内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 8:1‐39

8  こういうわけで,キリストイエス結ばたち対し有罪宣告ありませ+  キリストイエス結びつい+与える+,その[霊]の律法+が,あなた律法+から自由+からです。  肉よる弱さ+あるかぎり律法能力ところあっ+は,ご自身罪深い+,また関連+遣わすことより+,肉おい対する有罪宣告されです。  それは,律法要求が,肉なく,霊したがって歩む+わたしたちうち全うされるため+でした。  肉したがう自分思い事柄向ける対し+,霊したがう事柄に[向ける]からです+  肉思うこと意味する対し+,霊思うこと+平和意味するです。  肉思うこと敵対意味するからです+。それ律法服従おら+,また,現に[服従し]えないです。  それで,肉和しいる+喜ばせることできません。  しかし,あなた方うち真に宿っいるなら+,あなた方は,肉なく,霊和しいるです+。けれども,キリスト+持たないいれば,その属するありません。 10  しかし,キリストあなた方結びついいるなら+,体ゆえに確か死んいるも,霊ゆえになっいるです+ 11  そして,イエス死人からよみがえらせあなた方うち宿っいるなら,キリストイエス死人からよみがえらせその+は,あなた方うち住むご自分よって,あなた方死ぬべき生かしくださる+です。 12  それですから,兄弟たち,わたしたち義務負っます。それは,肉したがって生きる+いう,肉対する[義務]ではありません。 13  肉したがって生きるなら,あなた方必ず至るからです+。しかし,霊よっ習わし殺すなら+,あなた方生きるです。 14  導かれるみなあるからです+ 15  あなた方は,再び恐れ生じさせる奴隷身分受けなく+,養子縁組+*受けあり+,わたしたちそのよって,「アバ*+よ!」と叫ぶです。 16  霊+そのものが,わたしたち+に,わたしたち子供あること+証します+ 17  さて,子供あるならば,相続あります。実に,相続あり,キリスト共同相続+です。ただし,共栄光受けるため+,共苦しむ+ならです。 18  それゆえ,今時期の[いろいろな]苦しみ+は,わたしたちうち表わし示さよういる栄光比べれ+,取る足りないものわたし考えます。 19  創造+なる期待+抱いたち表わし示されること待っいるです+ 20  創造虚無服さられまし+,それ自ら意志よるなく,服さよるあり,それこの希望基づいからです+ 21  すなわち,創造+そのもの腐朽奴隷状態から自由され+子供栄光ある自由持つようなることです* 22  わたしたち知るとおり,創造すべて至るまでうめき,共苦痛抱いいるです。 23  それだけありません。初穂+持つわたしたち自身も,そうです,わたしたち自身が,自らうめきつつ+,養子縁組+*,すなわち,贖いよっ自分から解き放されること待っいるです。 24  わたしたちは[この]希望もと救わからです+。しかし,見えいる希望希望ありません。というのは,その事柄見えるとき,人それ対し希望抱くでしょか。 25  しかし,見ないもの+希望抱くあれ+,わたしたち忍耐それ待ちつづけるです+ 26  同じように,霊+またわたしたち弱さため助け加わります+。[祈る]べきとき祈り求めれよいわたしたち知りませ+,霊+そのものことばならない*うめきわたしたちため願い出くれるからです。 27  それでも,心探る+は,霊+意味するところ*知っおらます。それつつなるたち+ため願い出いるからです。 28  さて,わたしたちは,愛するたち,つまりご自身目的したがってお召しなったち+ために,*そのすべてみ業+協働おられること知っます。 29  ご自分最初認めたち*+を,[]はまた,み+かたどっものするよう+あらかじめ定められ*+からです。それは,[み]が多く兄弟たち+初子+なるためでした。 30  さらに,[]があらかじめ定めたち+は,またお召しなったち+あります。そして,お召しなったちは,ご自分宣したち+あります。最後に,[]が宣したちは,栄光お与えなったち+あるです。 31  では,これらこと対しわたしたち言えよいでしょか。もしわたしたち味方あるなら,だれわたしたち敵する*でしょ+ 32  ご自身さえ惜しま+,わたしたちすべてためこれ引き渡しくださっその+,どうしてそのご親切よって,[み]とほかすべてもの与えくださらないことあるでしょ+ 33  選ばたち対しだれ訴え提出するでしょ+が[彼らを]義宣しおられるです+ 34  罪定めるだれですか。キリストイエス*死んくださっ方,いえ,死人から*よみがえらさ+おられるあり,このまた,わたしたちため願い出くださるです+ 35  だれキリスト*からわたしたち引き離すでしょ+。患難,あるいは苦難,迫害,飢え,裸,危険,剣でしょ+ 36  「あなたためわたしたちひねもす渡さおり,ほふられるようみなさ+」と書かます。 37  しかしそのに,わたしたちは,わたしたち愛しくださっよって,これらすべて全く勝利収めいるです+ 38  死も,生+も,み使い+も,政府+も,今あるものも,来たるべきものも,力+も, 39  高さも,深さも,またほかどんな創造も,わたしたちキリストイエスおけるからわたしたち引き離しないことを,わたし確信いるからです+

脚注

「養子縁組の」。字義,「子置くことの」。ギ語,ヒュイオテシアス; ラ語,アドプティオーニス フィーリオールム。
「アバ」。「父」または「父よ」という意味アラム語。
または,「なぜなら,創造そのものが……自由持つようなるからです」。
「養子縁組を」,シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; パピ写46ベザ写省いいる。
または,「発することできない」。
「意味するところ」。または,「思い; 考え」。
「神」,パピ写46,アレ写,バチ写; シナ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳省いいる。
または,「ご自分予知たち」。
字義,「あらかじめ限定た」。
または,「敵し得る」。
「イエス」,シナ写,アレ写,エフ写; バチ写,ベザ写,シリ訳省いいる。
「死人から」,アレ写,エフ写; パピ写46,バチ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳省いいる。
「キリスト」,アレ写,エフ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; シナ写,「神」; バチ写,「キリストイエスうちある神(の愛)」。