アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ローマ 8:1-39

8  こういうわけで,キリスト・イエスと結ばれた者たちに対して有罪宣告はありません+  キリスト・イエスと結びついた命+を与える霊+,その[霊]の律法+が,あなたを罪と死の律法+から自由にした+からです。  肉による弱さ+があるかぎり律法には無能力なところがあったので+は,ご自身のみを罪深い肉と似た様で+,また罪に関連して+遣わすことにより+,肉において罪に対する有罪宣告をされたのです。  それは,律法の義の要求が,肉にではなく,霊にしたがって歩む+わたしたちのうちに全うされるため+でした。  肉にしたがう者は自分の思いを肉の事柄に向けるのに対し+,霊にしたがう者は霊の事柄に[向ける]からです+  肉の思うことは死を意味するのに対し+,霊の思うこと+は命と平和を意味するのです。  肉の思うことはとの敵対を意味するからです+。それはの律法に服従しておらず+,また,現に[服従し]えないのです。  それで,肉と和している者+を喜ばせることができません。  しかし,の霊があなた方のうちに真に宿っているなら+,あなた方は,肉とではなく,霊と和しているのです+。けれども,キリストの霊+を持たない人がいれば,その人は彼に属する者ではありません。 10  しかし,キリストがあなた方と結びついているなら+,体は罪のゆえに確かに死んでいるとしても,霊は義のゆえに命となっているのです+ 11  そして,イエスを死人の中からよみがえらせた方の霊があなた方のうちに宿っているのなら,キリスト・イエスを死人の中からよみがえらせたその方+は,あなた方のうちに住むご自分の霊によって,あなた方の死ぬべき体をも生かしてくださる+のです。 12  それですから,兄弟たち,わたしたちは義務を負っています。それは,肉にしたがって生きる+という,肉に対する[義務]ではありません。 13  肉にしたがって生きるなら,あなた方は必ず死に至るからです+。しかし,霊によって体の習わしを殺すなら+,あなた方は生きるのです。 14  の霊に導かれる者はみなの子であるからです+ 15  あなた方は,再び恐れを生じさせる奴隷身分の霊を受けたのではなく+,養子縁組+*霊を受けたのであり+,わたしたちはその霊によって,「アバ*+よ!」と叫ぶのです。 16  霊+そのものが,わたしたちの霊+と共に,わたしたちがの子供であること+を証ししています+ 17  さて,子供であるならば,相続人でもあります。実に,の相続人であり,キリストと共同の相続人+なのです。ただし,共に栄光を受けるため+,共に苦しむ+ならばです。 18  それゆえ,今の時期の[いろいろな]苦しみ+は,わたしたちのうちに表わし示されようとしている栄光に比べれば+,取るに足りないものとわたしは考えます。 19  創造物+は切なる期待+を抱いての子たちの表わし示されることを待っているのです+ 20  創造物は虚無に服させられましたが+,それは自らの意志によるのではなく,服させた方によるのであり,それはこの希望に基づいていたからです+ 21  すなわち,創造物+そのものが腐朽への奴隷状態から自由にされ+の子供の栄光ある自由を持つようになることです* 22  わたしたちが知るとおり,創造物すべては今に至るまで共にうめき,共に苦痛を抱いているのです。 23  それだけではありません。初穂+としての霊を持つわたしたち自身も,そうです,わたしたち自身が,自らの内でうめきつつ+,養子縁組+*,すなわち,贖いによって自分の体から解き放されることを切に待っているのです。 24  わたしたちは[この]希望のもとに救われたからです+。しかし,見えている希望は希望ではありません。というのは,その事柄が見えるとき,人はそれに対して希望を抱くでしょうか。 25  しかし,見ていないものに+希望を抱くのであれば+,わたしたちは忍耐してそれを待ちつづけるのです+ 26  同じように,霊+もまたわたしたちの弱さのために助けに加わります+。[祈る]べきときに何を祈り求めればよいのかをわたしたちは知りませんが+,霊+そのものがことばとならない*うめきと共にわたしたちのために願い出てくれるからです。 27  それでも,心を探る方+は,霊+の意味するところ*が何かを知っておられます。それはにしたがいつつ聖なる者たち+のために願い出ているからです。 28  さて,わたしたちは,を愛する者たち,つまりご自身の目的にしたがってお召しになった者たち+の益のために,*がそのすべてのみ業+を協働させておられることを知っています。 29  ご自分が最初に認めた者たち*+を,[]はまた,みの像+にかたどったものとするように+あらかじめ定められた*+からです。それは,[み]が多くの兄弟たち+の中で初子+となるためでした。 30  さらに,[]があらかじめ定めた者たち+は,またお召しになった者たち+でもあります。そして,お召しになった者たちは,ご自分が義と宣した者たち+でもあります。最後に,[]が義と宣した者たちは,栄光をお与えになった者たち+でもあるのです。 31  では,これらのことに対してわたしたちは何と言えばよいでしょうか。もしがわたしたちの味方であるなら,だれがわたしたちに敵する*でしょうか+ 32  ご自身のみをさえ惜しまず+,わたしたちすべてのためにこれを引き渡してくださったその方が+,どうしてそのご親切によって,[み]と共にほかのすべてのものをも与えてくださらないことがあるでしょうか+ 33  の選ばれた者たちに対してだれが訴えを提出するでしょうか+が[彼らを]義と宣しておられるのです+ 34  罪に定める者はだれですか。キリスト・イエス*は死んでくださった方,いえ,死人の中から*よみがえらされての右+におられる方であり,この方はまた,わたしたちのために願い出てくださるのです+ 35  だれがキリスト*の愛からわたしたちを引き離すでしょうか+。患難,あるいは苦難,迫害,飢え,裸,危険,剣でしょうか+ 36  「あなたのためにわたしたちはひねもす死に渡されており,ほふられる羊のようにみなされた+」と書かれています。 37  しかしその逆に,わたしたちは,わたしたちを愛してくださった方によって,これらのすべての事に全く勝利を収めているのです+ 38  死も,生+も,み使い+も,政府+も,今あるものも,来たるべきものも,力+も, 39  高さも,深さも,またほかのどんな創造物も,わたしたちのキリスト・イエスにおけるの愛からわたしたちを引き離しえないことを,わたしは確信しているからです+

脚注

「養子縁組の」。字義,「子として置くことの」。ギ語,ヒュイオテシアス; ラ語,アドプティオーニス フィーリオールム。
「アバ」。「父」または「父よ」という意味のアラム語。
または,「なぜなら,創造物そのものが……自由を持つようになるからです」。
「養子縁組を」,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; パピ写46とベザ写は省いている。
または,「発することのできない」。
「意味するところ」。または,「思い; 考え」。
「神」,パピ写46,アレ写,バチ写; シナ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳は省いている。
または,「ご自分が予知した者たち」。
字義,「あらかじめ限定された」。
または,「敵し得る」。
「イエス」,シナ写,アレ写,エフ写; バチ写,ベザ写,シリ訳は省いている。
「死人の中から」,アレ写,エフ写; パピ写46,バチ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳は省いている。
「キリスト」,アレ写,エフ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; シナ写,「神」; バチ写,「キリスト・イエスのうちにある神(の愛)」。