内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 22:1‐33

22  エホバ​は​さらに​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「アロン​と​その​子​ら​に​話し​て,彼ら​が​イスラエル​の​子​ら​の​聖​なる​もの​から​離れ​て​いる​よう​に,[民]が​わたし​に​対し​て​神聖​な​もの​と​し​て​いる​事物​に​関し​て​+彼ら​が​わたし​の​聖​なる​名​を​汚す​こと​の​ない​よう​に​し​なさい+。わたし​は​エホバ​で​ある。  彼ら​に​こう​言い​なさい。『あなた方​の​代々​に​わたり,その​すべて​の​子孫​の​うち,身​に​汚れ​が​あり​ながら​イスラエル​の​子​ら​が​エホバ​に​対し​て​神聖​に​する​聖​なる​事物​に​近づく​者​が​いれ​ば+,その​魂​は​わたし​の​前​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない。わたし​は​エホバ​で​ある。  アロン​の​子孫​の​だれ​も,らい病​+で​あっ​たり​漏出​+が​あっ​たり​する​とき​に​は,清く​なる​まで​は​+聖​なる​もの​を​食べ​て​は​いけ​ない。死亡​し​た​魂​に​よっ​て​*汚さ​れ​た​だれ​か​に​触れ​た​者+,あるいは​射精​の​あっ​た​者+  また​自分​に​とっ​て​汚れ​て​いる​群がる​もの​の​どれ​か​に​触れ​たり+,何​か​の​汚れ​の​点​で​自分​に​とっ​て​汚れ​て​いる​者​に​触れ​たり​し​た​者​に​つい​て​も+[同様​で​ある]。  この​よう​な​もの​に​触れ​た​魂​は​夕方​まで​汚れ​た​者​と​され​なけれ​ば​なら​ず,聖​なる​もの​を​食べる​こと​を​ゆるさ​れ​ない。そして​彼​は​その​身​に​水​を​浴び​なけれ​ば​なら​ない+  日​が​沈ん​だ​時​に​彼​は​清い​者​と​される​の​で​ある。その​のち​聖​なる​もの​の​中​から​食べ​て​も​よい。それ​は​その​者​の​パン​だ​から​で​ある+  彼​は​また,[すでに]死体​と​なっ​て​い​た​もの​や​野獣​に​引き裂か​れ​た​もの​を​食べ​て​汚れ​た​者​と​なっ​て​は​いけ​ない+。わたし​は​エホバ​で​ある。  「『こう​し​て​彼ら​は​わたし​に​対する​自分​たち​の​務め​を​守ら​ね​ば​なら​ない。それ​の​ゆえに​罪​を​負い,それ​の​ため,それ​を​汚し​て​いる​こと​の​ゆえに​死ぬ​よう​な​こと​の​ない​ため​で​ある+。わたし​は​エホバ,彼ら​を​神聖​に​し​て​いる​者​で​ある。 10  「『また,よそ人*は​だれ​も​聖​なる​もの​を​食べ​て​は​いけ​ない+。祭司​の​もと​に​いる​移住​者​も​雇わ​れ​た​労働​者​も​聖​なる​もの​を​食べ​て​は​いけ​ない。 11  ただし,祭司​が​自分​の​金​で​買い取る​もの​と​し​て​ある​魂​を​買い取っ​た​場合​で​あれ​ば,その​よう​な​者​と​し​て​彼​は​それ​を​食べる​こと​に​あずかっ​て​よ​い。その​家​で​生ま​れ​た​奴隷​*も,その​よう​な​者​と​し​て​その​パン​を​食べる​こと​に​あずかっ​て​よ​い+ 12  また,祭司​の​娘​が​よそ​の​男​の​もの​と​なっ​た​場合​で​あれ​ば,その​よう​な​者​と​し​て​彼女​は​聖​なる​もの​で​ある​寄進​物​を​食べる​こと​を​ゆるさ​れ​ない。 13  しかし,祭司​の​娘​が​子​を​持た​ない​うち​に​やもめ​または​離婚​さ​れ​た​*者​と​なり,若い​時​と​同じ​よう​に​父​の​家​に​戻ら​ね​ば​なら​ない​場合+,彼女​は​父​の​パン​の​中​から​食べ​て​よ​い+。しかし,よそ人​は​だれ​も​それ​を​食べ​て​は​いけ​ない。 14  「『さて,人​が​間違っ​て​聖​なる​もの​を​食べ​た​場合+,その​者​は​五​分​の​一​を​加え​て​+その​聖​なる​もの​を​祭司​に​渡さ​ね​ば​なら​ない。 15  それ​で​彼ら​*は​イスラエル​の​子​ら​が​エホバ​に​寄進​する​聖​なる​もの​を​汚さ​ない​よう​に​す​べき​で​ある+ 16  こう​し​て,聖​なる​もの​を​食べ​た​こと​に​よる​有罪​の​処罰​を​人々​に​負わ​せる​よう​な​こと​の​ない​よう​に​す​べき​で​ある。わたし​は​エホバ,彼ら​を​神聖​に​し​て​いる​者​な​の​で​ある』」。 17  エホバ​は​引き続き​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 18  「アロン​と​その​子​ら​および​イスラエル​の​すべて​の​子​ら​に​話し​なさい。彼ら​に​こう​言う​よう​に。