内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 10:1‐20

10  死はえ*塗り油作り+臭くし,泡立たせる。少し愚かも,知恵栄光ゆえに貴重な[存在]となっいる対して[同じ]働きする+  賢そのあり+,愚鈍そのある+  さらにまた,愚どんな歩ん+,その欠けいる*。そして,自分愚かある,と必ずすべて言う+  支あなた向かっわき起こることあっも,自分場所から離れならない+。穏やか重大鎮めるからある+  わたし災いなることある。それ権力あるゆえに間違い+行くときようある+  愚*多く高い地位置か+,富んたちただ低い状態もと住みつづける。  わたしは,僕たち乗っいるに,君たちよう歩いいる+  坑掘っいる自らそれ落ち込み+,石壁打ち破っいるは,蛇これかむ+  石切り出しいるその[石]で自分傷つける。丸太割っいるそれ対し注意深くなけれならない+ 10  鉄道具鈍くなっいるに,その研がなかっなら+,その自分活力使い尽くすことなる。したがって,知恵有効用いることある+ 11  まじないかっないかむなら+,舌使うない。 12  賢言葉恵み意味する+,愚鈍その呑み込む+ 13  彼言葉始まり愚かあり+,その終わり災い狂気ある。 14  そして,愚多く言葉話す+ *起こる知らない。その起こることだれこれ告げ得るあろ+ 15  愚たち骨折りそのうみ疲れさせる+。ひとり都市行き方知るようならなかっからある+ 16  土よ,あなた少年+,あなたたち食べつづけるなら,あなたどうなるあろか。 17  土よ,あなた高貴たちで,あなたたちが,単に飲むためなく,力強さ得るために,ふさわしい食べるなら,あなた幸い+ 18  甚怠惰よっ沈み,手垂れ下がっいる雨漏りする+ 19  パン*たち笑いためあり,ぶどう歓ばせる+。しかし,金*すべてこと反応生じさせる+ 20  自寝室いるときも,王災い呼び求めならない+。自分なる部屋いるときも,富ん災い呼び求めならない+。天飛ぶ生き物その伝え,翼持つそのこと告げるからある+

脚注

字義,「死はえ」。
または,「その良い動機欠けいる」。ヘ語,リッボハーセール
「愚かさ」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「愚か者」。
字義,「」。ヘ語,ハーアーダーム
または,「食物」。ヘ語,レヘム。
字義,「しかし,は」。ヘ語,ウェハッケセフ