内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 3:1-31

3  では,ユダヤ人の勝ったところは何ですか+。また,割礼の益は何ですか+  あらゆる点で非常に多くあります。まず第一に,彼らがの神聖な宣言*を託されたことです+  では,[実情は]どうなのですか。ある者が信仰を表わさなかったとすれば+,その信仰の欠如が,の忠実さ+を無力にでもするのでしょうか+  断じてそのようなことはないように! むしろ,すべての人が偽り者であったとしても+は真実であることが知られるように+。「あなたが言葉において義なることが証明され,裁かれる際には勝つため+」と書かれているとおりです。  しかしながら,わたしたちの不義がの義+を際立たせるのであれば,わたしたちは何と言えばよいのでしょうか。が憤りを発しても不当であるわけではないでしょう+。(わたしは人間がするような言い方をしているのです+。)  断じてそのようなことはないように! そうでなければ,はどのようにして世を裁くのですか+  しかしながら,もしわたしの偽りのゆえにの真実さ+がいよいよ引き立って[]の栄光となったのであれば,なぜわたしはなおも罪人として裁かれているのですか+  そして[なぜ],わたしたちが言いがかりを受け+,わたしたちがそう唱えているとある人たちが言うとおり,「良いことが来るように悪いことをしよう+」と[言わ]ないのですか。そうした[人たち]に対する裁き+は正当なものです+  ではどうなのですか。わたしたちは勝った立場にいるのですか+。決してそうではありません! わたしたちはすでに,ユダヤ人もギリシャ人もみな罪*のもとにあるとの告発をしたのです+ 10  こう書かれているとおりです。「義[人]はいない,一人もいない+ 11  洞察力のある者はいない,を探し求める者はいない+ 12  すべて[の人]が[道から]それ,みな共に価値のない者となった。親切を行なう者はいない,一人すらいない+」。 13  「そののどは開かれた墓,彼らは舌で欺まんを弄した+」。「毒へびの毒が彼らの唇の裏にある+」。 14  「またその口はのろいと苦いことばで満ちている+」。 15  「彼らの足は血を流すのに速い+」。 16  「破滅と悲惨が彼らの道にあり+ 17  彼らは平和の道を知らない+」。 18  「彼らの目の前にへの恐れはない+」。* 19  さて,わたしたちは,律法*+の述べる事柄はみな,律法のもとにある者たちに対して語られていることを知っています。それは,すべての口がふさがれて+,全世界がの処罰+に服するようになるためです+ 20  したがって,律法の業によって肉なる者が[]のみ前で義と宣せられることはありません+。律法によって+罪についての正確な知識が生じるのです+ 21  しかし今や,律法からは離れての義+が明らかにされました。律法+預言者たちによって+証しされているとおりです+ 22  そうです,イエス*・キリストに対する信仰によるの義であり+,信仰を持つすべての者のためのものです+。差別はないからです+ 23  というのは,すべての者は罪をおかしたので+の栄光に達しないからであり+ 24  彼らがキリスト・イエスの[払った]贖いによる釈放+を通し*,[]の過分のご親切によって義と宣せられるのは+,無償の賜物としてなのです+ 25  はこの方を,その血に対する信仰による+なだめのための捧げ物*として立てられました+。これはご自身の義を示すためでした。は過去に,すなわちご自分が堪忍を働かせていた間に+なされた罪を許しておられたからです+ 26  こうして今の時期にご自身の義を示し+,イエスに信仰を持つ人を義と宣する際にもご自分が義にかなうようにされました+ 27  では,誇るところはどこにあるのでしょうか+。そのようなことは締め出されているのです。どんな律法によってですか+。業の[律法]ですか+。決してそうではありません。信仰の律法によってです+ 28  わたしたちは,人は律法の業とは別に,信仰によって義と宣せられる*,とみなすからです+ 29  それとも,この方はユダヤ人だけのなのですか+。諸国の人たちの[]なのでもありませんか+。そうです,諸国の人たちの[]でもあります+ 30  もしがほんとうにただひとりならばです+。[]は,割礼を受けた人々を信仰の結果義と宣し+,無割礼の人々をもその信仰によって[義と宣する]のです+ 31  では,わたしたちは自分の信仰によって律法を廃棄するのですか+。断じてそのようなことはないように! それどころか,わたしたちは律法を確立するのです+

脚注

「神聖宣言」。字義,「小さい言葉」。ギ語,ロギア; ラ語,エーロクウィア; エ17,18,22(ヘ語),ディヴレー。
「罪」。ギ語,ハマルティアン; ラ語,ペッカートー; エ17(ヘ語),ハヘート,「[槍投げなどで]的外す」という意味から派生。23参照。
13‐18引用七十訳詩 13:3られる。詩 14:3脚注参照。
「律法」。ギ語,ホ ノモス。特称するため定冠詞「ホ」が付いいる。ここは,文脈からて,特定律法,すなわち,モーセ通し与えられた「律法」を指しいる。聖書協会世界連盟(ロンドン)発行バイブルトランスレイター誌,第1巻,19501号,165ページで,Jハロルドグリーンリーこう述べいる。「『律法』という場合ごと注意要る。[ギリシャの]冠詞は,ある特別律法,つまりモーセ律法示しいる。冠詞付いなければ,一般意味の『律法』を指しいる言えよう」。
「イエス」。バチ写省いいる。
または,「キリストイエスおける(による)請け戻し通し」。
「なだめため捧げ物」。字義,「なだめ」。ギ語,ヒラステーリオン; ラ語,プロピティアーティオーネム; エ17(ヘ語),レカッポーレト,「なだめ覆いて」。ヘブ 9:5参照。
字義,「正しいされゆく」。ギ語,ディカイウースタイ; ラ語,イウスティフィカーリー。