内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 5:1‐19

5  「『さて,ある​魂+が,公然​たる​のろい​の​ことば​+を​聞い​た​*ゆえに​その​証人​で​ある​の​に,あるいは​それ​を​見​たり​知っ​たり​し​た​の​に,それ​を​報告​+し​ない​で​いる​こと​に​よっ​て​罪​を​犯し​た​場合,その​者​は​自分​の​とが​に​対する​責め​を​負わ​ね​ば​なら​ない。  「『また,ある​魂​が,汚れ​た​野獣​の​死体​で​あれ,汚れ​た​家畜​の​死体​で​あれ,汚れ​た​群がる​生き物​の​死体​で​あれ,何​か​汚れ​た​もの​に​触れ​た​なら+,その​こと​が​当人​から​は​隠さ​れ​て​い​た​と​し​て​も+,その​者​は​やはり​汚れ​た​*者​で​あり,罪科​を​持つ​者​と​なっ​て​いる+  あるいは​その​者​が​人​の​汚れ*,すなわち​それ​に​よっ​て​人​が​汚れ​た​者​と​なる​何らか​の​汚れ​+に​触れ​た​場合,その​こと​が​自分​から​は​隠さ​れ​て​い​て,後​に​それ​を​知る​よう​に​なっ​た​の​で​ある​と​し​て​も,その​者​は​罪科​を​持つ​者​と​なっ​て​いる。  「『あるいは,ある​魂​が​誓い​を​し,何​で​あれ​人​が​誓い​の​ことば​に​よっ​て​無​思慮​に​話す​よう​な​事柄​+に​関し​て,何​か​の​悪い​こと​を​+あるいは​善い​こと​を​行なう​と​その​唇​で​無​思慮​に​話し​た​場合+,その​こと​が​当人​から​は​隠さ​れ​て​い​て,後​に​それ​を​知る​よう​に​なっ​た​と​し​て​も,その​者​は​これら​の​事​の​一つ​に​関し​て​罪科​を​持つ​者​と​なっ​て​いる。  「『そして,これら​の​一つ​に​関し​て​罪科​を​持つ​者​と​なっ​た​場合,その​者​は​自分​が​どの​よう​な​点​で​罪​を​おかし​た​か​を​告白​し​なけれ​ば​なら​ない+  そして​彼​は​自分​の​犯し​た​罪​の​ため​に​エホバ​へ​の​罪科​の​捧げ物+,すなわち​群れ​の​うち​の​雌,雌​の​子羊​か​雌​の​+子やぎ​を,罪​の​捧げ物​と​し​て​携え​て​来​なけれ​ば​なら​ない。祭司​は​彼​の​ため,その​罪​の​ため​に​贖罪​を​行なわ​ね​ば​なら​ない+  「『だが,もし​その​者​に​羊​を​出す​だけ​の​余裕​が​なけれ​ば*+,その​犯し​た​罪​の​ため​の​罪科​の​犠牲​と​し​て,やまばと​+二​羽​か​若い​いえばと​*二​羽​を​エホバ​の​もと​に​携え​て​来​なけれ​ば​なら​ない。一​羽​は​罪​の​捧げ物​+の​ため,一​羽​は​焼燔​の​捧げ物​の​ため​で​ある。  そして​彼​は​それら​を​祭司​の​ところ​に​持っ​て​行く​よう​に。[祭司]は​まず​罪​の​捧げ物​の​ため​の​もの​を​ささげ,その​頭​を​その​首​の​前​の​ところ​で​ひねり+取ら​ね​ば​なら​ない。ただし​それ​を​切り離し​て​は​いけ​ない。  次い​で,その​罪​の​捧げ物​の​血​の​幾らか​を​祭壇​の​側面​に​はね掛ける​よう​に。その​血​の​あと​の​残り​は​祭壇​の​基部​に​流し出さ​れる+。これ​は​罪​の​捧げ物​で​ある。 10  次い​で​他方​の​もの​を​焼燔​の​捧げ物​と​し​て​その​定め​の​手順​どおり​に​扱う+。祭司​は​彼​の​ため,その​犯し​た​罪​の​ため​に​贖罪​+を​行なわ​ね​ば​なら​ない。こう​し​て​彼​は​それ​を​許さ​れる​こと​に​なる+ 11  「『さて,もし​その​者​に​二​羽​の​やまばと​または​二​羽​の​若い​いえばと​の​ため​の​資力​が​ない​の​で​あれ​ば+,その​犯し​た​罪​の​ため​の​捧げ物​と​し​て,上等​の​麦粉​十分​の​一​エファ​*+を​罪​の​捧げ物​の​ため​に​携え​て​来​なけれ​ば​なら​ない。