内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 25:1‐55

25  エホバ​は​シナイ​山​で​さらに​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「イスラエル​の​子​ら​に​話し​なさい。彼ら​に​こう​言う​よう​に。『あなた方​が​わたし​の​与える​土地​に​ついに​入っ​た​なら+,その​時,その​地​は​エホバ​に​対し​て​安息​を​守ら​ね​ば​なら​ない+  六​年​の​間​あなた​は​自分​の​畑​に​種​を​まき,六​年​の​間​自分​の​ぶどう​園​の​刈り込み​を​行なう​べき​で​ある。こう​し​て​あなた​は​その​地​の​産物​を​取り集める​の​で​ある+  しかし,七​年​目​に​は,その​地​の​ため​に​全き​休み​の​安息+,エホバ​に​対する​安息​が​設け​られる​べき​で​ある。あなた​の​畑​に​種​を​まい​て​は​なら​ない。あなた​の​ぶどう​園​の​刈り込み​を​行なっ​て​は​なら​ない。  あなた​の​収穫​の​こぼれ種​から​生え​た​もの​を​刈り取っ​て​は​なら​ず,刈り込み​を​し​なかっ​た​木​の​ぶどう​を​取り集め​て​も​なら​ない。その​地​の​ため​に​全き​休み​の​年​が​設け​られる​べき​で​ある。  そして,土地​の​安息​は​あなた方​に​とっ​て​食物​の​ため​と​なる​の​で​ある。すなわち,あなた​と,あなた​の​男​奴隷​や​女​奴隷,あなた​の​もと​に​いる​雇わ​れ​た​労働​者​や​移住​者,外国​人​と​し​て​あなた​の​もと​に​住む​者​たち​の​ため,  また​あなた​の​家畜​の​ため,あなた​の​地​に​いる​野獣​の​ため​で​ある。その​産出​する​もの​は​すべて​食用​と​し​て​よ​い。  「『また,あなた​は​自分​の​ため​に​安息​*の​年​を​七つ​数える​よう​に。七​年​の​七​倍​で​ある。年​の​安息​*七つ​の​日数​は​あなた​に​とっ​て​四十九​年​と​なる。  それ​から​あなた​は,第​七​の​月,その​月​の​十​日​に+,高音​の​角笛​*を​鳴り響か​せる​*よう​に+。贖罪​の​日​+に​あなた方​の​全土​に​角笛​を​鳴り響か​せる​べき​で​ある。 10  こう​し​て​あなた方​は​五十​年​目​を​神聖​な​もの​と​し*,その​地​に​おい​て​その​すべて​の​住民​に​自由​*を​ふれ告げ​なけれ​ば​なら​ない+。それ​は​あなた方​に​とっ​て​ヨベル​*+と​なる。あなた方​は​各々​自分​の​所有​地​に​帰る​よう​に。各々​自分​の​家族​の​もと​に​帰る+ 11  その​五十​年​目​は​あなた方​に​とっ​て,ヨベル​と​なる​の​で​ある+。あなた方​は​種​を​まい​て​は​なら​ない。こぼれ種​から​その​地​に​生え​た​もの​を​刈り取っ​て​は​なら​ない。刈り込み​を​し​なかっ​た​木​の​ぶどう​を​取り集め​て​も​なら​ない+ 12  それ​は​ヨベル​だ​から​で​ある。それ​は​あなた方​に​とっ​て​聖​なる​もの​と​される​べき​で​ある。あなた方​は​その​地​の​産出​する​もの​を,畑​から​食べ​て​よ​い+ 13  「『この​ヨベル​の​年​に​あなた方​は​各々​自分​の​所有​地​に​帰る​べき​で​ある+ 14  それで,あなた方​が​売り物​を​自分​の​仲間​に​売っ​たり​仲間​の​手​から​買っ​たり​*する​場合,互い​に​不正​を​行なっ​て​は​いけ​ない+ 15  あなた​は​ヨベル​以後​の​年数​に​したがって​自分​の​仲間​から​買う​べき​で​ある。収穫​の​年数​に​したがって​彼​は​あなた​に​売る​べき​で​ある+ 16  年数​が​多けれ​ば​その​買い取り​の​価​を​増す​べき​で​あり+,年数​が​少なけれ​ば​買い取り​の​価​を​減らす​べき​で​ある。