内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 24:1‐23

24  それからエホバモーセ話しこう言わた。  「イスラエル命じて,つぶし採っ純粋オリーブあなたもと持っ来さなさい。明かりため+,ともしび絶えともすためある+  会見天幕中,垂れ幕外側で,アロンそれ夕方からまでエホバ絶え整えるべきある。これあなた方とっ代々定めない至る法令ある。  そのともしび+絶え+エホバで,純金*燭台+整えるべきある。  「またあなた上等麦粉取り,それもっ輪型パン十二焼くように。十分エファ一つ輪型パンなる。  次いそれを,一重ね六つずつ+重ね純金*食卓上,エホバ置くよう+  また,純粋乳香重ね添えるように。それ覚え+パン,エホバよる捧げ物なるある。  安息来るごとそれ整え絶えエホバ置くべきある+。これイスラエル定めない至る契約ある。  そして,それアロンおよびそのものなるある+。彼らそれなる場所食べるよう+。それは,定めない至る規定て,エホバよる捧げ物からために[取らた]極めてなるものからある」。 10  さて,イスラエル息子で,エジプト息子ある+,イスラエル行った。そして,そのイスラエル婦人息子あるイスラエル宿営格闘+始めた。 11  そして,そのイスラエル息子*ののしり+,それ災い呼び求めるようなっ+。それ人々そのモーセもと連れ+。ところで,彼シェロミトいって,ダン部族ディブリあった。 12  次い人々は,エホバことば*したがってはっきり宣告あるまで+拘禁すること+ 13  それからエホバモーセ話しこう言わた。 14  「災い呼び求めその宿営連れ出しなさい+。その[言葉]を聞いすべて置くよう+。そして,集会全体これ石撃ちなけれならない+ 15  そして,あなたイスラエル話しこう言うべきある。『だれその災い呼び求めるいれば,その自分対する責め負わならない。 16  ゆえに,エホバののしっ必ず処せられるべきある+。集会全体その必ず石撃ちするように。外人居留その生ま同じく,み*ののしるなら処せられるべきある+ 17  「『また,人だれ打っ至ら*場合,その必ず処せられるべきある+ 18  また,家畜打っ至らは,その償いべきある。魂ある+ 19  また,人自分仲間損傷負わ場合,その行なっとおりその対しなされるべきある+ 20  骨折骨折,目目,歯ある。その負わ同様損傷,それ加えられるべきある+ 21  そして,獣打っ至ら+その償い+べきあるが,人打っ至ら処せられるべきある+ 22  「『同一司法定めあなた方当てはめられる。外人居留その生ま同じされるべきある+。わたしあなた方エホバある+』」。 23  そのモーセイスラエル話し,彼ら災い呼び求め宿営連れ出して,これ石撃ち+。こうイスラエルエホバモーセ命じとおり行なった。

脚注

字義,「純良の」。
字義,「純良の」。
「み」。ヘ語,ハッシェーム; すなわち,15,16示さいるエホバみ名。この表現の,聖書時代以後用例ミシュナ中,例えばヨマ 3,8; 4,1,2; 6,2られる。「み名」という表現は,『エホバののしる』という言い方甚だしい冒とくみなしソフェリムが,それ避けるために「エホバ」という置き換えもの考えられいる。
「ことば」。字義,「口」。
「み名」(定冠詞付いいる)。サマ五; マソ本,「名」(定冠詞付いない); 七十訳,ウル訳,「エホバみ名」。
「だれ打っ至らた」。または,「だれ打っ至らた; だれ殺した」。ラ語,ペルクッセリト エト オッキーデリト ホミネム。