内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ローマ 8:1‐39

8  こう​いう​わけ​で,キリスト​・​イエス​と​結ば​れ​た​者​たち​に​対し​て​有罪​宣告​は​あり​ませ​ん+  キリスト​・​イエス​と​結びつい​た​命​+を​与える​霊+,その[霊]の​律法​+が,あなた​を​罪​と​死​の​律法​+から​自由​に​し​た​+から​です。  肉​に​よる​弱さ​+が​ある​かぎり​律法​に​は​無​能力​な​ところ​が​あっ​た​の​で+神​は,ご自身​の​み子​を​罪深い​肉​と​似​た​様​で+,また​罪​に​関連​し​て​+遣わす​こと​に​より+,肉​に​おい​て​罪​に​対する​有罪​宣告​を​され​た​の​です。  それ​は,律法​の​義​の​要求​が,肉​に​で​は​なく,霊​に​したがって​歩む​+わたしたち​の​うち​に​全うさ​れる​ため​+でし​た。  肉​に​したがう​者​は​自分​の​思い​を​肉​の​事柄​に​向ける​の​に​対し+,霊​に​したがう​者​は​霊​の​事柄​に[向ける]から​です+  肉​の​思う​こと​は​死​を​意味​する​の​に​対し+,霊​の​思う​こと​+は​命​と​平和​を​意味​する​の​です。  肉​の​思う​こと​は​神​と​の​敵対​を​意味​する​から​です+。それ​は​神​の​律法​に​服従​し​て​おら​ず+,また,現に[服従​し]え​ない​の​です。  それで,肉​と​和し​て​いる​者​+は​神​を​喜ばせる​こと​が​でき​ませ​ん。  しかし,神​の​霊​が​あなた方​の​うち​に​真に​宿っ​て​いる​なら+,あなた方​は,肉​と​で​は​なく,霊​と​和し​て​いる​の​です+。けれども,キリスト​の​霊​+を​持た​ない​人​が​いれ​ば,その​人​は​彼​に​属する​者​で​は​あり​ませ​ん。 10  しかし,キリスト​が​あなた方​と​結びつい​て​いる​なら+,体​は​罪​の​ゆえに​確か​に​死ん​で​いる​と​し​て​も,霊​は​義​の​ゆえに​命​と​なっ​て​いる​の​です+ 11  そして,イエス​を​死人​の​中​から​よみがえらせ​た​方​の​霊​が​あなた方​の​うち​に​宿っ​て​いる​の​なら,キリスト​・​イエス​を​死人​の​中​から​よみがえらせ​た​その​方​+は,あなた方​の​うち​に​住む​ご自分​の​霊​に​よっ​て,あなた方​の​死ぬ​べき​体​を​も​生かし​て​くださる​+の​です。 12  それ​です​から,兄弟​たち,わたしたち​は​義務​を​負っ​て​い​ます。それ​は,肉​に​したがって​生きる​+と​いう,肉​に​対する[義務]では​あり​ませ​ん。 13  肉​に​したがって​生きる​なら,あなた方​は​必ず​死​に​至る​から​です+。しかし,霊​に​よっ​て​体​の​習わし​を​殺す​なら+,あなた方​は​生きる​の​です。 14  神​の​霊​に​導か​れる​者​は​みな​神​の​子​で​ある​から​です+ 15  あなた方​は,再び​恐れ​を​生じ​させる​奴隷​身分​の​霊​を​受け​た​の​で​は​なく+,養子​縁組​+の​*霊​を​受け​た​の​で​あり+,わたしたち​は​その​霊​に​よっ​て,「アバ*+父​よ!」と​叫ぶ​の​です。 16  霊​+そのもの​が,わたしたち​の​霊​+と​共​に,わたしたち​が​神​の​子供​で​ある​こと​+を​証し​し​て​い​ます+ 17  さて,子供​で​ある​なら​ば,相続​人​で​も​あり​ます。実​に,神​の​相続​人​で​あり,キリスト​と​共同​の​相続​人​+な​の​です。ただし,共​に​栄光​を​受ける​ため+,共​に​苦しむ​+なら​ば​です。 18  それゆえ,今​の​時期​の[いろいろ​な]苦しみ​+は,わたしたち​の​うち​に​表わし示さ​れ​よう​と​し​て​いる​栄光​に​比べれ​ば+,取る​に​足り​ない​もの​と​わたし​は​考え​ます。 19  創造​物​+は​切​なる​期待​+を​抱い​て​神​の​子​たち​の​表わし示さ​れる​こと​を​待っ​て​いる​の​です+ 20  創造​物​は​虚無​に​服さ​せ​られ​まし​た​が+,それ​は​自ら​の​意志​に​よる​の​で​は​なく,服さ​せ​た​方​に​よる​の​で​あり,それ​は​この​希望​に​基づい​て​い​た​から​です+ 21  すなわち,創造​物​+そのもの​が​腐朽​へ​の​奴隷​状態​から​自由​に​され+神​の​子供​の​栄光​ある​自由​を​持つ​よう​に​なる​こと​です* 22  わたしたち​が​知る​とおり,創造​物​すべて​は​今​に​至る​まで​共​に​うめき,共​に​苦痛​を​抱い​て​いる​の​です。 23  それ​だけ​で​は​あり​ませ​ん。初穂​+と​し​て​の​霊​を​持つ​わたしたち​自身​も,そう​です,わたしたち​自身​が,自ら​の​内​で​うめき​つつ+,養子​縁組​+*,すなわち,贖い​に​よっ​て​自分​の​体​から​解き放さ​れる​こと​を​切​に​待っ​て​いる​の​です。 24  わたしたち​は[この]希望​の​もと​に​救わ​れ​た​から​です+。しかし,見え​て​いる​希望​は​希望​で​は​あり​ませ​ん。というのは,その​事柄​が​見える​とき,人​は​それ​に​対し​て​希望​を​抱く​でしょ​う​か。 25  しかし,見​て​い​ない​もの​に​+希望​を​抱く​の​で​あれ​ば+,わたしたち​は​忍耐​し​て​それ​を​待ち​つづける​の​です+ 26  同じ​よう​に,霊​+も​また​わたしたち​の​弱さ​の​ため​に​助け​に​加わり​ます+。[祈る]べき​とき​に​何​を​祈り​求めれ​ば​よい​の​か​を​わたしたち​は​知り​ませ​ん​が+,霊​+そのもの​が​ことば​と​なら​ない​*うめき​と​共​に​わたしたち​の​ため​に​願い出​て​くれる​から​です。 27  それでも,心​を​探る​方​+は,霊​+の​意味​する​ところ​*が​何​か​を​知っ​て​おら​れ​ます。それ​は​神​に​し​た​が​い​つつ​聖​なる​者​たち​+の​ため​に​願い出​て​いる​から​です。 28  さて,わたしたち​は,神​を​愛する​者​たち,つまり​ご自身​の​目的​に​したがって​お召し​に​なっ​た​者​たち​+の​益​の​ため​に,神​*が​その​すべて​の​み業​+を​協働​さ​せ​て​おら​れる​こと​を​知っ​て​い​ます。 29  ご自分​が​最初​に​認め​た​者​たち​*+を,[]は​また,み子​の​像​+に​かたどっ​た​もの​と​する​よう​に​+あらかじめ​定め​られ​た​*+から​です。それ​は,[み]が​多く​の​兄弟​たち​+の​中​で​初子​+と​なる​ため​でし​た。 30  さらに,[]が​あらかじめ​定め​た​者​たち​+は,また​お召し​に​なっ​た​者​たち​+で​も​あり​ます。そして,お召し​に​なっ​た​者​たち​は,ご自分​が​義​と​宣し​た​者​たち​+で​も​あり​ます。最後​に,[]が​義​と​宣し​た​者​たち​は,栄光​を​お与え​に​なっ​た​者​たち​+で​も​ある​の​です。 31  では,これら​の​こと​に​対し​て​わたしたち​は​何​と​言え​ば​よい​でしょ​う​か。もし​神​が​わたしたち​の​味方​で​ある​なら,だれ​が​わたしたち​に​敵する​*でしょ​う​か+ 32  ご自身​の​み子​を​さえ​惜しま​ず+,わたしたち​すべて​の​ため​に​これ​を​引き渡し​て​くださっ​た​その​方​が+,どうして​その​ご親切​に​よっ​て,[み]と​共​に​ほか​の​すべて​の​もの​を​も​与え​て​くださら​ない​こと​が​ある​でしょ​う​か+ 33  神​の​選ば​れ​た​者​たち​に​対し​て​だれ​が​訴え​を​提出​する​でしょ​う​か+神​が[彼ら​を]義​と​宣し​て​おら​れる​の​です+ 34  罪​に​定める​者​は​だれ​です​か。キリスト​・​イエス​*は​死ん​で​くださっ​た​方,いえ,死人​の​中​から​*よみがえらさ​れ​て​神​の​右​+に​おら​れる​方​で​あり,この​方​は​また,わたしたち​の​ため​に​願い出​て​くださる​の​です+ 35  だれ​が​キリスト​*の​愛​から​わたしたち​を​引き離す​でしょ​う​か+。患難,あるいは​苦難,迫害,飢え,裸,危険,剣​でしょ​う​か+ 36  「あなた​の​ため​に​わたしたち​は​ひねもす​死​に​渡さ​れ​て​おり,ほふら​れる​羊​の​よう​に​みなさ​れ​た+」と​書か​れ​て​い​ます。 37  しかし​その​逆​に,わたしたち​は,わたしたち​を​愛し​て​くださっ​た​方​に​よっ​て,これら​の​すべて​の​事​に​全く​勝利​を​収め​て​いる​の​です+ 38  死​も,生​+も,み使い​+も,政府​+も,今​ある​もの​も,来たる​べき​もの​も,力​+も, 39  高さ​も,深さ​も,また​ほか​の​どんな​創造​物​も,わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​おける​神​の​愛​から​わたしたち​を​引き離し​え​ない​こと​を,わたし​は​確信​し​て​いる​から​です+

