内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 11:1-10

11  あなたのパン*を水の表に+送り出せ+。多くの日を経て,あなたは再びそれを見いだすからである+  分け前を七[人]に,いや,八[人]に与えよ+。あなたはどんな災いが地上で起こるかを知らないからである+  雲が[水で]満ちるなら,豪雨を地に注ぎ出す+。また,木が南に,あるいは北に倒れるなら,木+はそれが倒れるその場所にあることになる。  風*を見守っている者は種をまかない。雲を見つめている者は刈り取らない+  あなたは,妊娠している女の腹の中で骨の中*の霊の道がどのようになっているかを知ってはいない+。それと同じように,あなたはすべてのことを行なわれる[まことの]の業を知らないのである+  朝に種をまき,夕方になるまで手を休めるな+。あなたは,これがどこで成功するか,ここでかそこでか,あるいはそれが両方とも共によくなるか知らないからである+  光もまた快い。太陽を見るのは目にとって良いことである+  人が長年生きるとしても,そのすべて[の年]を歓べ+。そして,それが多くなるとしても,闇の日々を覚えておくように+。来た[日]はどれもむなしいのである+  若者よ,あなたの若い時を歓べ+。若い成年の日にあなたの心があなたに良いことをするように。そして,あなたの心の道に,あなたの目の見る物事のうちに歩め+。しかし,それらすべてのことに関して,[まことの]があなたを裁かれることを知れ+ 10  それゆえ,あなたの心からいら立ちを除き,あなたの体から災いを払いのけよ+。若さも人生の盛りもむなしいものだからである+

脚注

薄くて,円形楕円おり,少しあいだ浮かぶ。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。
「の中」,タルおよび多くヘブライ写本。