『だれ​で​も​イスラエル​の​家​の​者​あるいは​イスラエル​に​いる​外人​居留​者​で​捧げ物​を​する​者​は+,それ​が​自分​の​何​か​の​誓約​の​ため​で​あれ+,あるいは​何​か​の​自発​的​な​捧げ物​の​ため​で​あれ+,焼燔​の​捧げ物​と​し​て​エホバ​に​ささげる​の​で​あれ​ば, 19  あなた方​が​是認​を​得る​ため​に+,それ​は​きず​の​ない​もの​で+,牛​や​若い​羊​や​やぎ​の​群れ​の​中​の​雄​で​なけれ​ば​なら​ない。 20  何​に​せよ​欠陥​の​ある​もの​を​ささげ​て​は​なら​ない+。それ​は​あなた方​の​ため​に​是認​を​得る​もの​と​は​なら​ない​から​で​ある。 21  「『また​人​が,誓約​を​果たす​ため+,あるいは​自発​的​な​捧げ物​と​し​て​共与​の​犠牲​+を​エホバ​に​ささげる​場合,是認​を​得る​ため​に,それ​は​牛​もしくは​羊​の​群れ​の​中​の​きず​の​ない​もの​で​ある​べき​で​ある。それ​に​は​何​の​欠陥​が​あっ​て​も​いけ​ない。 22  盲​の​もの,骨​の​砕け​て​いる​もの,切り傷​の​ある​もの,こぶ​の​ある​もの,かさぶた​に​覆わ​れ​た​もの,白癬​の​でき​た​もの+,これら​の​どれ​も​あなた方​は​エホバ​に​ささげ​て​は​なら​ない。火​に​よる​捧げ物​+を​それら​から​取っ​て​エホバ​の​ため​に​祭壇​に​載せ​て​は​なら​ない。 23  肢体​の​一つ​が​長すぎる​もしくは​短すぎる​雄牛​や​羊​に​つい​て​は+,あなた​は​これ​を​自発​的​な​捧げ物​と​し​て​も​よい。しかし,誓約​の​ため​で​あれ​ば,それ​は​是認​を​もっ​て​受け入れ​られる​もの​と​は​なら​ない。 24  また,睾丸​+を​つぶし​た​もの,砕い​た​もの,抜き取っ​た​もの,切り取っ​た​もの​*を​あなた方​は​エホバ​に​ささげ​て​は​なら​ない。あなた方​の​土地​に​おい​て​その​よう​な​もの​を​ささげる​べき​で​は​ない。 25  また,これら​すべて​の​いずれ​か​を​異国​人​の​手​から​受け​て​あなた方​の​​の​パン​と​し​て​ささげ​て​は​なら​ない。その​腐れ​が​それ​に​ある​から​で​ある。それ​に​は​欠陥​+が​ある。それ​は​あなた方​に​対する​是認​を​もっ​て​受け入れ​られる​もの​と​は​なら​ない+』」。 26  エホバ​は​さらに​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 27  「雄牛,若い​雄羊​または​やぎ​が​生ま​れ​た​場合,それ​は​その​母​の​もと​に​七​日​とどまら​ね​ば​なら​ない+。しかし​八​日​目​から​後​は,捧げ​物​すなわち​エホバ​へ​の​火​に​よる​捧げ物​と​し​て​是認​を​もっ​て​受け入れ​られる​もの​と​なる。 28  雄牛​と​羊​に​つい​て​は,あなた方​は​それ​と​その​子​と​を​同じ​日​に​ほふっ​て​は​なら​ない+ 29  「また,感謝​の​犠牲​*を​エホバ​に​ささげる​場合+,あなた方​は​自分​が​是認​を​受ける​ため​に​これ​を​犠牲​と​し​て​ささげる​べき​で​ある。 30  その​日​に​それ​を​食べる​べき​で​ある+。その​幾らか​で​も​朝​まで​残し​て​おい​て​は​なら​ない+。わたし​は​エホバ​で​ある。 31  「こう​し​て​あなた方​は​わたし​の​おきて​を​守っ​て,それ​を​行なう​よう​に+。わたし​は​エホバ​で​ある。 32  そして,あなた方​は​わたし​の​聖​なる​名​を​汚し​て​は​なら​ない+。わたし​は​イスラエル​の​子​ら​の​中​に​あっ​て​神聖​な​もの​と​され​なけれ​ば​なら​ない*+。わたし​は​エホバ,あなた方​を​神聖​に​し​て​いる​者​で​あり+ 33  あなた方​を​エジプト​の​地​から​携え出し​て​あなた方​の​​たる​こと​を​示し​て​いる​​で​ある+。わたし​は​エホバ​で​ある」。

脚注

「死亡​し​た​魂​に​よっ​て」。字義,「魂​に​よっ​て」,すなわち,死ん​だ​魂​に​よっ​て。ラ語,モルトゥオー,「死ん​だ​者」; ヘ語,ネフェシュ; 七十訳​は​この​箇所​を​こう​読ん​で​いる,「魂[ギ語,プシュケース]の​何らか​の​汚れ​に​触れ​た​者」。
すなわち,アロン​人​で​は​ない​人,アロン​の​家族​で​は​ない​人。
「生ま​れ​た​奴隷」(複),サマ五,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「生ま​れ​た​奴隷」(単)。
字義,「追い出さ​れ​た; 投げ出さ​れ​た」。マタ 19:3の​脚注​参照。
すなわち,祭司​たち。
または,「尿道​を​切り取っ​た​もの」。申 23:1参照。
または,「賛美​の​犠牲」。
または,「中​に​あっ​て​自分​を​神聖​な​もの​と​し​なけれ​ば​なら​ない」。