収穫​の​数​を​彼​は​あなた​に​売る​から​で​ある。 17  ゆえに,あなた方​は​だれ​も​自分​の​仲間​に​不正​を​行なっ​て​は​なら​ない+。あなた​の​​に​恐れ​を​持た​ね​ば​なら​ない+。わたし​は​あなた方​の​​エホバ​*な​の​で​ある+ 18  こう​し​て​あなた方​は​わたし​の​法令​を​実行​し,わたし​の​司法​上​の​定め​を​守っ​て​それ​を​遂行​し​なけれ​ば​なら​ない。そう​すれ​ば​あなた方​は​必ず​その​地​に​安らか​に​住まう​こと​に​なる​で​あろ​う+ 19  そして,その​地​は​まさに​その​実り​を​出し+,あなた方​は​必ず​満ち足りる​まで​食べ​て,そこ​に​安らか​に​住まう​で​あろ​う+ 20  「『しかし,もし​あなた方​が,「種​を​まい​たり​収穫​物​を​取り集め​たり​し​て​は​いけ​ない​なら​その​七​年​目​に​は​何​を​食べる​の​か」と​言う​の​で​あれ​ば+ 21  その​とき​わたし​は,あなた方​の​ため​六​年​目​に​必ず​わたし​の​祝福​を​命じ,それ​は​三​年​分​の​収穫​を​産出​する​こと​に​なる+ 22  そして​あなた方​は​八​年​目​に​種​を​まき,九​年​目​まで​古い​収穫​物​から​食べる​の​で​ある。その​収穫​物​が​入っ​て​来る​まで,あなた方​は​古い​もの​を​食べる。 23  「『それで,土地​は​恒久​的​に​売り渡さ​れる​べき​で​は​ない+。土地​は​わたし​の​もの​だ​から​で​ある+。あなた方​は​わたし​から​見れ​ば​外人​居留​者​また​移住​者​な​の​で​ある+ 24  そして,あなた方​の​所有​する​すべて​の​土地​に​おい​て,あなた方​は​その​地​に​対する​買い戻し​の​権利​を​認める​べき​で​ある+ 25  「『あなた​の​兄弟​が​貧しく​なっ​て​その​所有​地​の​幾らか​を​売ら​ね​ば​なら​ない​場合,その​者​の​近親​の​買い戻し​人​は​来​て,自分​の​兄弟​の​売っ​た​もの​を​買い戻さ​ね​ば​なら​ない+ 26  そして,ある​人​に​買い戻し​人​が​い​ない​が,その​者​自身​の​手​が​収益​を​上げ​て​その​買い戻し​に​足りる​分​を​得​た​場合, 27  その​者​は​それ​を​売っ​て​から​の​年数​を​計算​し,残り​の​金​を​自分​が​その​売却​を​行なっ​た​相手​に​返さ​ね​ば​なら​ない。こう​し​て​その​者​は​自分​の​所有​地​に​戻る​こと​に​なる+ 28  「『しかし,もし​その​者​の​手​に​彼​に​返す​だけ​の​分​が​見いださ​れ​ない​の​で​あれ​ば,彼​が​売っ​た​もの​は​それ​を​買い取っ​た​者​の​手​に​ヨベル​の​年​まで​とどまる​こと​に​なる+。そして​それ​は​ヨベル​の​時​に​手放さ​れ,こう​し​て​彼​は​自分​の​所有​地​に​戻る​の​で​ある+ 29  「『さて,人​が​城壁​に​囲ま​れ​た​都市​の​中​に​ある​住家​を​売る​場合,その​人​の​買い戻し​の​権利​は​売却​の​時​から​一​年​が​切れる​まで​は​保た​れ​ね​ば​なら​ない。その​買い戻し​の​権利​+は​満​一​年​間​*保た​れる​べき​で​ある。 30  しかし,もし​それ​が​その​者​に​とっ​て​まる​一​年​の​満ちる​以前​に​買い戻さ​れ​ない​の​で​あれ​ば,城壁​を​持つ​都市​の​中​に​ある​その​家​は,代々​恒久​的​に​その​買い取り​人​の​財産​と​される​こと​に​なる。それ​は​ヨベル​の​時​に​手放さ​れる​べき​で​は​ない。 31  しかし,周囲​に​城壁​を​持た​ない​集落​の​家​は​その​地方​の​田野​の​一部​と​みなさ​れる​べき​で​ある。買い戻し​の​権利​+は​それ​の​ため​に​保た​れ,また​ヨベル​+の​時​に​それ​は​手放さ​れる​べき​で​ある。 