内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 6:1‐30

6 * エホバモーセさらに話しこう言わた。  「あるエホバ対し忠実振る舞い+,自分ゆだねられあるいは託さ+あるいは強奪行為関し自分仲間欺き+,あるいは自分仲間からだまし取り+  あるいは失わ見つけ+それつい欺き述べ,何せよすべて行なっなる事柄関し偽り誓い+,これよっおかし場合,  こうおかし罪科持つようなっなら+,そのは,自分強奪その強奪物,自分だまし取っそのだまし取っ品,自分ゆだねられそのゆだねられ品,自分見つけその失わ品,  あるいはせよそれ関し自分偽り誓いその返さならない。彼それ対しその全額償わならない+。そして,そのこれ加える。それ属する対し,自分罪科証明そのこれ与える。  そしては,罪科捧げ物+て,値積もりれるところしたがって群れからきずない雄羊+エホバもと携え来る。それ罪科捧げ物て,祭司もとに。  そして祭司ためエホバ贖罪+行なわならない。こうて,すべて行ない,それよっ罪科負っどんな関しも,彼それ許されることなる」。  エホバ引き続きモーセ話し言わた,  「アロンその命じこう言いなさい。『これ焼燔捧げ物+関する律法ある。すなわち,焼燔捧げ物祭壇炉床まで夜通し置かれ,祭壇そのたかれる。 10  そして祭司自分亜麻公服+まとうように。また,その亜麻股引き+着ける。その後,火いつもよう祭壇焼き尽くし焼燔捧げ物脂灰+取り出して,それ祭壇傍ら置くように。 11  次いその脱い+着け,その脂灰宿営清い場所持っ行くよう+ 12  そして,祭壇そのずっ燃やさいる。それ消えることあっならない。そして祭司そのごとまき燃やし+,焼燔捧げ物その並べ,また共与犠牲脂身その焼いするよう+ 13  火+祭壇絶え燃やさいる。それ消えることあっならない。 14  「『また,これ穀物+捧げ物関する律法ある。すなわち,あなた方アロン祭壇それエホバささげるように。 15  そしてそのうちは,その穀物捧げ物上等麦粉その幾らか,および穀物捧げ物ある乳香すべて握っ持ち上げ,それ覚え+ためエホバ安らぎ香りこれ祭壇焼いするように。 16  そして,それ残りアロンその食べる+。それ酵母パンなる場所食べる+。彼らそれ会見天幕中庭食べる。 17  それパン種入れ一緒焼いいけない+。わたしそれを,わたしよる捧げ物うちから彼ら受ける与え+。それは,罪捧げまた罪科捧げ物同じよう極めてなるもの+ある。 18  アロンうちすべて男子+それ食べる。これは,代々定めない至るまで+,エホバよる捧げ物うちからあなた方あてがわれるある。すべてそれら触れるなるものなる』」。 19  エホバさらにモーセ話しこう言わた。 20  「これは,アロンそそがれる+そのエホバささげる捧げ物+ある。すなわち,上等麦粉十分エファ+穀物捧げ物+絶えず,その半分に,半分夕方に[ささげる]。 21  それ加え焼き板調えられる+。あなたそれよく混ぜ携え来る。穀物捧げ物その練り粉菓子細かし,エホバ安らぎ香りささげる。 22  そして,そのうち代わっそそが*なる祭司+それ作る。これ定めない至る規定ある。すなわち,それエホバ全焼捧げ物焼いされる+ 23  そして,祭司から穀物捧げ物+すべて全焼捧げ物されるべきある。それ食べならない」。 24  エホバさらにモーセ話し言わた, 25  「アロンその話しこう言いなさい。『これ捧げ物+関する律法ある。すなわち,焼燔捧げ物いつもほふられる場所+おいて,罪捧げ物エホバほふられる。それ極めてなるものある+ 26  罪ためそれささげる祭司それ食べる+。それを,聖なる場所+,会見天幕中庭+食べる。 27  「『その触れるすべてなるものなる+。また,だれそのはね掛け場合+,あなたそのはね掛けものなる場所洗う+ 28  また,それ+みじん砕かれることなる。しかし,それあれば,それすり磨いて,水ゆすがならない。 29  「『祭司うちすべて男子それ食べる+。それ極めてなるものある+ 30  しかし,罪捧げ物で,聖なる場所おい贖罪行なうためその+幾らか会見天幕携え入れられものは,決して食べならない。それ焼かれるべきある。

脚注

シリ訳ウル訳ここから6始まっいる; マソ本七十訳あと7続いいる。
そそが」。ヘ語,ハンマーシーアハ; ギ語,ホ クリストス