内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 2:1‐26

2  わたしは,わたし自ら言っ+,「さあ,来なさい。歓び+もっお前試そう。また,良いこと+見よ」と。だが,見よ,それまたむなしいことあった。  わたし笑い向かって,「狂気だ!」+,歓び+向かって,「これいるか」と言った。  わたしぶどう自分肉体元気づけることより+,心用い探究た。そうながらも,わたし知恵よっ自分導くあっ+。それは,人間その日数+行なうことに,彼らとっどれほど良いことある見ることできるようなるまで,わたし愚行とらえ置くためあった。  わたしより大きな仕事携わっ+。自分ため家々建て+,自分ためぶどう設け+  自分ため庭園*造り+,そのあらゆる種類果樹植えた。  自分ため溜め池作っ+。それよって,樹木生え出る森林注ぐためあっ+  わたし下男はしため+,家持つようなっ+。また,畜類,すなわち非常多く持つようなった。わたしよりエルサレムすべて勝っある+  わたしまた,自分ため+,そしてたち管轄地域属する特殊財産ため+。わたし自分ため歌うたい歌うたいたち+,また人間無上喜び+,つまり淑女,淑女たち設け+  そしてわたしは,わたしよりエルサレムだれより大いなるなり,増し加わっ+。しかも,わたし知恵わたしものとどまっある+ 10  そして,わたし自分願い求めるもの何物それから遠ざけなかっ+。わたし自分からどんな歓び差し控えなかった。わたしは,わたしすべて骨折りゆえに喜び満たさからある+。これわたしすべて骨折りよるわたしなっ+ 11  そしてわたし自身,自分行なっすべてと,成し遂げよう自ら骨折っ働いその骨折り振り返っ+,見よ,すべてむなしく,風追うようものあり+,日なるものなかっ+ 12  そしてわたしは,わたし自ら知恵+狂気愚行よう振り向い+。というのは,王入っ来るできようか。人々既に行なっこと[だけ]でないか。 13  そしてわたしは,わたし自ら愚行より知恵多くある+。それより多くある同じある+ 14  賢いついは,そのある+。しかし,愚鈍全く歩いいるある+。そしてわたしは,わたしまた,それらすべて迎える一つ終局あること知るようなっ+ 15  そして,わたし自ら言っ+,「愚鈍+迎えるあのよう終局わたしも,このわたし迎えることなる+」と。では,なぜ,わたしあのあれまで賢くなっ+。そしてわたし語った,「これまたむなしい」と。 16  賢い愚鈍同じく,定めない至るまで記憶れることないからある+。既にやっ来る日々うちに,すべて必ず忘れ去られる。そして賢いどのよう死ぬか。愚鈍ある+ 17  そして,わたし憎ん+。日行なわは,わたし見地から災い多いものあり+,すべてむなしく,風追うようものだっからある+ 18  そして,わたしは,わたし自ら骨折っ働きつづけわたしすべて骨折り+,すなわちわたし起こるため残すことなるもの憎ん+ 19  しかも,その賢いなる愚かなるだれ知っよう+。それでもは,わたしそのため骨折っ働き,そのため知恵用いた,わたしすべて骨折り支配するようなるある+。これまたむなしい。 20  そしてわたし自ら,わたし骨折っ働いそのすべて骨折りついて,わたし絶望よう+振り向いた。 21  自分骨折り知恵知識熟練示しいる+,そのそのようことため骨折っ働いことない与えられしまうからある+。これまたむなしく,大きな災いある+ 22  人骨折っ働いいるそのすべて骨折り奮闘対して,いったい得ることなるあろ*+ 23  そのすべて間,その営み痛みいら立ち意味+,またその休まることない+。これただむなしい。 24  人とって,食べ,まさしく飲み,自分骨折りよっ良いものさせること勝るものない+。これまたわたしは,わたし自らた。これが[まことの]*み手からある+ 25  というのは,だれわたしより良いもの食べたり+,飲んだりする*あろ+ 26  []はご自分み前あっ善良+,知恵知識歓びお与えなっ+。しかし罪人は,[まことの]み前あっ善良与えるために,集めたり寄せ集めたりする仕事お与えなっ+。これまたむなしく,風追うようものある+

脚注

「や庭園」。ヘ語,ウーファルデースィーム。パルデース複数形; 七十訳,シリ訳,「庭園; 楽園<パラダイス>」。
「人は……何得ることなるあろか」。字義,「人ためは……何あるいうか」。ヘ語,メホーウェ ラーアーダーム。分詞ホーウェ語根動詞ハーワーで,神み名エホーワー関係ある。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。強調ために「ハー」が付いいる; タル,シリ訳,「エホバ」。付録1ヘ参照。
「飲んだりする」,七十訳バグスター,シリ訳; マソ本,「急ぐ」。