内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 3:1‐17

3  「『また,その捧げ物が共与の犠牲*+で,それを牛の群れの中から差し出すのであれば,雄であれ雌であれきずのないもの+をエホバの前に差し出すべきである。  そして彼は手を自分の捧げ物の頭の上に置くように+。次いでそれは会見の天幕の入口でほふられねばならない*。祭司であるアロンの子らはその血を祭壇の上の周囲に振り掛けるように。  さらに彼はその共与の犠牲の幾らかを,エホバへの火による捧げ物として差し出さねばならない。すなわち,腸を覆う脂肪+,つまり腸+の周りのそのすべての脂肪,  そして二つの腎臓+とそれに付いた脂肪を,腰の上にあるものと同じようにする。また,肝臓の付属物は,腎臓と一緒にこれを除き取る。  そして,アロンの子ら+はそれを,祭壇の上,すなわち火の上にあるまき+の上の焼燔の捧げ物の上で焼いて煙にし+,エホバへの,火による安らぎの香り+の捧げ物としなければならない。  「『また,その捧げ物が羊の群れの中からで,エホバへの共与の犠牲のためのものであるなら,雄でも雌でもきずのないもの+を差し出す。  若い雄羊を自分の捧げ物として差し出すのであれば,それをエホバの前に差し出すように+  そして彼は手を自分の捧げ物の頭の上に置くように+。次いでそれは会見の天幕の前でほふられねばならない+。アロンの子らはその血を祭壇の上の周囲に振り掛けるように。  そして彼はその共与の犠牲のうちその脂肪をエホバへの火による捧げ物として差し出さねばならない+。脂肪質の尾+はそっくり背骨の近くで除き取る。また,腸を覆う脂肪,すなわち腸に付いたそのすべての脂肪+ 10  そして二つの腎臓とそれに付いた脂肪も,腰の上にあるものと同じようにする。また,肝臓の付属物+は,腎臓と一緒にこれを除き取る。 11  そして,祭司はそれを祭壇の上で焼いて煙にし+,食物*+すなわちエホバへの火による捧げ物としなければならない。 12  「『また,その捧げ物がやぎ+であるなら,それをエホバ*の前に差し出すように。 13  そして,彼は手をその頭の上に置くように+。次いでそれは会見の天幕の前でほふられねばならない+。アロンの子らはその血を祭壇の上の周囲に振り掛けるように。 14  そして彼はそのうちから自分の捧げ物を,エホバへの火による捧げ物として差し出さねばならない。すなわち,腸を覆う脂肪,つまり腸に付いたそのすべての脂肪+ 15  そして二つの腎臓とそれに付いた脂肪を,腰の上にあるものと同じようにする。また,肝臓の付属物は,腎臓と一緒にこれを除き取る。 16  そして,祭司はそれを祭壇の上で焼いて煙にし,食物すなわち安らぎの香りのための火による捧げ物としなければならない。脂肪はすべてエホバのものである+ 17  「『これはあなた方の住むすべての所で代々定めのない時に至る法令となる。すなわち,あなた方は脂肪も血+もいっさい食べてはならない』」。

脚注

「共与犠牲」。または,「平和捧げ物犠牲」。
「次いそれを……ほふらならない」,七十訳。
字義,「パン」。ヘ語,レヘム。
ヘ語,エフワー; 西暦1世紀パピルス写本,クム4七十訳レビbは,神み名ギリシャ翻字たIAOを載せいる。このパピルス写本4:27同じいる。付録1ハ§5参照。