アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ローマ 6:1-23

6  そこで,わたしたちは何と言えばよいでしょうか。過分のご親切が満ちあふれるために,罪のうちにとどまるべきですか+  断じてそのようなことはないように! わたしたちは罪に関しては死んだのですから+,どうしてなおもそのうちに生きつづけてよいでしょうか+  それともあなた方は知らないのですか。キリスト・イエス*へのバプテスマを受けたわたしたちすべては+,その死へのバプテスマを受けたのです+  ですから,彼の死へのバプテスマ[を受けたこと]によって,わたしたちは彼と共に葬られたのです+。それは,キリストがの栄光によって死人の中からよみがえらされたのと同じように+,わたしたちも命の新たな状態の中を歩むためです+  彼の死と似た様になって+彼と結ばれた*のであれば,わたしたちは必ず,彼の復活と[似た様になって+]やはり[彼と結ばれる]のです。  わたしたちが知るとおり,わたしたちの古い人格*は[彼]と共に杭につけられたのであり+,それは,罪深い体*が無活動にされて+,もはや罪に対する奴隷とはならないためです+  死んだ者は[自分の]罪から放免されている*のです+  さらに,キリストと共に死んだのであれば,彼と共に生きるようになることをもわたしたちは信じています+  死人の中からよみがえらされた今+,キリストはもはや死なない+ということを,わたしたちは知っているからです。死はもはや彼に対して主人ではありません。 10  彼の遂げた死,それは罪に関してただ一度かぎり遂げた死であったからです+。また,[いま]生きておられる[命],それはに関して生きておられる[命]なのです+ 11  あなた方も同様です。自分を,罪に関してはまさしく死んだもの+,しかし,に関してはキリスト・イエスによって生きているもの+とみなしなさい。 12  それゆえ,罪があなた方の死ぬべき体の中で引き続き王として支配し+,あなた方が[体]の欲望に従うということがあってはなりません+ 13  また,あなた方の肢体を引き続き不義の武器として+罪に差し出してもなりません+。むしろ,自分を死人の中から生き[返っ]たものとしてに差し出し+,また自分の肢体を義の武器+としてに[差し出し]なさい。 14  律法のもとにではなく+過分のご親切のもとにある+以上,罪があなた方の主人となってはならない*からです。 15  ではどうなりますか。わたしたちは,律法のもとにではなく+過分のご親切のもとにいる+がゆえに罪を犯すのですか。断じてそのようなことはないように! 16  あなた方は,自分を奴隷としてだれかに差し出してそれに従ってゆくなら,その者に従うがゆえにその奴隷となり+,死の見込みを伴う+罪の[奴隷+]とも,あるいは義+の見込みを伴う従順+の[奴隷]ともなることを知らないのですか。 17  しかし,に感謝すべきことに,あなた方は罪の奴隷であったのに,その導き渡された教えの様式に心から従順になりました+ 18  そうです,あなた方は罪から自由にされ+,そのゆえに義に対する+奴隷となったのです+ 19  わたしは,あなた方の肉の弱さ+のために人間的な言い方をします。あなた方は,[かつて]自分の肢体+を,不法の見込みを伴う*不法と汚れに対する奴隷として+差し出したように,今は自分の肢体を,神聖さの見込みを伴う義に対する奴隷として差し出しなさい+ 20  罪の奴隷であった時+,あなた方は義については自由であったのです。 21  では,あなた方がその当時得ていたのはどんな実+でしたか。それは,あなた方が今では恥じているもの+です*。その終わり*は死であるからです+ 22  しかし,今あなた方は罪から自由にされてに対する奴隷となったので+,神聖さの面で自分の実+を得ており,その終わりは永遠の命です+ 23  罪の報い*は死ですが+の賜物*+は,わたしたちのキリスト・イエスによる+永遠の命+だからです。

脚注

「イエス」。バチ写は省いている。
または,「彼と共に成長した」。
字義,「古い人」。
または,「罪に属するわたしたちの体」。
「放免されている」。字義,「正しいとされている」。ギ語,デディカイオータイ。
または,「主人とはならない」。
「不法の見込みを伴う」。バチ写は省いている。
または,「では,今では恥じているものからあなた方がその当時得ていたのはどんな実でしたか」。
または,「最後」。ギ語,テロス。
「報い」。ラ語,スティーペンディア。
「賜物」。字義,「慈しみの賜物」。ギ語,カリスマ; ラ語,グラーティア。