内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

伝道の書 1:1‐18

1  エルサレムダビデ+,召集*+言葉。  「何むなしいこと*+!」と召集言った,「何むなしいことか! すべてむなしい+」。  人*+骨折っ働くそのすべて骨折りあろ+  代去り+,代来る+。しかし,地定めない至るまで立ちつづける+  そして,日また輝き出,そして没し+。それ自分輝き出る場所へ,あえぎながら来るある+  風*進み,循環向かう+。絶え*循環繰り返しながら+,風*その循環+帰っゆく。  冬奔流+みな行く+,それでも満ちることない+。冬奔流その行く場所へ,そこ帰っ行くある+  すべて物事疲れ生じさせる+。だれそれつい語ることできない。目見ること満ち足り+,耳聞くことから満たさない+  あるようなっもの,それあるようなり+,行なわもの,それ行なわれるようなる。したがって,日*新しいものない+ 10  「これ見よ。それ新しい」と言える存在するだろか。それ定めないわたっ既に存在おり+,存在するようなっものは,わたしたちより時代からあっある+ 11  先時代人々記憶ない。後起こるたちついそうある+。さらにその起こるたちおいも,彼ら記憶ない+ 12  召集*あるわたしは,エルサレムイスラエル治めるあっ+ 13  そして,天まで行なわすべて物事関し,知恵求め探究よう定め+。―人間*与え携わらた,災い多い営み[に関して]である+ 14  わたし行なわれるあらゆる+,見よ,すべてむなしく,風*追うようものあっ+ 15  曲がっいるものは,まっすぐすることできない+。欠けいるものは,到底数えることできない。 16  わたしは,わたし自ら語っ+言った,「見よ,わたしは,わたしよりエルサレムだれより大いに知恵増し加え+,わたし非常多く知恵知識+」。 17  次いで,わたし知恵知り,狂気知ろ向け+,そして愚行知ることなっ+,これまた*追うようものある+ 18  知恵満ちあふれるところは,いら立ち満ちあふれる+。したがって,知識増し加える痛み増し加えるある+

脚注

または,「集合者; 召喚者; 呼び集める者」,マソ本; 七十訳,ウル訳,『エクレシア(会衆; 集会)の成員』(Ecclesiastes)。
「何むなしいことか」。字義,「むなしさ(複)のむなしさ」,マソ本(ヘ語,ハヴェール ハヴァーリーム),七十訳,シリ訳,ウル訳。
」。ヘ語,タハト ハッシャーメシュ。この伝道29来る。
「風」。字義,「それ」。夏至冬至あいだ南北動く太陽指しいるしれない。
字義,「風絶えず」。しかし翻訳は,「風」という初めいる。
」。ヘ語,ハールーアハ; ギ語,プネウマ創 1:2,「力」の脚注比較。
3脚注参照。
1脚注参照。
または,「」。ヘ語,ハーアーダーム
6,2の「風」の脚注参照。
6,2の「風」の脚注参照。