人それから食べること可能されない+。これむなしいことあり,それ悪い病気ある。  たとえなり+,長年生き,その日数多くなっ+,その良いもの満ち足りおら+,墓さえそのものなっないなら+,わたし言わなけれならない,月足らず生まほうよりましある+,と。  彼むなしくて,闇うち去っ行き,その覆われる+  彼太陽さえ見ることなく,知ることなかっ+。先より,このほう休み得る+  仮生きも,良いことなかっあれ+,すべてただ一つ場所行くない+  人*骨折りすべてそのためある+,自分さえ満たさない。  賢愚鈍勝るどんなある+。苦しむ生けるたちどのよう歩む知っいるからいって,一体得るところあろう。  目見ること*歩き回ること勝る+。これまたむなしいことあり,風追うようものある+ 10  あるようなっものあれ,その既に付けられおり,人*ある知られるようなっ+。彼自分より強力対し自分言い分弁護することできない+ 11  多むなしさもたらしいる事柄沢山ある+,人どんなあるいうか。 12  むなしい日数間,人どんな良いことあるを,一体だれ知っいるあろ+。人ようその[日々]を過ごすない+。だれその起こる告げることできよう+

脚注

「人」。ヘ語,イーシュ。
字義,「」。ヘ語,ハーアーダーム
または,「魂願望」。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。