内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

伝道の書 3:1‐22

3  何事​に​も​定め​られ​た​時​が​ある+。天​の​下​の​すべて​の​事​に​は​時​*が​ある。  誕生​の​ため​の​時​が​あり+,死ぬ​の​に​時​が​ある+。植える​の​に​時​が​あり,植え​られ​た​もの​を​根こぎ​に​する​の​に​時​が​ある+  殺す​の​に​時​が​あり+,いやす​の​に​時​が​ある+。崩す​の​に​時​が​あり,建てる​の​に​時​が​ある+  泣く​の​に​時​が​あり+,笑う​の​に​時​が​ある+。泣き叫ぶ​の​に​時​が​あり+,跳び回る​の​に​時​が​ある+  石​を​投げ捨てる​の​に​時​が​あり+,石​を​集める​の​に​時​が​ある+。抱擁​する​の​に​時​が​あり+,抱擁​を​控える​の​に​時​が​ある+  捜す​の​に​時​が​あり+,失っ​た​もの​と​し​て​あきらめる​の​に​時​が​ある。保つ​の​に​時​が​あり,捨てる​の​に​時​が​ある+  引き裂く​の​に​時​が​あり+,縫い合わせる​の​に​時​が​ある+。黙っ​て​いる​の​に​時​が​あり+,話す​の​に​時​が​ある+  愛する​の​に​時​が​あり,憎む​の​に​時​が​ある+。戦い​の​ため​の​時​が​あり+,平和​の​ため​の​時​が​ある+  骨折っ​て​働い​た​から​と​いっ​て,その​者​に​どんな​益​が​あろ​う+ 10  わたし​は​神​が​人間​の​子​ら​に​携わら​せ​よう​と​し​て​お与え​に​なっ​た​営み​を​見​た+ 11  []は​すべて​の​もの​を​その​時​に​かなっ​て​美しく​造ら​れ​た+。定め​の​ない​時​を​さえ​彼ら​の​心​に​置き+,[まこと​の]神​の​行なわ​れ​た​業​を,人間​*が​始め​*から​終わり​まで​決して​見いだす​こと​が​でき​ない​よう​に​され​た+ 12  わたし​は,人​の​生き​て​いる​間​に​歓び,良い​こと​を​する​以上​に​彼ら​に​とっ​て​良い​もの​は​何​も​ない​こと​を+ 13  また,人​は​みな*,食べ,まさしく​飲み,その​すべて​の​骨折り​に​よっ​て​良い​こと​を​見る​べき​で​ある​の​を​知る​よう​に​なっ​た+。それ​は​神​の​賜物​な​の​で​ある+ 14  わたし​は,[まこと​の]神​が​造ら​れる​すべて​の​もの,それ​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​存続​する​こと​を​知る​よう​に​なっ​た+。それ​に​加える​べき​もの​は​何​も​ない。それ​から​取り去る​べき​もの​も​何​も​ない+。[まこと​の]神​が​それ​を​造ら​れ​た​の​で​ある+。それ​は,人々​が[]の​ゆえに​恐れる​ため​で​ある+ 15  あっ​た​もの,それ​は[前​から]既に​あっ​た​の​で​ある。ある​よう​に​なる​もの​は​既に​あっ​た​の​で​ある+。[まこと​の]神​+ご自身​が,追わ​れる​もの​を​自ら​求め​つづける+ 16  そして,わたし​は​さらに​日​の​下​で,公正​の​場​に​邪悪​が​あり,義​の​場​に​邪悪​が​ある​の​を​見​た+ 17  わたし​は​心​の​中​で​自ら​言っ​た+,「[まこと​の]神​は​義​なる​者​を​も​邪悪​な​者​を​も​共​に​裁か​れる+。そこ​に​は​すべて​の​事​に,また​すべて​の​業​に​関し​て​時​が​ある​から​で​ある+」と。 18  わたし​は,わたし​自ら​人間​の​子​ら​に​関し​て​心​の​中​で​言っ​た。[まこと​の]神​は​彼ら​を​選び分け​よう​と​し​て​おら​れる。それ​は,彼ら​が​自分​も​獣​で​ある​こと​を​悟る​ため​で​ある+,と。 19  人間​の​子​ら​に​関し​て​も​終局​*が​あり,獣​に​関し​て​も​終局​が​あり,これら​は​同じ​終局​を​迎える​から​で​ある+。一方​が​死ぬ​よう​に*,他方​も​死ぬ+。皆​ただ​一つ​の​霊​*を​持っ​て​おり+,したがって​人​が​獣​に​勝る​ところ​は​何​も​ない。すべて​は​むなしい​から​で​ある。 20  皆​一つ​の​場所​へ​行く+。それ​は​みな​塵​から​*出​た​もの​で​あっ​て+,みな​塵​に​帰っ​て​ゆく+ 21  人間​の​子​ら​の​霊​は​上​に​上っ​て​行く​の​か,また​獣​の​霊​は​地​に​下っ​て​行く​の​か+,一体​だれ​が​これ​を​知っ​て​いる​で​あろ​う​か。 22  そして,わたし​は​人​が​その​業​を​歓ぶ​こと​に​勝る​もの​が​何​も​ない​の​を​見​た+。それ​が​彼​の​分​だ​から​で​ある。というのは,だれ​が​その​人​を​携え入れ​て,彼​の​後​に​起こる​こと​を​見せ​て​くれる​で​あろ​う​か+

脚注

または,「時節; 時機」。
字義,「地​の​人」。ヘ語,ハーアーダーム
字義,「頭」。
または,「地​の​人​は​みな」。ヘ語,コル​・​ハーアーダーム
または,「一つ​の​出来事」。ヘ語,ミクレ。
字義,「この[者]が​死ぬ​よう​に」。ヘ語,ケモート ゼ。
「霊」。または,「」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ
塵​から」。ヘ語,ミン​・​ヘアーファール創 2:7,「塵」の​脚注​参照。