内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ローマ 4:1‐25

4  そう​で​あれ​ば,肉​に​よる​わたしたち​の​父祖​アブラハム​に​つい​て​何​と​言え​ば​よい​でしょ​う​か*+  例えば,もし​アブラハム​が​業​の​結果​義​と​宣せ​られ​た​の​なら+,彼​に​は​誇る​根拠​も​あっ​た​こと​でしょ​う。と​いっ​て​も,​に​対し​て​で​は​あり​ませ​ん。  聖句​は​何​と​言っ​て​いる​でしょ​う​か。「アブラハム​は​エホバ​*に​信仰​を​働かせ,彼​に​対し​て​それ​は​義​と​みなさ​れ​た+」。  さて,働く​人​に​対し​て+,給料​は​過分​の​親切​で​は​なく+,債務​と​みなさ​れ​ます*+  他方,業​を​行なわ​なく​て​も,不​敬虔​な​者​を​義​と​宣する​方​に​信仰​を​置く​人​に​対し​て​は+,その​人​の​信仰​が​義​と​みなさ​れる​の​です+  ダビデ​も,​が​業​を​別​に​し​て​義​と​みなし​て​くださる​人​の​幸い​に​つい​て​語っ​て​いる​*とおり​です。  「その​不法​な​行ない​を​赦さ​れ+,罪​を​覆わ​れ​た​者​は​幸い​で​ある+  エホバ​*が​その​罪​を​考慮​に​入れる​こと​の​ない​人​は​幸い​で​ある+」。  では,この​幸い​は​割礼​を​受け​た​人々​に​臨む​の​です​か。それとも,無​割礼​の​人々​に​も​です​か+。というのは,「アブラハム​に​対し​て​その​信仰​は​義​と​みなさ​れ​た+」と,わたしたち​は​言う​から​です。 10  では,どんな​事情​の​もと​で​その​よう​に​みなさ​れ​た​の​です​か。彼​が​割礼[を​受け​て​から]です​か,それ​と​も​無​割礼​の​時​でし​た​か+。割礼[を​受け​て​から]で​は​なく,無​割礼​の​時​です。 11  そして​彼​は​しるし,すなわち​割礼​を,無​割礼​の​状態​で​得​て​い​た​信仰​に​よる​義​の​証印​*と​し​て​受け​た​の​です+。それ​は,無​割礼​の​状態​で​信仰​を​持つ​人​+すべて​の​父​と​なり+,その​人​たち​が​義​と​みなさ​れる​ため​でし​た。 12  それで,[彼​は]割礼​の​ある​子孫​の​父​です​が,割礼​を​堅く​守る​者​たち​に​対し​て​だけ​で​なく,無​割礼​の​状態​に​あり​ながら,わたしたち​の​父​+アブラハム​が​持っ​た​あの​信仰​の​足跡​に​そっ​て​整然​と​歩む​者​たち​に​対し​て​も[父]な​の​です。 13  というのは,世​の​相続​人​と​なる​と​いう​約束​を​アブラハム​と​その​胤​が​得​た​の​は+,律法​を​通し​て​で​は​なく,信仰​に​よる​義​を​通し​て​で​あっ​た​から​です+ 14  律法​を​堅く​守る​者​たち​が​相続​人​で​ある​の​なら,信仰​は​無用​と​なり,その​約束​は​廃棄​さ​れ​た​こと​に​なり​ます+ 15  実際​の​ところ,​は​憤り​を​生じ​させ+,律法​の​ない​ところ​に​は​違犯​も​ない​の​です+ 16  この​よう​な​訳​で,それ​は​信仰​の​結果​でし​た。それ​が​過分​の​ご親切​に​よる​もの​と​なっ​て+,その​約束​+が​彼​の​胤​すべて​に+,すなわち,​を​堅く​守る​者​だけ​で​なく,アブラハム​の​信仰​を​堅く​守る​者​に​対し​て​も,確か​な​もの​と​なる​ため​でし​た。(彼​は​わたしたち​すべて​の​父​で​あり+ 17  「わたし​は​あなた​を​任じ​て​多く​の​国​の​民​の​父​と​し​た+」と​書か​れ​て​いる​とおり​です。)これ​は,彼​が​信仰​を​抱い​て​い​た​,すなわち,死人​を​生かし+,無い​物​を​有る​か​の​よう​に​呼ば​れる*+,その​​の​み前​に​おい​て​の​こと​でし​た。 18  達し​がたい​希望​で​は​あり​まし​た​が,それでも​希望​を​よりどころ​と​し​て​彼​は​信仰​を​抱き​まし​た+。それ​は,「あなた​の​胤​も​その​よう​で​あろ​う」と​言わ​れ​た​ところ​に​したがって+,彼​が​多く​の​国​の​民​の​父​と​なる​ため​でし​た+ 19  そして​彼​は,信仰​に​おい​て​は​弱く​なり​ませ​ん​でし​た​が,およそ​百​歳​で​あっ​た​の​で+,自分​の​体​が​すでに​死ん​だ​も​同然​で​ある​こと+,また​サラ​の​胎​が​死ん​だ​状態​に​ある​こと​+を​思い見​まし​た。 20  しかし,​の​約束​の​ゆえに+,信仰​を​欠い​て​たじろい​だり​する​こと​なく+,むしろ​信仰​に​よっ​て​強力​に​なり+​に​栄光​を​帰し, 21  また,[]は​ご自分​の​約束​し​た​事​を​果たす​こと​も​できる​の​だ​と​十分​に​確信​し​て​い​まし​た+ 22  ゆえに,「彼​に​対し​て​それ​は​義​と​みなさ​れ​た」の​です+ 23  しかしながら,「彼​に​対し​て​それ​が[その​よう​に]みなさ​れ​た+」と​いう​こと​は,ただ​彼​の​ため​だけ​で​なく+ 24  [同じ​よう​に]みなし​て​いただく​こと​に​なっ​て​いる​わたしたち​の​ため​に​も​書か​れ​た​の​です。わたしたち​は,わたしたち​の​​イエス​を​死人​の​中​から​よみがえらせ​た​方​を​信じ​て​頼っ​て​いる​から​です+ 25  [イエス]は​わたしたち​の​罪過​の​ため​に​引き渡さ​れ+,わたしたち​を​義​と​宣する​ため​に​よみがえらさ​れ​た​の​です+

脚注

「肉​に​よる……アブラハム​に​つい​て​何​と​言え​ば​よい​でしょ​う​か」,バチ写; シナ写,アレ写,ベザ写,ウル訳,「肉​に​よる​わたしたち​の​父祖​アブラハム​は​何​を​得​た​と​言える​の​でしょ​う​か」。
付録1ニ参照。
「債務​と​みなさ​れ​ます」。字義,「計算​さ​れ​て​い​ます」。ギ語,ロギゼタイ; ラ語,インプタートゥル。
または,「人​へ​の​祝詞​を​述べ​て​いる」。
付録1ニ参照。
または,「義​の​確証」。
または,「呼び出さ​れる」。