32  「『レビ​人​の​都市​の​場合,その​所有​する​都市​の​家​が​あれ​ば+,買い戻し​の​権利​は​定め​の​ない​時​まで​レビ​人​の​ため​に​保た​れる​べき​で​ある+ 33  そして,レビ​人​の​財産​が​買い戻さ​れ​ない​*場合​で​も,その​所有​する​都市​に​ある​売ら​れ​た​家​*は​ヨベル​の​時​に​は​やはり​手放さ​れ​なけれ​ば​なら​ない+。レビ​人​の​都市​の​家​は​イスラエル​の​子​ら​の​中​に​おける​彼ら​の​所有​物​だ​から​で​ある+ 34  さらに,彼ら​の​都市​の​牧草​地​と​し​て​の​野​+は​売っ​て​は​いけ​ない。それ​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​彼ら​の​所有​地​だ​から​で​ある。 35  「『また,あなた​の​兄弟​が​貧しく​なり,あなた​の​傍ら​に​あっ​て​財政​的​に​弱く​なる​*場合+,あなた​は​これ​を​支え​なけれ​ば​なら​ない+。その​者​は​外人​居留​者​また​移住​者​の​よう​に​し​て​+あなた​の​もと​で​生き​つづける​の​で​ある。 36  その​者​から​利息​や​高利​を​取っ​て​は​いけ​ない+。あなた​の​​に​恐れ​を​持た​ね​ば​なら​ない+。あなた​の​兄弟​は​あなた​と​共​に​生き​つづける​の​で​ある。 37  あなた​は​その​者​に​利息​を​付け​て​金​を​渡し​て​は​なら​ず+,高利​を​付け​て​食物​を​与え​て​も​なら​ない。 38  わたし​は​あなた方​の​​エホバ,あなた方​を​エジプト​の​地​から​携え出し​て​カナン​の​地​を​与え+,あなた方​の​​たる​こと​を​示す​者​で​ある+ 39  「『また,あなた​の​兄弟​が​あなた​の​傍ら​で​貧しく​なっ​て​その​身​を​あなた​に​売ら​ね​ば​なら​ない​場合+,あなた​は​これ​を​奴隷​の​奉仕​に​就い​た​働き人​の​よう​に​使っ​て​は​なら​ない+ 40  その​者​は​あなた​の​もと​に​あっ​て,雇わ​れ​た​労働​者​の​よう​に+,移住​者​の​よう​に​なる​べき​で​ある。彼​は​あなた​の​もと​で​ヨベル​の​年​まで​仕える​べき​で​ある。 41  それ​から​彼​は,すなわち​彼​および​それ​と​共​なる​その​子​ら​は,あなた​の​もと​から​出​て​行き,彼​は​自分​の​家族​の​もと​に​戻る​の​で​ある。彼​は​その​父祖​たち​の​所有​地​に​戻る​べき​で​ある+ 42  彼ら​は​わたし​が​エジプト​の​地​から​携え出し​た,わたし​の​奴隷​だ​から​で​ある+。彼ら​は​奴隷​が​売ら​れる​とき​の​よう​に​し​て​自分​の​身​を​売っ​て​は​なら​ない。 43  あなた​は​暴虐​を​もっ​て​これ​を​踏みつけ​て​は​なら​ない+。あなた​の​​を​恐れる​よう​に+ 44  あなた方​の​周囲​の​諸​国民​の​中​から​あなた​の​もの​と​なる​男​奴隷​や​女​奴隷​に​つい​て​で​ある​が,あなた方​は​その​中​から​男​奴隷​や​女​奴隷​を​買っ​て​よ​い。 45  また,あなた方​の​もと​に​外国​人​と​し​て​住む​移住​者​の​子​ら​+の​中​から,その​中​から​も​買っ​て​よ​い。さらに,あなた方​と​共​に​いる,彼ら​が​あなた方​の​土地​で​生ん​だ​彼ら​の​家族​の​中​から​も[買っ​て​よ​い]。その​人々​は​あなた方​の​所有​と​なる​の​で​ある。 46  そして​あなた方​は​彼ら​を​相続​財産​と​し​て​後​の​子​ら​に​譲り渡し,定め​の​ない​時​に​至る​所有​と​し​て​相続​さ​せる​よう​に+。