内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 12:1-14

12  それで,あなたの若い成年*の日にあなたの偉大な創造者*+を覚えよ+。災いの日々がやって来る前に+,「自分はそれに何の喜びもない」と言う年が到来する[前に]+  太陽と光と月と星が暗くなり+,雲が帰って来て,その後に豪雨[が降り出す]前に。  その日には,家+を守る者たちは震え,活力のある男たちはかがみ+,粉をひく女たち*+は自分たちが数少なくなったので働くことをやめ,窓で見ている婦人たち*+は暗くなったことに気づいた。  ちまたへの扉は閉ざされ+,そのときには,ひき臼の音も低くなり+,人は鳥の声に起き上がり,歌の娘たちすべても低い音に聞こえる+  さらに,彼らはただ高いものを怖がり,その道には怖ろしいものがある。そして,アーモンドの木は花を咲かせ+,ばったは身を引きずって歩き,ふうちょうぼくの実ははじける。それは,人*が自分の永続する家+へと歩いており,泣き叫ぶ者たちがちまたを歩き回ったからである+  銀の綱が取り除かれ,黄金の鉢が砕かれ+,泉の傍らのかめが壊され,水溜めの水車が砕かれてしまう前に。  そのとき,塵はかつてそうであったように地に帰り+,霊+もこれをお与えになった+[まことの]+のもとに帰る。  「何とむなしいことか*!」と召集者*+は言った,「すべてのものはむなしい」と+  召集者は自分が賢い者となったばかりでなく+,さらに絶えず民に知識を教え+,また,熟考し,徹底的に調べたのである+。それは,多くの箴言をまとめるためであった+ 10  召集者は喜ばしい言葉を見いだし+,真実の正確な言葉を書き記そうと努めた+ 11  賢い者たちの言葉は牛追い棒のようだ+。[格言を]集めること*に専心する者たちは,打ち込まれた*くぎのようだ+。それらは一人の羊飼い+から与えられたのである。 12  これら以外のことについては,わが子よ,[次の]警告を受け入れよ。多くの書物を作ることには終わりがなく,[それに]余りに専念すると体が疲れる+ 13  すべてのことが聞かれたいま,事の結論はこうである。[まことの]を恐れ+,そのおきてを守れ+。それが人*の[務めの]すべてだからである。 14  [まことの]はあらゆる業をすべての隠された事柄に関連して,それが善いか悪いかを裁かれるからである+

脚注

または,「あなた青年」。
「あなた偉大創造」。ヘ語,ボーレエイカー。「創造する」というこのヘブライ動詞分詞は,偉観もしくは卓越表わす複数形。
「粉ひくたち」。ヘブライ女性複数分詞。女性ある「歯」を指しいる。女たちひく仕事したため。
「見いる婦人たち」,女性形。女性ある「目」を指しいる。
字義,「」。ヘ語,ハーアーダーム
「何むなしいことか」。字義,「むなしさ(複)のむなしさ」,マソ本(ヘ語,ハヴェール ハヴァーリーム),七十訳,シリ訳,ウル訳。
1:1脚注参照。
「集めること」。ヘ語,アスッポート(「集める」を意味するアーサフ由来)。
字義,「植えられた」。家組み込まように。
または,「人間」。ヘ語,ハーアーダーム。