内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 3:1‐22

3  何定められある+。天すべて*ある。  誕ためあり+,死ぬある+。植えるあり,植えられもの根こぎするある+  殺あり+,いやすある+。崩すあり,建てるある+  泣あり+,笑うある+。泣き叫ぶあり+,跳び回るある+  石投げ捨てるあり+,石集めるある+。抱擁するあり+,抱擁控えるある+  捜あり+,失っものあきらめるある。保つあり,捨てるある+  引き裂くあり+,縫い合わせるある+。黙っいるあり+,話すある+  愛するあり,憎むある+。戦いためあり+,平和ためある+  骨折っ働いからいって,そのどんなあろ+ 10  わたし人間携わらようお与えなっ営み+ 11  []はすべてものそのかなっ美しく造ら+。定めないさえ彼ら置き+,[まことの]行なわを,人間*始め*から終わりまで決して見いだすことできないようされ+ 12  わたしは,人生きいる歓び,良いことする以上彼らとっ良いものないこと+ 13  また,人みな*,食べ,まさしく飲み,そのすべて骨折りよっ良いこと見るべきある知るようなっ+。それ賜物ある+ 14  わたしは,[まことの]造られるすべてもの,それ定めない至るまで存続すること知るようなっ+。それ加えるべきものない。それから取り去るべきものない+。[まことの]それ造らある+。それは,人々が[]のゆえに恐れるためある+ 15  あっもの,それは[前から]既にあっある。あるようなるもの既にあっある+。[まことの]+ご自身が,追われるもの自ら求めつづける+ 16  そして,わたしさらにで,公正邪悪あり,義邪悪ある+ 17  わたし自ら言っ+,「[まことの]なる邪悪裁かれる+。そこすべてに,またすべて関しあるからある+」と。 18  わたしは,わたし人間関し言った。[まことの]彼ら選び分けようおられる。それは,彼ら自分あること悟るためある+,と。 19  人関し終局*あり,獣関し終局あり,これら同じ終局迎えるからある+。一方死ぬよう*,他方死ぬ+。皆ただ一つ*持っおり+,したがって勝るところない。すべてむなしいからある。 20  皆一つ場所行く+。それみなから*ものあっ+,みな帰っゆく+ 21  人上っ行くか,また下っ行く+,一体だれこれ知っいるあろか。 22  そして,わたしその歓ぶこと勝るものない+。それからある。というのは,だれその携え入れて,彼起こること見せくれるあろ+

脚注

または,「時節; 時機」。
字義,「」。ヘ語,ハーアーダーム
字義,「頭」。
または,「みな」。ヘ語,コルハーアーダーム
または,「一つ出来事」。ヘ語,ミクレ。
字義,「この[者]が死ぬように」。ヘ語,ケモート ゼ。
「霊」。または,「」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ
から」。ヘ語,ミンアーファール創 2:7,「塵」の脚注参照。