内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 7:1‐38

7  「『また,これ​は​罪科​の​捧げ物​+に​関する​律法​で​ある。それ​は​極めて​聖​なる​もの​で​ある+  焼燔​の​捧げ物​を​いつも​ほふる​場所​+に​おい​て​罪科​の​捧げ物​を​ほふり,その​血​+を​祭壇​の​上​の​周囲​に​振り掛ける+  その​すべて​の​脂肪​+に​つい​て​は,それ​の​脂肪​質​の​尾​および​腸​を​覆う​脂肪,  また​二つ​の​腎臓​と​それ​に​付い​た​脂肪​を,腰​の​上​に​ある​もの​と​同じ​よう​に​し​て​ささげる。また,肝臓​の​付属​物​に​つい​て​は,これ​を​腎臓​と​一緒​に​除き取る+  そして​祭司​は,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​し​て,これ​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない+。これ​は​罪科​の​捧げ物​で​ある。  祭司​の​うち​の​すべて​の​男子​が​それ​を​食べる+。それ​を​聖​なる​場所​で​食べる。それ​は​極めて​聖​なる​もの​で​ある+  罪科​の​捧げ物​は​罪​の​捧げ物​の​場合​と​同様​で​ある。これら​に​対し​て​同一​の​律法​が​ある+。これ​は,それ​に​よっ​て​贖罪​を​行なう​祭司,その[祭司]の​もの​と​なる。  「『だれ​か​の​焼燔​の​捧げ物​を​ささげる​祭司​に​つい​て​は,その​人​が​祭司​に​差し出し​た​焼燔​の​捧げ物​の​皮​+が​その[祭司]の​もの​と​なる。  「『また,かまど​+で​焼い​た​穀物​の​捧げ​物​すべて,また​揚げなべ​+や​焼き板​+で​調え​た​もの​は​皆,それ​を​ささげる​祭司​の​もの​で​ある。それ​は​彼​の​もの​と​なる+ 10  しかし,穀物​の​捧げ物​の​うち​油​で​湿らせ​た​もの​+や​乾い​た​もの​+は​皆,これ​も​それ​も​共​に​アロン​の​子​ら​全員​の​ため​の​もの​と​なる。 11  「『次​に,これ​は​人​が​エホバ​に​ささげる​共与​の​犠牲​+に​関する​律法​で​ある。 12  もし​感謝​*の​表明​と​し​て​それ​を​ささげる​の​で​あれ​ば+,その​感謝​の​犠牲​に​添え​て,油​で​湿らせ​た​輪型​の​無​酵母​パン​と​油​を​塗っ​た​無​酵母​の​薄焼き+,また​よく​混ぜ​た​上等​の​麦粉​を​輪型​の​菓子​に​し​て​油​で​湿らせ​た​もの​を​ささげ​なけれ​ば​なら​ない。 13  その​者​は,種​を​入れ​た​+輪型​の​パン​菓子​に​添え​て,自分​の​捧げ物​を,共与​の​犠牲​と​し​て​の​感謝​の​犠牲​と​共​に​差し出す。 14  そして,その​中​から,それぞれ​の​捧げ物​の​うち​の​一​個​を,エホバ​へ​の​神聖​な​分​*と​し​て​差し出さ​ね​ば​なら​ない+。その​共与​の​犠牲​の​血​を​振り掛ける​祭司​の​ため​に,それ​が​その[祭司]の​もの​と​なる+ 15  そして,共与​の​犠牲​と​し​て​の​感謝​の​犠牲​の​肉​は,ささげ​た​その​日​に​食べる​べき​で​ある。その​幾らか​を​朝​まで​取っ​て​置い​て​は​なら​ない+ 16  「『また,その​捧げ物​の​犠牲​が​誓約​+または​自発​的​な​捧げ物​+で​ある​なら,その​犠牲​を​差し出し​た​日​に​それ​を​食べる​べき​で​ある​が,次​の​日​に​も​その​残っ​て​いる​もの​を​食べ​て​よ​い。 17  しかし,その​犠牲​の​肉​の​うち​三​日​目​まで​残る​もの​は​火​で​焼く​べき​で​ある+ 18  そして,もし​自分​の​共与​の​犠牲​の​肉​を​三​日​目​に​も​食べる​よう​な​こと​が​あれ​ば,それ​を​ささげ​た​者​は​是認​を​もっ​て​受け入れ​られる​こと​は​ない+。それ​は​その​人​の​もの​と​は​みなさ​れ​ない+。それ​は​汚らわしい​もの​と​なる。それ​を​食べる​魂​は​自分​の​とが​に​対する​責め​を​負う+ 19  また,何​で​あれ​汚れ​た​もの​+に​触れ​た​肉​は​食べ​て​は​いけ​ない。それ​は​火​で​焼く​べき​で​ある。肉​に​つい​て​は,だれ​で​も​清い​者​が​その​肉​を​食べ​て​よ​い。 