内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 7:1‐38

7  「『また,これ罪科捧げ物+関する律法ある。それ極めてなるものある+  焼燔捧げ物いつもほふる場所+おい罪科捧げ物ほふり,その+祭壇周囲振り掛ける+  そのすべて脂肪+ついは,それ脂肪および覆う脂肪,  また二つ腎臓それ付い脂肪を,腰あるもの同じようささげる。また,肝臓付属ついは,これ腎臓一緒除き取る+  そして祭司は,エホバよる捧げ物て,これ祭壇焼いなけれならない+。これ罪科捧げ物ある。  祭司うちすべて男子それ食べる+。それなる場所食べる。それ極めてなるものある+  罪科捧げ物捧げ物場合同様ある。これら対し同一律法ある+。これは,それよっ贖罪行なう祭司,その[祭司]のものなる。  「『だれ焼燔捧げ物ささげる祭司ついは,その祭司差し出し焼燔捧げ物+その[祭司]のものなる。  「『また,かまど+焼い穀物捧げすべて,また揚げなべ+焼き板+調えもの皆,それささげる祭司ものある。それものなる+ 10  しかし,穀物捧げ物うち湿らせもの+乾いもの+皆,これそれアロン全員ためものなる。 11  「『次に,これエホバささげる共与犠牲+関する律法ある。 12  もし感謝*表明それささげるあれ+,その感謝犠牲添えて,油湿らせ輪型酵母パン塗っ酵母薄焼き+,またよく混ぜ上等麦粉輪型菓子湿らせものささげなけれならない。 13  そのは,種入れ+輪型パン菓子添えて,自分捧げ物を,共与犠牲感謝犠牲差し出す。 14  そして,そのから,それぞれ捧げ物うちを,エホバ神聖*差し出さならない+。その共与犠牲振り掛ける祭司ために,それその[祭司]のものなる+ 15  そして,共与犠牲感謝犠牲は,ささげその食べるべきある。その幾らかまで取っ置いならない+ 16  「『また,その捧げ物犠牲誓約+または自発捧げ物+あるなら,その犠牲差し出しそれ食べるべきあるが,次その残っいるもの食べい。 17  しかし,その犠牲うちまで残るもの焼くべきある+ 18  そして,もし自分共与犠牲食べるようことあれば,それささげ是認もっ受け入れられることない+。それそのものみなさない+。それ汚らわしいものなる。それ食べる自分とが対する責め負う+ 19  また,何あれ汚れもの+触れ食べいけない。それ焼くべきある。肉ついは,だれ清いその食べい。 20  「『また,汚れあるエホバためものある共与犠牲食べる魂,そのから断たならない+ 21  また,あるせよ汚れもの,すなわち*汚れ+,汚れ+,あるいは汚れ忌み嫌うべきもの+触れ,それでもなおエホバためものある共与犠牲幾らか食べるなら,そのから断たならない』」。 22  エホバ引き続きモーセ話し言わた, 23  「イスラエル話しこう言いなさい。『あなた方雄牛若い雄羊やぎ脂肪いっさい食べならない+ 24  また,[すでに]死体なっもの脂肪引き裂か動物+脂肪ほかどんな用いよい。しかし,決してそれ食べならない。 25  だれエホバよる捧げ物自分が[脂肪]をささげるその脂肪食べるいれば,それ食べるから断たならないある+ 26  「『またあなた方は,自分住むいずれ場所おいも,鳥ものあれものあれいっさい食べならない+ 27  どんな[血]にせよ食べるすべて,そのから断たならない+』」。 28  エホバモーセさらに話しこう言わた。 29  「イスラエル話しこう言いなさい。『共与犠牲エホバささげるは,自分共与犠牲からエホバ捧げ物携え来る+ 30  そのが,エホバよる捧げ物て,脂肪+そのそえ携え来る。彼それその携えて,エホバ揺り動かし振揺捧げ物+する。 31  そして祭司その脂肪祭壇焼いなけれならない+。しかしそのアロンおよびそのものなるある+ 32  「『またあなた方は,あなた方共与犠牲うちその右脚神聖+祭司与える。 33  アロンうちその共与犠牲脂肪ささげる者,右脚その受け分なる+ 34  振揺捧げ物+神聖を,わたしイスラエルから,その共与犠牲から必ず取る。そして,定めない至る規定て,それイスラエルから祭司アロンその与えるある。 35  「『これが,エホバよる捧げ物からアロン祭司受ける分,またその祭司受けるあった。それエホバ対し祭司務め行なわせるため彼ら立た+に[定められもの]であり, 36  イスラエルから彼ら油そそぎ行なう+に,それ彼ら与えるようエホバ命じとおりある。これ代々定めない至る法令ある+』」。 37  これが,焼燔捧げ物+,穀物捧げ物+,罪捧げ物+,罪科捧げ物+,任職犠牲+,共与犠牲+関する律法ある。 38  すなわち,エホバ捧げ物ささげるようシナイ荒野イスラエル命じ+,エホバシナイモーセ命じとおりあっ+

脚注

または,「賛美」。
「神聖分」。または,「揚挙捧げ物; 寄進物」。
「人」。ヘ語,アーダーム。人間,地もの。