脚注

「養子​縁組​の」。字義,「子​と​し​て​置く​こと​の」。ギ語,ヒュイオテシアス; ラ語,アドプティオーニス フィーリオールム。
「アバ」。「父」または「父​よ」と​いう​意味​の​アラム​語。
または,「なぜなら,創造​物​そのもの​が……自由​を​持つ​よう​に​なる​から​です」。
「養子​縁組​を」,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ウル訳,シリ訳​ヘ,ペ; パピ写​46​と​ベザ写​は​省い​て​いる。
または,「発する​こと​の​でき​ない」。
「意味​する​ところ」。または,「思い; 考え」。
「神」,パピ写​46,アレ写,バチ写; シナ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳​ペ​は​省い​て​いる。
または,「ご自分​が​予知​し​た​者​たち」。
字義,「あらかじめ​限定​さ​れ​た」。
または,「敵し​得る」。
「イエス」,シナ写,アレ写,エフ写; バチ写,ベザ写,シリ訳​ペ​は​省い​て​いる。
「死人​の​中​から」,アレ写,エフ写; パピ写​46,バチ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳​ペ​は​省い​て​いる。
「キリスト」,アレ写,エフ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳​ヘ,ペ; シナ写,「神」; バチ写,「キリスト​・​イエス​の​うち​に​ある​神(の​愛)」。