アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ローマ 1:1-32

1  イエス・キリストの奴隷+であり,使徒+となるために召され+の良いたより+のために分けられたパウロから―  その[良いたより]は,[]がご自分の預言者たちを通して聖なるの中にあらかじめ約束されたもので+  []のみに関するものです。その[み]は,肉によれば+ダビデの胤*から出ましたが+  聖なる霊+によれば,死人の中からの復活により+,力をもって+神の子+と宣言された*方です。(そうです,それはわたしたちのイエス・キリストで,  わたしたち*は,その名に関してあらゆる国民の間に信仰の従順があるようにと+,この方を通して過分のご親切+と使徒職+とを受けたのであり,  それら[諸国民]の間にあって,あなた方もまた,イエス・キリストのものとなるために召された者たちなのです。)―  聖なる者*となるために召され+に愛される者としてローマにいるすべての人たちへ+: わたしたちのなるイエス・キリストからの過分のご親切と平和+があなた方にありますように+  まず初めに,わたしは,あなた方すべてに関し,イエス・キリストを通してわたしのに感謝をささげます+。それは,あなた方の信仰のことが世界じゅうで語られている+からです。  みについての良いたよりに関連してわたしが自分の霊をこめて神聖な奉仕をささげている*が証人となってくださることですが+,わたしは自分の祈りの中でたゆむことなく常にあなた方のことを述べ+ 10  もしもできるなら,今度こそはのご意志のもとに+道が開かれ,あなた方のところに行けるようにと請い願っています。 11  わたしはあなた方に会うことを切望しているのです+。それは,あなた方が確固とした者となるよう,霊的な賜物+を少しでも分け与えるためです。 12  いえ,むしろそれは,あなた方の間で,各々互いの,つまりあなた方とわたしの信仰+によって,相互に励まし合うため*なのです+ 13  しかし,兄弟たち+,わたしは,ほかの国民の間におけると同じように,あなた方の間でも幾ばくかの成果+を得ようとして,あなた方のところに行こうと何度も志しながら+,今に至るまで妨げられてきたのであり,そのことを知らずにいて欲しくありません。 14  ギリシャ人にもバルバロイ*にも,賢い者+にも分別のない者にも,わたしは負い目のある者です。 15  それで,わたしには,ローマにいるあなた方にも+良いたよりを宣明したいという意欲があるのです+ 16  わたしは良いたよりを恥じてはいない+からです。実際それは,信仰を持つすべての人にとって+,すなわちユダヤ人を初め+ギリシャ人にとっても*+,救いのためのの力なのです+ 17  信仰のゆえに+,また信仰のために,の義+がその中に啓示されているのです。「しかし義なる者―その者は信仰によって生きる+」と書かれているとおりです。 18  の憤り+は,不義な方法で+真理を覆い隠している人々+のあらゆる不敬虔と不義+とに対して,天から表わし示されているのです。 19  について知りうる事柄は彼らの間で明らかだからであり+がそれを明らかにされたのです+ 20  というのは,[]の見えない+[特質],すなわち,そのとこしえの力+神性*+とは,造られた物を通して認められるので+,世界の*創造以来明らかに見えるからであり+,それゆえに彼らは言い訳ができません+ 21  彼らは,を知りながら,それにとしての栄光を付さず,また感謝せず+,その推論するところにおいて無能な者となり+,その悟りの悪い心は暗くなったのです+ 22  自分は賢いと唱えながら,彼らは愚かとなり+ 23  不朽のの栄光+を,朽ちる人間の,また鳥や四つ足の生き物やはうものの像+のようなものに変えました+ 24  そのためは,彼らをその心の欲望に合わせて汚れに渡し+,彼らの体+が彼ら自身の間で辱められるようにされました+ 25  すなわちそれは,の真理+を偽りと換え+,創造したより創造物をあがめてそれに神聖な奉仕をささげた者たちです。[創造した]こそ永久にほめたたえられるのです。アーメン* 26  このゆえには,彼らを恥ずべき性欲に渡されました+。その女性は自らの自然の用を自然に反するものに変え+ 27  同じく男性までが女性の自然の用を去り+,互いに対し,男性が男性に対して欲情を激しく燃やし+,卑わいな事柄*を行なって+十分な返報を身に受けました+。それは彼らの誤りに対して当然なものです+ 28  そして,ちょうど彼らが正確な知識をもってを奉ずることをよしとはしなかったように+も彼らを非とされた精神状態に渡して+,不適当な事柄を行なうにまかされました+ 29  彼らがあらゆる不義+・邪悪+・強欲+・悪+に満たされ,ねたみ+・殺人+・闘争+・欺まん+・悪念+に満ち,ささやく者+ 30  陰口をきく者+を憎む者で,不遜+,ごう慢+,またうぬぼれが強く+,有害な事柄を考え出す者+,親に不従順な者+であり, 31  理解力がなく+,合意したことに不誠実+*,自然の情愛を持たず+,憐れみのない者+であったからです。 32  こうした事を習わしにする者は死に価する+という,の義なる定め+を十分に知りながら,彼らはそれを行ないつづけるだけでなく,それを習わしにする者たちに同意を与えてもいるのです+

脚注

または,「子孫」。
または,「定められた」。
「わたしたち」,主筆の複数に似た表現法。または,「わたし」。
または,「聖徒」。
「わたしが……神聖な奉仕をささげている」。ギ語,ラトレウオー; エ17,18(ヘ語),アニー オーヴェード,「わたしが……仕え(崇拝し)ている」。出 3:12の脚注参照。
字義,「共に励まされるため」。
または,「異国人」。
バチ写,「ユダヤ人にとって,またギリシャ人にとっても」。
「神性」。ギ語,テイオテース,「神」を意味するテオスと関連のある語; ラ語,ディーウィーニタス。使徒 17:29の脚注と比較。
「世界の」。ギ語,コスムー; ラ語,ムンディー; エ17,22(ヘ語),ハーオーラーム,「世界」。
または,「そうなりますように」。ギ語,アメーン; ラ語およびエ17,18,22(ヘ語),アーメーン。ネヘ 5:13参照。
「卑わいな事柄」。字義,「不体裁なこと」。
または,「どんな合意にも反対し」。