内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 24:1‐23

24  それ​から​エホバ​は​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「イスラエル​の​子​ら​に​命じ​て,つぶし​て​採っ​た​純粋​の​オリーブ​油​を​あなた​の​もと​に​持っ​て​来さ​せ​なさい。明かり​の​ため+,ともしび​を​絶え​ず​ともす​ため​で​ある+  会見​の​天幕​の​中,証​の​垂れ幕​の​外側​で,アロン​は​それ​を​夕方​から​朝​まで​エホバ​の​前​に​絶え​ず​整える​べき​で​ある。これ​は​あなた方​に​とっ​て​代々​定め​の​ない​時​に​至る​法令​で​ある。  その​ともしび​+を​絶え​ず​+エホバ​の​前​で,純金​の​*燭台​+の​上​に​整える​べき​で​ある。  「また​あなた​は​上等​の​麦粉​を​取り,それ​を​もっ​て​輪型​の​パン​十二​個​を​焼く​よう​に。十分​の​二​エファ​が​一つ​の​輪型​の​パン​と​なる。  次い​で​それ​を,一​重ね​に​六つ​ずつ​+二​重ね​に​し​て​純金​の​*食卓​の​上,エホバ​の​前​に​置く​よう​に+  また,純粋​の​乳香​を​各​重ね​の​上​に​添える​よう​に。それ​は​覚え​+の​パン,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​なる​の​で​ある。  安息​日​が​来る​ごと​に​彼​は​それ​を​整え​て​絶え​ず​エホバ​の​前​に​置く​べき​で​ある+。これ​は​イスラエル​の​子​ら​と​の​定め​の​ない​時​に​至る​契約​で​ある。  そして,それ​は​アロン​および​その​子​ら​の​もの​と​なる​の​で​ある+。彼ら​は​それ​を​聖​なる​場所​で​食べる​よう​に+。それ​は,定め​の​ない​時​に​至る​規定​と​し​て,エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​の​中​から​彼​の​ため​に[取ら​れ​た]極めて​聖​なる​もの​だ​から​で​ある」。 10  さて,イスラエル​人​の​女​の​息子​で,エジプト​人​の​男​の​息子​で​ある​者​が+,イスラエル​の​子​ら​の​中​に​出​て​行っ​た。そして,その​イスラエル​婦人​の​息子​と​ある​イスラエル​人​の​男​と​が​宿営​の​中​で​格闘​+を​始め​た。 11  そして,その​イスラエル​人​の​女​の​息子​が​み名​*を​ののしり+,それ​の​上​に​災い​を​呼び求める​よう​に​なっ​た+。それ​で​人々​は​その​者​を​モーセ​の​もと​に​連れ​て​来​た+。ところで,彼​の​母​の​名​は​シェロミト​と​いっ​て,ダン​の​部族​の​ディブリ​の​娘​で​あっ​た。 12  次い​で​人々​は,エホバ​の​ことば​*に​したがって​はっきり​し​た​宣告​が​ある​まで​+彼​を​拘禁​する​こと​に​し​た+ 13  それ​から​エホバ​は​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 14  「災い​を​呼び求め​た​その​者​を​宿営​の​外​に​連れ出し​なさい+。その[言葉]を​聞い​た​すべて​の​者​は​手​を​彼​の​頭​の​上​に​置く​よう​に+。そして,集会​全体​が​これ​を​石撃ち​に​し​なけれ​ば​なら​ない+ 15  そして,あなた​は​イスラエル​の​子​ら​に​話し​て​こう​言う​べき​で​ある。『だれ​で​も​その​神​の​上​に​災い​を​呼び求める​者​が​いれ​ば,その​者​は​自分​の​罪​に​対する​責め​を​負わ​ね​ば​なら​ない。 16  ゆえに,エホバ​の​名​を​ののしっ​た​者​は​必ず​死​に​処せ​られる​べき​で​ある+。集会​の​全体​が​その​者​を​必ず​石撃ち​に​する​よう​に。外人​居留​者​も​その​地​で​生ま​れ​た​者​と​同じく,み名​*を​ののしる​なら​死​に​処せ​られる​べき​で​ある+ 17  「『また,人​が​だれ​か​の​魂​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た​*場合,その​者​は​必ず​死​に​処せ​られる​べき​で​ある+ 18  また,家畜​の​魂​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た​者​は,その​償い​を​す​べき​で​ある。魂​に​は​魂​で​ある+ 19  また,人​が​自分​の​仲間​に​損傷​を​負わ​せ​た​場合,その​行なっ​た​とおり​に​その​者​に​対し​て​なさ​れる​べき​で​ある+ 20  骨折​に​は​骨折,目​に​は​目,歯​に​は​歯​で​ある。その​者​が​人​に​負わ​せ​た​と​同様​の​損傷,それ​が​彼​に​加え​られる​べき​で​ある+ 21  そして,獣​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た​者​は​+その​償い​+を​す​べき​で​ある​が,人​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た​者​は​死​に​処せ​られる​べき​で​ある+ 22  「『同一​の​司法​上​の​定め​が​あなた方​に​当てはめ​られる。外人​居留​者​も​その​地​で​生ま​れ​た​者​と​同じ​に​される​べき​で​ある+。わたし​は​あなた方​の​神​エホバ​な​の​で​ある+』」。 23  その​後​モーセ​は​イスラエル​の​子​ら​に​話し,彼ら​は​災い​を​呼び求め​た​者​を​宿営​の​外​に​連れ出し​て,これ​を​石撃ち​に​し​た+。こう​し​て​イスラエル​の​子​ら​は​エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​行なっ​た。

脚注

字義,「純良​の」。
字義,「純良​の」。
「み」。ヘ語,ハッシェーム; すなわち,15,16​節に​示さ​れ​て​いる​エホバ​の​み名。この​表現​の,聖書​時代​以後​の​用例​は​ミシュナ​の​中,例えば​ヨマ 3,8; 4,1,2; 6,2​に​見​られる。「み名」と​いう​表現​は,『エホバ​を​ののしる』と​いう​言い方​を​甚だしい​冒とく​と​みなし​た​ソフェリム​が,それ​を​避ける​ため​に「エホバ」と​いう​語​と​置き換え​た​もの​と​考え​られ​て​いる。
「ことば」。字義,「口」。
「み名」(定冠詞​が​付い​て​いる)。サマ五; マソ本,「名」(定冠詞​は​付い​て​い​ない); 七十訳,ウル訳,「エホバ​の​み名」。
「だれ​か​の​魂​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た」。または,「だれ​か​人​を​打っ​て​死​に​至ら​せ​た; だれ​か​を​殺し​た」。ラ語,ペルクッセリト エト オッキーデリト ホミネム。