あなた方​は​これ​を​働き人​と​し​て​用い​て​よい​が,イスラエル​の​子​ら​で​ある​あなた方​の​兄弟​を,一方​が​他方​を​暴虐​を​もっ​て​踏みつけ​て​は​なら​ない+ 47  「『しかし,あなた​と​共​に​いる​外人​居留​者​もしくは​移住​者​の​手​が​富裕​に​なり,あなた​の​兄弟​が​その​傍ら​で​貧しく​なっ​て,あなた​と​共​に​いる​外人​居留​者​や​移住​者​*あるいは​外人​居留​者​の​家族​の​一員​に​身​を​売ら​ね​ば​なら​ない​場合, 48  その​身​を​売っ​た​+後​に​も,彼​に​つい​て​は​その​買い戻し​の​権利​が​保た​れる+。その​兄弟​の​一​人​が​彼​を​買い戻す​か​も​しれ​ない+ 49  あるいは​その​おじ​もしくは​おじ​の​子​が​買い戻し​て​も​よい。さらには,その​肉親​で​ある​血縁​の​だれ​か+,その​家族​の​ひとり​が​これ​を​買い戻し​て​も​よい。 「『あるいは,その​者​自身​の​手​が​富裕​に​なっ​た​なら,その​者​は​自ら​を​買い戻す​よう​に+ 50  その​とき​彼​は,自分​の​買い主​と​共​に,自分​が​身​を​売っ​た​年​から​ヨベル​+の​年​まで​を​数え​なけれ​ば​なら​ない。彼​の​売り渡し​の​金​は​その​年数​に​応じ​た​もの​と​なる​の​で​ある+。雇わ​れ​た​労働​者​の​作業​日数​と​同じ​数え方​に​よっ​て​彼​は​その​者​の​もと​に​とどまる​*べき​で​ある+ 51  もし​まだ​幾​年​も​ある​なら,それ​に​応じ​て​自分​が​買い取ら​れ​た​とき​の​金​の​中​から​買い戻し​の​価​を​支払う​べき​で​ある。 52  しかし,ヨベル​の​年​まで​の​年数​の​うち​その​わずか​が​残る​だけ​で​あれ​ば+,彼​は​自分​で​計算​を​する​よう​に。その​年数​に​応じ​て​自分​の​買い戻し​の​価​を​支払う​べき​で​ある。 53  彼​は​年​ごと​に​雇わ​れる​労働​者​の​よう​に​し​て​その​者​の​もと​に​とどまる​べき​で​ある+。その​者​は​あなた​の​目​の​前​で​暴虐​を​もっ​て​これ​を​踏みつけ​て​は​いけ​ない+ 54  しかし,もし​彼​が​こう​し​た​条件​で​自分​を​買い戻す​こと​が​でき​なけれ​ば,ヨベル​の​年​に​出​て​行く​こと​に​なる+。彼​も​それ​と​共​なる​その​子​ら​も​で​ある。 55  「『イスラエル​の​子​ら​は​わたし​に​とっ​て​奴隷​な​の​で​ある。彼ら​は​わたし​が​エジプト​の​地​から​携え出し​た​+奴隷​で​ある+。わたし​は​あなた方​の​​エホバ​で​ある+

脚注

「安息」(複)。ヘ語,シャッベトート; ラ語,エブドマデース,「週」(複)。
「年​の​安息」。ギ語,ヘブドマデス エトーン(複),「年​の​週」。ダニ 9:24,「週」の​脚注​と​比較。
「の​角笛」。ヘ語,ショーファル。
「鳴り響か​せる」。字義,「通ら​せる」。
または,「神聖​に​し; 神聖​な​もの​と​み​なし」。
または,「免除; [奴隷​の]解放」。
「ヨベル」。ヘ語,ヨーヴェール; ウル訳​(ラ語),イウービラエウス; 七十訳,「免除​の​年」。出 19:13で​ヨーヴェール​は「雄羊​の​角笛」と​訳さ​れ​て​いる。
「買っ​たり」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​独立​形。出 20:8の​脚注​と​比較。
ヘ語,エホーワー。付録1イ参照。
「満​一​年​間」。字義,「日々」。30​節と​比較。
「買い戻さ​れ​ない」,ウル訳。これ​は​この​文​の​意味​と​一致​する; マソ本​と​サマ五​は​肯定​形。
「その​所有​する​都市​に​ある​売ら​れ​た​家」,七十訳​と​一致​さ​せ​て; マソ本,「その​家​の​売却​と​その​所有​する​都市」。
「財政​的​に​弱く​なる」。字義,「彼​の​手​が​よろめい​た」。
「外人​居留​者​や​移住​者」,サマ五,七十訳,シリ訳,および​10​の​ヘブライ​語​写本; マソ本​は,「や」を​省い​て,「外人​居留​者」と「移住​者」を​ただ​並列​さ​せ​て​いる。
すなわち,とどまっ​て​仕える。