内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 4:1‐35

4  エホバモーセさらに言わた,  「イスラエル話しこう言いなさい。『ある+が,しならないエホバ命じる事柄いずれ関し間違っ*おかし+,その一つしまっ場合,  「『もしそそが+*ある祭司おかし+罪科もたらしあれば,その自分犯しため+,きずない若い雄牛*捧げ物*エホバ差し出さならない。  そしてその雄牛会見天幕入口+に,エホバ連れて,手その雄牛置くよう+。次いその雄牛エホバほふらならない。  そして,油そそが*+あるその祭司雄牛幾らか取り,それ会見天幕持っ行くように。  祭その浸し*+,血幾らかエホバ前,すなわちなる場所垂れ幕はね掛けるよう+  またその幾らかを,エホバ前,会見天幕ある薫香祭壇+付けならない。そして,雄牛残り皆,会見天幕入口ある焼燔捧げ物祭壇基部+注ぐ。  「『罪捧げ物雄牛すべて脂肪ついは,彼その[雄牛]から,腸覆う脂肪,すなわち周りそのすべて脂肪+  そして腎臓それ付い脂肪を,腰あるもの同じよう取り出す。また,肝臓付属は,腎臓一緒これ除き取る+ 10  それは,共犠牲雄牛から取り出さもの同じようする+。そして,祭司それら焼燔捧げ物祭壇焼いなけれならない+ 11  「『しかし,そのそのすべて肉,およびそのすねつい+ 12  彼その雄牛そっくり宿営外れ+へ,すなわち脂灰+注ぎ出される清い場所運び出させ,火くべまきそれ焼かならない+。脂灰注ぎ出されるそれ焼かれるべきある。 13  「『また,もしイスラエル集会間違い+,しならないエホバ命じるすべて事柄一つ行なっ罪科持つようなっに,そのこと会衆から隠さ+ 14  彼犯しそののち知られるようなっあれ+,会衆捧げ物ため若い雄牛差し出し,それ会見天幕連れなけれならない。 15  そして,集年長たち*エホバその雄牛置くよう+。次いその雄牛エホバほふらならない* 16  「『その,油そそが*+ある祭司は,その雄牛幾らか会見天幕持っ行くよう+ 17  そしてその浸し,それエホバ前,すなわち垂れ幕*+はね掛けるように。 18  また,その幾らかを,エホバ前,会見天幕ある祭壇+付ける。その残り皆,会見天幕入口ある焼燔捧げ物祭壇+基部注ぐ。 19  また,そのすべてそれから取り出す。それ祭壇焼いなけれならない+ 20  そして,その対し,罪捧げ物さき雄牛行なっ同じよう行なわならない。それそのよう行なう。祭司彼らため贖罪+行なわ*ならず,こう彼らそれ許されるある。 21  次その雄牛宿営外れ運び出させ,最初雄牛焼い同じようそれ焼かならない+。これ会衆ため捧げ物ある+ 22  「『長たる+おかし,しならないそのエホバ命じるすべて事柄一つ意図犯し+罪科持つなり, 23  あるいはおきて*犯しその当人知らさとき+,その自分捧げ物+子やぎきずないもの携えなけれならない。 24  そしてその若いやぎ*置き+,焼燔捧げ物いつもほふられる場所おいエホバそれほふるよう+。これ捧げ物ある+ 25  そしてその捧げ物幾らか取り,それ焼燔捧げ物祭壇付けるよう+。その残り焼燔捧げ物祭壇基部注ぐ。 26  また,そのすべてを,共与犠牲脂肪同様祭壇焼いする+。祭司ため,そのため贖罪行なわなら+,こうそれ許されることなる。 27  「『また,そのいずれが,しならないエホバ*命じる事柄一つ行なっ意図おかし,罪科持つなり+ 28  あるいはその当人知らさならば,その自分捧げ物+子やぎきずないものを,その犯しため携えなけれならない。 29  そしてその捧げ物置き+,その捧げ物焼燔捧げ物同じ場所ほふるよう+ 30  次祭司その幾らか取り,それ焼燔捧げ物祭壇付けるよう+。その残りみな祭壇基部注ぐ+ 31  また,そのすべて除き取っ+,共与犠牲からその脂肪除き取ら同じようする+。祭司それ祭壇焼いし,エホバ安らぎ香りなけれならない+。祭司ため贖罪行なわならず,こうそれ許されることなる+ 32  「『しかし,もしその捧げ物ため自分捧げ物子羊*+携え来るあれば,きずない+子羊携え来るべきある。 33  そして捧げ物置き,焼燔捧げ物いつもほふられる場所それ捧げ物ほふらならない+ 34  次祭司その捧げ物幾らか取り,それ焼燔捧げ物祭壇付けるよう+。その残りみな祭壇基部注ぐ。 35  また,そのすべて除き取って,共与犠牲若い雄羊脂肪いつも除き取られる同じようする。祭司それ祭壇上,火よるエホバ捧げ物焼いなけれならない+。祭司ため,その犯しため贖罪+行なわならず,こうそれ許されることなる+

脚注

または,「意図に」。
油そそが」。ヘ語,ハンマーシーアハ; ギ語,ホ ケクリスメノス
「若い雄牛頭」。字義,「(一の)雄牛,群れ子」。
「罪捧げ物て」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「自分関して」。
油そそが」。ヘ語,ハンマーシーアハ; ギ語,ホ クリストス。ここも,3も,大祭司は「メシア」すなわち「油そそが者」と呼ばいる。
または,「漬け;(血で)バプテスマ施し」。ギ語,バプセイ。
または,「長老たち」。
「次い彼らその雄牛を……ほふらならない」,七十訳,シリ訳; マソ本,「次いその雄牛を……ほふらならない」,年長たちただそれほふっこと示唆いる。
油そそが」。ヘ語,ハンマーシーアハ; ギ語,ホ クリストス; シ語,ダムシーフ
「垂れ幕」。サマ五,七十訳,および一つヘブライ写本,「聖なる場所垂れ幕」。
字義,「彼ら覆い設け」。
字義,「それ」,女性形。おきて指す。
または,「その子やぎ」。
3:12脚注; 付録1ハ§5参照。
「子羊」,マソ本; サマ五,「雌子羊」。