内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 7:1‐25

7  兄たち,対し主人なるその生きいるあるいうことを,あなた方知らないでしょ+。(わたしは,律法知っいるたち話しいるです。)  例えば,結婚いる*は,夫生きいる律法よっもと縛らます。しかし,夫死ねば,彼女律法から解かます+  それですから,夫生きいるものなっすれば,その姦婦*となえられるでしょ+。しかし,夫死ねば,その律法から自由なるで,別ものなっも,姦婦ありませ+  それで,わたしたち,あなた方も,キリストより対し死んものされです+。それは,あなた方もの+,死人からよみがえらさものなっ+,わたしたち+結ぶためです。  わたしたちしたがっ+よっかき立てられ罪深い情欲わたしたち肢体うち働いて,わたしたち生み出さです+  しかし,今わたしたちから解かまし+。自分たち堅く抑えられもの対し死んからです+。それは,霊よっ+新しい意味奴隷*なり+,書か法典+よる,古い意味の[奴隷なら]ないためです。  では,わたしたち言えよいでしょか。です+。断じてそうならないように! 実際,なかっなら,わたし知ることなかっでしょ+。たとえば,が,「あなた貪っならない+」と言っなかったら,わたし貪欲+いうこと知らなかっでしょう。  しかし,罪おきて通し誘い受け+,わたしうちあらゆる貪欲生み出しました。律法なければ,罪死んです+  事実,わたしかつて律法なし生きまし+。しかしおきて到来+,罪生き返り,わたし死にまし+ 10  そして,命至らせるおきて+,わたしこれが,死至らせるものあること見いだしまし+ 11  罪おきて通し誘い受け,わたしたぶらかし+,それ通しわたし殺しです。 12  それゆえに,そのものなるものあっ+,おきてかな+,良いものです+ 13  では,良ものわたしとっなっですか。断じてそのようことないように! そうなく,罪そうなっです。それ良いもの通しわたし生み出すそう示されるためあり+,罪おきて通しいよいよ罪深いものなるためでし+ 14  わたしたちいるとおり,霊的ものあるからです+。しかしわたし肉的あって,罪もと売らいるです+ 15  わたし生み出しいるもの知らないからです。自分願う*ところ,それわたし実践ず,かえって自分憎むところ,それ行なっいるです。 16  しかし,自願わないところ,それわたし行なうところなっいるなら+,わたしは,りっぱものあること同意いるです+ 17  しかし,それ生み出しいるもはやわたしなく,わたしうち住むです+ 18  わたしうち,つまり自分うちに,良いもの宿っないこと知っいるです+。願う能力+わたしあるですが,りっぱ事柄生み出す能力+ないからです。 19  自願う良い事柄行なわ+,自分願わない悪い事柄,それ自分行なうところなっいるです。 20  では,自願わない事柄,それわたし行なうところあるなら,それ生み出しいるもはやわたしなく,わたしうち宿っいるです+ 21  そこでわたしは,自場合この法則見いだします。自分正しいことたい願う+,悪自分あるいうことです+ 22  わたしは,内なる+律法ほんとう喜んます+ 23  自肢体+律法わたし思い+律法戦い+,わたしとりこ肢体ある律法引い行く+ます。 24  わたし惨め*人間です! こう死につつある+から,だれわたし救い出しくれるでしょか。 25  わたしたちイエスキリスト通しただ感謝べきです+! こうて,わたし自身は,思い律法対する奴隷です+,肉おい律法対する[奴隷]なです+

脚注

または,「夫もとある女」。
「姦婦」。ラ語,アドゥルテラ。
「奴隷」,シナ写,アレ写,バチ写; エ18,「エホバ僕」。
または,「自分意図する」。
「実惨めな」。字義,「[皮膚の]たこ忍ぶ」。