それ​に​油​を​かけ​て​は​なら​ず+,その​上​に​乳香​を​置い​て​も​なら​ない。これ​は​罪​の​捧げ物​だ​から​で​ある+ 12  そして​彼​は​それ​を​祭司​の​ところ​に​持っ​て​行く​よう​に。祭司​は​それ​の​ため​の​覚え​+と​し​て​そこ​から​一握り​を​つかみ取り,それ​を​祭壇​の​上,火​に​よる​エホバ​へ​の​捧げ物​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない+。これ​は​罪​の​捧げ物​で​ある+ 13  それ​で​祭司​は​彼​の​ため,これら​の​罪​*の​いずれ​に​せよ​彼​の​犯し​た​罪​の​ため​に​贖罪​を​行なわ​ね​ば​なら​ない+。こう​し​て​彼​は​それ​を​許さ​れる​こと​に​なる。そして​それ​は​穀物​の​捧げ物​と​同じく​祭司​の​もの​と​なる+』」。 14  エホバ​は​引き続き​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 15  「ある​魂​が​エホバ​の​聖​なる​もの​+に​対し​間違っ​て​罪​を​おかし,こう​し​て​不​忠実​な​振る舞い​を​し​た​場合,その​者​は,エホバ​へ​の​罪科​の​捧げ物​+と​し​て,群れ​の​中​から​きず​の​ない​雄羊​を​携え​て​来​なけれ​ば​なら​ない。これ​は,聖​なる​場所​の​シェケル​に​より*,銀​の​シェケル​で​値積もり​さ​れる​ところ​*に​したがって+,罪科​の​捧げ物​と​し​て​なさ​れる。 16  また​彼​は​聖​なる​場所​に​対し​て​犯し​た​罪​に​対する​償い​を​し,かつ​その​五​分​の​一​を​これ​に​加える+。それ​を​祭司​に​渡さ​ね​ば​なら​ない。祭司​が​罪科​の​捧げ物​の​雄羊​を​もっ​て​彼​の​ため​に​贖罪​を​行なう​+ため​で​ある。こう​し​て​彼​は​それ​を​許さ​れる​+こと​に​なる。 17  「また,ある​魂​が,し​て​は​なら​ない​と​エホバ​の​命じる​すべて​の​事柄​の​うち​の​一つ​を​行なっ​て​罪​を​おかし​た​なら,その​こと​を​知ら​なかっ​た​と​し​て​も+,その​者​は​罪科​の​ある​者​と​なっ​て​おり,自分​の​とが​に​対する​責め​を​負わ​ね​ば​なら​ない+ 18  それ​で​彼​は,値積もり​さ​れる​ところ​に​したがって,群れ​の​中​から​きず​の​ない​雄羊​を​罪科​の​捧げ物​+と​し​て​祭司​の​ところ​に​携え​て​来​なけれ​ば​なら​ない。祭司​は​彼​の​ため,彼​が​意図​せ​ず​に​犯し​た​間違い,たとえ​当人​が​知ら​なかっ​た​もの​で​ある​と​し​て​も[その​間違い]の​ため​に​贖罪​+を​行なわ​ね​ば​なら​ない。こう​し​て​彼​は​それ​を​許さ​れる​こと​に​なる+ 19  これ​は​罪科​の​捧げ物​で​ある。彼​は​エホバ​に​対し​て​まさに​罪科​を​持つ​者​と​なっ​た​+の​で​ある」。

脚注

「公然​たる​のろい​の​ことば​を​聞い​た」。字義,「のろい​の​声(音)を​聞い​た」。創 24:41の​脚注​参照。
「汚れ​た」。儀式​的​な​意味​で。
「汚れ」,つまり,儀式​的​な​意味​で​の。
字義,「だが,もし​彼​の​手​が​羊​に​まで​届か​なけれ​ば」。
「若い​いえばと」。字義,「いえばと​の​子​ら」。
1​エファ​は​22​㍑​に​相当​し​た。
または,「事; 事例」。
「聖​なる​場所​の​シェケル​に​より」。または,「聖​なる​シェケル​に​より」。幕屋​で​保管​さ​れ​た​標準​分銅。あるいは,その​目方​が​正確​で​ある​べき​こと​を​強調​し​た​の​か​も​しれ​ない。サム​二 14:26,「おもり」の​脚注​と​比較。
字義,「銀​の​シェケル[に​よる]あなた​の​値積もり」。