内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 6:1‐23

6  そこで,わたしたち言えよいでしょか。過分ご親切満ちあふれるために,罪うちとどまるべきです+  断じてそのようことないように! わたしたち関し死んですから+,どうしてなおもそのうち生きつづけよいでしょ+  それあなた方知らないですか。キリストイエス*バプテスマ受けわたしたちすべて+,そのバプテスマ受けです+  ですから,彼バプテスマ[を受けこと]によって,わたしたち葬らです+。それは,キリスト栄光よっ死人からよみがえらさ同じよう+,わたしたち新た状態歩むためです+  彼なっ+結ば*あれば,わたしたち必ず,彼復活と[似なっ+]やはり[彼結ばれる]のです。  わたしたち知るとおり,わたしたち古い人格*は[彼]とつけられあり+,それは,罪深い*活動され+,もはや対する奴隷ならないためです+  死んは[自分の]罪から放免いる*です+  さらに,キリスト死んあれば,彼生きるようなることわたしたち信じます+  死人からよみがえらさ+,キリストもはや死なない+いうことを,わたしたち知っいるからです。死もはや対し主人ありません。 10  彼遂げ死,それ関しただ一度かぎり遂げあっからです+。また,[いま]生きおられる[命],それ関し生きおられる[命]なです+ 11  あなた方同様です。自分を,罪関しまさしく死んもの+,しかし,関しキリストイエスよっ生きいるもの+みなしなさい。 12  それゆえ,罪あなた方死ぬべき引き続き支配+,あなた方が[体]の欲望従ういうことあっなりませ+ 13  また,あなた方肢体引き続き不義武器+差し出しなりませ+。むしろ,自分死人から生き[返っ]たもの差し出し+,また自分肢体武器+に[差し出し]なさい。 14  律法もとではなく+過分ご親切もとある+以上,罪あなた方主人なっならない*からです。 15  ではどうなりますか。わたしたちは,律法もとではなく+過分ご親切もといる+ゆえに犯すですか。断じてそのようことないように! 16  あなた方は,自分奴隷だれ差し出しそれ従っゆくなら,その従うゆえにその奴隷なり+,死見込み伴う+の[奴隷+]とも,あるいは+見込み伴う従順+の[奴隷]となること知らないですか。 17  しかし,感謝べきことに,あなた方奴隷あっに,その導き渡さ教え様式から従順なりまし+ 18  そうです,あなた方から自由され+,そのゆえに対する+奴隷なっです+ 19  わたしは,あなた方弱さ+ため人間言い方ます。あなた方は,[かつて]自分肢体+を,不法見込み伴う*不法汚れ対する奴隷+差し出しように,今自分肢体を,神聖見込み伴う対する奴隷差し出しなさい+ 20  罪奴隷あっ+,あなた方つい自由あっです。 21  では,あなた方その当時どんな+でしか。それは,あなた方恥じいるもの+です*。その終わり*あるからです+ 22  しかし,今あなた方から自由され対する奴隷なっ+,神聖自分+おり,その終わり永遠です+ 23  罪報い*です+賜物*+は,わたしたちキリストイエスよる+永遠+からです。

脚注

「イエス」。バチ写省いいる。
または,「彼成長た」。
字義,「古い人」。
または,「罪属するわたしたち体」。
「放免いる」。字義,「正しいされいる」。ギ語,デディカイオータイ。
または,「主人ならない」。
「不法見込み伴う」。バチ写省いいる。
または,「では,今恥じいるものからあなた方その当時どんなでしか」。
または,「最後」。ギ語,テロス。
「報い」。ラ語,スティーペンディア。
「賜物」。字義,「慈しみ賜物」。ギ語,カリスマ; ラ語,グラーティア。