20  「『また,汚れ​が​身​に​ある​の​に​エホバ​の​ため​の​もの​で​ある​共与​の​犠牲​の​肉​を​食べる​魂,その​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない+ 21  また,ある​魂​が​何​に​せよ​汚れ​た​もの,すなわち​人​*の​汚れ+,汚れ​た​獣+,あるいは​何​か​の​汚れ​た​忌み嫌う​べき​もの​+に​触れ,それでも​なお​エホバ​の​ため​の​もの​で​ある​共与​の​犠牲​の​肉​の​幾らか​を​食べる​なら,その​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない』」。 22  エホバ​は​引き続き​モーセ​に​話し​て​言わ​れ​た, 23  「イスラエル​の​子​ら​に​話し​て​こう​言い​なさい。『あなた方​は​雄牛​や​若い​雄羊​や​やぎ​の​脂肪​を​いっさい​食べ​て​は​なら​ない+ 24  また,[すでに]死体​と​なっ​て​い​た​もの​の​脂肪​や​引き裂か​れ​た​動物​+の​脂肪​は​ほか​の​どんな​事​に​用い​て​も​よい。しかし,決して​それ​を​食べ​て​は​なら​ない。 25  だれ​で​も​エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​し​て​自分​が[脂肪]を​ささげる​獣​の​その​脂肪​を​食べる​者​が​いれ​ば,それ​を​食べる​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない​の​で​ある+ 26  「『また​あなた方​は,自分​の​住む​いずれ​の​場所​に​おい​て​も,鳥​の​もの​で​あれ​獣​の​もの​で​あれ​いっさい​血​を​食べ​て​は​なら​ない+ 27  どんな[血]に​せよ​血​を​食べる​魂​すべて,その​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない+』」。 28  エホバ​は​モーセ​に​さらに​話し​て​こう​言わ​れ​た。 29  「イスラエル​の​子​ら​に​話し​て​こう​言い​なさい。『共与​の​犠牲​を​エホバ​に​ささげる​者​は,自分​の​共与​の​犠牲​の​中​から​エホバ​へ​の​捧げ物​を​携え​て​来る+ 30  その​手​が,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​し​て,脂肪​+を​その​胸​に​そえ​て​携え​て​来る。彼​は​それ​を​その​胸​と​共​に​携え​て​来​て,エホバ​の​前​に​揺り動かし​て​振揺​の​捧げ物​+と​する。 31  そして​祭司​は​その​脂肪​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない+。しかし​その​胸​は​アロン​および​その​子​ら​の​もの​と​なる​の​で​ある+ 32  「『また​あなた方​は,あなた方​の​共与​の​犠牲​の​うち​その​右脚​を​神聖​な​分​+と​し​て​祭司​に​与える。 33  アロン​の​子​ら​の​うち​その​共与​の​犠牲​の​血​と​脂肪​を​ささげる​者,右脚​は​その​者​の​受け分​と​なる+ 34  振揺​の​捧げ物​の​胸​+と​神聖​な​分​と​し​て​の​脚​を,わたし​は​イスラエル​の​子​ら​から,その​共与​の​犠牲​の​中​から​必ず​取る。そして,定め​の​ない​時​に​至る​規定​と​し​て,それ​を​イスラエル​の​子​ら​から​祭司​アロン​と​その​子​ら​と​に​与える​の​で​ある。 35  「『これ​が,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​の​中​から​アロン​が​祭司​と​し​て​受ける​分,また​その​子​ら​が​祭司​と​し​て​受ける​分​で​あっ​た。それ​は​エホバ​に​対し​て​祭司​の​務め​を​行なわ​せる​ため​に​彼ら​を​立た​せ​た​+日​に[定め​られ​た​もの]で​あり, 36  イスラエル​の​子​ら​の​中​から​彼ら​に​油そそぎ​を​行なう​+日​に,それ​を​彼ら​に​与える​よう​に​と​エホバ​が​命じ​た​とおり​で​ある。これ​は​代々​定め​の​ない​時​に​至る​法令​で​ある+』」。 37  これ​が,焼燔​の​捧げ物+,穀物​の​捧げ物+,罪​の​捧げ物+,罪科​の​捧げ物+,任職​の​犠牲+,共与​の​犠牲​+に​関する​律法​で​ある。 38  すなわち,エホバ​に​捧げ物​を​ささげる​よう​に​と​シナイ​の​荒野​で​イスラエル​の​子​ら​に​命じ​た​日​に+,エホバ​が​シナイ​山​で​モーセ​に​命じ​た​とおり​で​あっ​た+

脚注

または,「賛美」。
「神聖​な​分」。または,「揚挙​の​捧げ物; 寄進​物」。
「人」。ヘ語,アーダーム。人間,地​の​もの。