内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ローマ 10:1‐21

10  兄弟たち,わたし善意と,彼らためささげる祈願は,彼ら救いためほかなりませ+  わたしは,彼ら対する熱心+抱いいること証しする*です。しかし,それ正確知識+よるものありません。  彼ら知らない+,自分たち自身の[義]を確立よう努めため+服さなかっからです+  キリスト律法終わり*あり+,こうて,信仰働かせるみな得るです+  モーセは,律法行なっそれよっ生きる,と書います+  しかし,信仰結果あるこのよう語ります。「あなた+,『だれ上るだろ+』と言っは,つまりキリスト+引き下ろそならない。  また,『だれ底知れ深み下るだろ+』と[言っは],つまりキリスト死人+から引き上げようならない」。  では,それ言うですか。「その言葉あなた近く,あなた中,あなたある+」。つまり,信仰の「言葉+」のことあり,わたしたち宣べ伝えいる*ものです+  その『あなたある言葉』,つまり,イエス*ある+いうこと宣言+死人からよみがえらせ信仰働かせるなら+,あなた救われるです+ 10  人は,義ため+信仰働かせ,救いため宣言+するからです。 11  聖書は,「彼信仰置く+だれ失望られない*+」と言っます。 12  ユダヤギリシャ差別ないからです+。すべて同じおられ,このご自分呼び求めるすべて対し豊か+です。 13  「エホバ*呼び求めるみな救われる」のです+ 14  しかしは,自分信仰持っないどうして呼び求めるでしょ+。また,自分聞いことないどうして信仰持つでしょか。また,宣べ伝えるなければ,どうして聞くでしょ+ 15  また,遣わさなければ,どうして宣べ伝えるでしょ+。「良い事柄つい良いたより宣明する麗しいだろ+」と書かいるとおりです。 16  しかしながら,すべて良いたより従っありませ+。イザヤは,「エホバ*よ,わたしたちから聞い事柄だれ信仰置いでしょ+」と言っいるからです。 17  ですから,信仰聞く事柄から生じるです+。一方,聞く事柄キリストつい言葉*よるです+ 18  しかしながら,わたし言います。彼ら聞かなかっわけないでしょう。実に,「その全地行き+,その発言住む*果て*まで[行っ+]」のです。 19  しかしながら,わたし言います。イスラエル知らなかっわけないでしょ+。最初モーセこう言っます。「わたしは,国民ないものよっあなた方ねたみ起こさせ,愚鈍国民よっあなた方激しい怒り起こさせる+」。 20  しかし,イザヤすこぶる大胆なっこう言っます。「わたしは,わたし探しなかったち見いださ+,わたし求めなかったち明らかなっ+」。 21  しかし,イスラエルついこう言っます。「わたしは,不従順+,口答えする向かって,ひねもす自分伸べ+」。

脚注

「わたしは……証しする」。ギ語,マルテュロー; ラ語,テスティモーニウム……ペルヒベオー。
「終わり」。または,「完了た(完結た)終わり」。ギ語,テロス。
または,「わたしたち布告いる」。ギ語,ケーリュッソメン; ラ語,プラエディカームス。ダニ 5:29,「布告た」の脚注比較。
ギ語,キュリオス; エ12‐14,16‐18,22(ヘ語),ハーアードーン,「主」。「エホバ」でない。
または,「辱められない」。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
「キリストつい言葉」,パピ写46,シナ写*,バチ写,エフ写,ベザ写*,ウル訳; シナ写c,アレ写,シリ訳,「神言葉」; エ7,8,10,「エホバ言葉」。
「人住む地」。字義,「住まいる[ところ]」。ギ語,オイクーメネース,女性単数形。地指す。
マタ 12:42脚注参照。