内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 11:1‐36

11  では,わたし言います。ご自分退けられわけないでしょ+。断じてそのようことないように! わたしイスラエルあり+,アブラハム者,ベニヤミン部族からです+  ご自分最初認め*退けたりされませでし+。あなた方は,エリヤ関し聖書述べいること知らないでしょか。彼イスラエル責め願い出いるです+  「エホバ*よ,彼らあなた預言たち殺し,あなた祭壇掘り起こし,私ひとり残さました。それなのに彼ら*求めいるです+」。  しかし,神宣言+言うでしょか。「わたし自分ため男子七千残した。バアルひざかがめなかったちある+」。  それゆえ,これ同じようて,今時期も,残り+過分ご親切よる選び+よっです。  さて,それ過分ご親切よるあれ+,それもはやよらないです+。そうなければ,過分ご親切もはや過分ご親切なくなっしまいます+  では,どうなるですか。イスラエル自分追い求めいるもの+,ただ選ば*+それです。あと感覚鈍くされまし+  「*彼ら深い眠り与え+,今日この至るまで,目見えないように,耳聞こえないようされ+」と書かいるとおりです。  また,ダビデこう言っます。「彼ら食卓*彼らとっわな,仕掛け,つまずきもと,応報なるよう+ 10  彼ら暗くなっ見えなくなるように。またそのかがまください+」。 11  そこでわたし尋ねます。彼らつまずい全く倒れしまっ+ですか。断じてそのようことないように! しかし,彼ら踏み外し+よっ諸国たち救いあるあり+,それ彼らねたみ起こさせるためです+ 12  さて,彼ら踏み外しとっなり,彼ら減退諸国たちとっなるあれ+,彼らそろこと*+なおことそのようなるはずです。 13  そこで諸国たち言います。わたし実際国民+使徒+ですから,自分この奉仕務め+栄光あるものます+ 14  それは,何わたし骨肉[のたち]にねたみ起こさて,そのから+でも救えれ+と[願うから]です。 15  というのは,彼ら捨て去ること+とっ和解+意味するあれば,彼ら迎え入れることから以外意味するでしょか。 16  さらに,初穂+[と取ら部分]がなるものあれば,その固まりそうです。また,根なるものあれ+,枝そうです。 17  しかしながら,枝うちあるもの折り取られ,他方あなたが,野生オリーブありながらその[枝]に交じっ接ぎ木され+,そのオリーブ+肥え+あずかるなっも, 18  それら対し勝ち誇っなりません。しかし,たとえそれら対し勝ち誇る+,あなた支えいるなく+,根あなたを[支えいる]のです+ 19  ここあなた言うでしょう,「わたし接ぎ木れるため+折り取ら+」と。 20  そのとおりです! 彼ら信仰欠如ゆえに+折り取られ,一方あなた信仰よっ立っいるです+。高ぶっ考え抱か+,むしろ恐れ気持ちなさい+ 21  本来惜しまなかっあれば,あなた惜しまれることないからです+ 22  それゆえ,ご親切+厳しさなさい+。倒れたち対し厳しさあります+。一方あなた対しご親切あります。ただし,あなたそのご親切うちとどまっいれ+ことです。そうないと,あなた切り落とされることなります+ 23  また彼らも,信仰欠如うちとどまっなければ,接ぎ木れることなるです+彼ら再び接ぎ木することできるからです。 24  というのは,あなた本来野生オリーブから切り取られ,自然反しオリーブ接ぎ木あれ+,まして,本来それ属するこれらもの自らオリーブ接ぎ木れるはずからです+ 25  兄弟たち,あなた方が[ただ]自分から思慮深いならないために,わたしあなた方この神聖奥義+つい無知いることないよう願うです。すなわち,諸国たち入っ+[そのたちの]数そろ*まで+,感覚鈍り+イスラエル部分生じ, 26  こうイスラエル+救われることです。まさに書かいるとおりです。「救出シオンから+,不敬虔習わしヤコブから遠ざける+ 27  そして,わたし彼ら取り去る時,これ彼ら対するわたし契約ある+」。 28  確かに,良いたよりつい言えば,彼らあなた方ためなっます+,[の]選び*つい言えば,彼らその父祖たちため愛さます+ 29  賜物召しは,[]が悔やまれる事柄ないからです+ 30  あなた方かつて従順+,今彼ら従順+ゆえに憐れみ受けいる+同じように, 31  彼らいま従順なっあなた方憐れみ及ん+,それ彼ら自身今や憐れみ受けるためです。 32  彼らすべて従順うち閉じ込め+,こうそのすべて憐れみ示そされです+ 33  ああ,+知恵+知識+深さよ。その裁き探りがたく+,そのは[何と]たどりがたいものでしょう。 34  「だれエホバ*思い知るようなり+,だれその助言なっあろ+」, 35  また,「だれまず[]に与えその報いされなけれならないようだろ+」とあるです。 36  すべてものは[]から,また[]により,そして[]のためあるからです+。[]に栄光永久ありますよう+。アーメン。

脚注

または,「ご自分予知た」。
付録1ニ参照。
または,「命」。付録4イ参照。
「選ば者」。字義,「選び; 選出」。
「神」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳; エ7,8,10,13‐15,20,「エホバ」。
または,「宴席」。
または,「彼ら満ちること」。
または,「[そのたちの]満ちる」。
「[神の]選び」。または,「選び; 選ば者」。
付録1ニ参照。