内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 5:1‐20

5  [まことの]行くときいつあなた守れ+。愚鈍たちするよう犠牲ささげるより+,聞くため近寄れ*+。彼ら悪いこと行なっいること気づいないからある*+  自分関し自分せき立てならない。心+関しは,[まことの]これ性急言葉出さならない+。[まことの]おら+,あなたいるからある。それゆえに,あなた言葉少なくべきある+  夢多く営みゆえ+,愚鈍多く言葉ゆえに必ずやっ来るからある+  誓約立てるときいつそれためらわ果たせ+。愚鈍たち喜ばないからある+。誓約すること果たせ+  誓約果たさない+よりは,誓約ないほう良い+  あなたあなた肉体犯させることあっならない*+。また,み使い*+,それ間違いでした,と言っならない+。どうして[まことの]あなたため憤り,あなた破壊しまうことあっよいだろ+  多くの[営み]のゆえにあり+,また,むなしいこと言葉多くあるからある。ただ,[まことの]恐れよ+  資力乏しい虐げられたり,管轄地域裁き+奪い取らたりするも,その驚き惑っならない+。その高いよりさらに高い+見張っおり+,また彼らより高いたちいる*からある。  さらに,地彼らすべてあり+,[彼らは]畑ため仕えある+ 10  ただ愛する満ち足りることなく,富愛する収入に[満ち足りることない*+]。これまたむなしい+ 11  良い多くなると,これ食べる必ず多くなる+。そして,これ所有する大いなるは,自分で[それを]見ること以外あろ+ 12  仕える眠りは,自分食べる少ない多いかかわりなく甘い+。しかし,富ん豊富これ眠り許さない。 13  わたし厳しい災いある。富それ所有する大いなるとっ*,その自身災いため保たいるある+ 14  そして,その災い多い営みため滅びうせ+,その自分全くないときなっ+ 15  人からとき同じように,また去っ行く+。来とき同じある。その骨折り対して,自分携えゆけるもの何一つ運び去ることできない+ 16  そして,これまた厳しい災いある。人その通り去っ行く。それで,風ため骨折っ働きつづけるどんなあろ+ 17  また,その毎日まさしく食べ,多くいら立ち+,身病気,さらに,憤り[を感じる理由]がそれ伴う。 18  見よ,わたし自ら最善こと,すなわち麗しいことは,[まことの]お与えなっ日数間,人食べ,飲み,日骨折っ働くそのすべて骨折りよっ良いこと見ることある+。それそのからある。 19  また,[まことの]物質所有与えすべて+,それから食べ+,自分持ち去り,自分骨折り歓ぶこと可能され+。これ賜物ある+ 20  その自分覚えること度々あることないからある。なぜなら,[まことの]は[そのを]その歓び専念おられる*からある+

脚注

「近寄れ」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
マソ本,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳この17なっおり,ここ4終わる。
「あなた言葉ゲヘナ裁き決定あなた肉体下すことあっならない」,タル。
「み使い」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「神」。
または,「また彼ら至上おられる」。
「富愛する収入に[満ち足りることない]」。字義,「収入(収益)の伴わない富裕だれ自分抱いたりするだろか」。
「それ所有する大いなるとって」。ヘ語,リヴアーラーウ。
「専念おられる」。あるいは,別ヘブライ動詞派生取り,「答えおられる」と読むしれない。そうあれば,この部分は,「[そのに]その歓びもっ答えおられる」となる。